日本人が似合う黒縁メガネと言えば999.9(フォーナインズ)

量販店などで黒縁のメガネをかけてみたけど、意外と似合わなかった経験はありませんか? 今回はそんな経験のある人に黒縁メガネが似合う選び方のお話をします。

実は私元々視力がよくて、乱視が少し入っているのですが、メガネなんて必要ありませんでした。ところが、最近はスマホやPC作業もあるし、夏の日差しと紫外線から目を守るためにも、眼鏡を2本買おうと決めていました。

黒縁メガネはなにを選ぶべきか?

黒縁メガネは肌との色差があります。ただでさえ色差があるのに太いフレームを選んでしまうとメガネの主張が強く出てしまい、顔よりもメガネへの印象が残ってしまいます。テンプルもリムも太いと、宮川大輔さんのように、メガネの印象が強くなってしまい、顔よりも「メガネくん」になってしまうのです。

黒縁メガネはさりげなさを演出したいので、とにかく違和感を与えないボストン型に近いウェリントン型(ボスリントン型と表記するところもあります)を選びましょう。フレームも角ばらずに丸みのある細いフレームを選ぶと、顔なじみがいいはずです。

https://goo.gl/A9FCqL

フレームの細さとフォルムの丸さがキモ

フォーナインズのメガネと出会ったのは街中にあるようなメガネ市場、メガネの愛眼、メガネドラック、メガネスーパー、パリミキといった量販店ではなく、眼科と提携しているようなお店でした。

例えばオリバーピープルズ、ジャポニズム、金子眼鏡、白山眼鏡といった少し敷居の高そうな、でも、よりすぐられた厳選したメガネを置いてあるお店です。

それはもう理想のかたちだったので、まさに一目惚れ。しかし、そのお値段をみて、後ろ髪を引かれる思いで店舗をあとにしたことを覚えています。その強烈な印象が忘れられず、今回、直営店で購入することにしました。

そんなフォーナインズのコンセプトはこちら。https://goo.gl/yztAHc

簡単に要約すると、1995年9月に創業した純国産のメガネブランドです。メガネを使用する人々の生活を見据えて快適に使えるように設計されています。機能美を追求した必然性の結果に生まれるかたちがあって美しいフォルムとデザインになるように追求心とその先に機能とデザインが両立した徹底ぶりが機能の広がりとデザインの進化がフォーナインズなのです。

直営店では、レンズも購入したのですが、美容室のような立派な椅子でフィッティングを行い、機械で目の中心位置を測り、横顔とのバランスも計測したりと本格的なものでした。

トムフォードとの比較

実は私、トムフォードのメガネも持っていて、シーンによって使い分けています。例えば年上や初対面の方が多いとき、ミーティングなどで人前に立つ日etc.……畏まったシーンでは、フォーナインズの黒縁メガネを使い、一方、べっ甲柄のブラウンのトムフォードはモノトーン系の服のアクセントにしたり、飲み会の席などカジュアルなシーンに使っています。※トムフォードの記事はこちらもご参考に。https://fuku-labo.com/tomford-glasses

トムフォードはべっ甲柄のブラウンのフレームのメガネ。フォーナインズはブラックのツヤ消しフレームのメガネです。どちらもアジアンフィットモデルです。

アジアンフィットとは、ホリが深くなくて鼻筋の低い我々日本人に嬉しいノーズパッドが高く設定されているモデルです。キーホールブリッジ(レンズで囲っている左右のフレームの架け橋になっているところ)とテンプル(耳にかけるつるのパーツ)と呼ばれるフレームが細いタイプです。フォーナインズのテンプルはプラスチックとチタン系のコンビモデルになっています。

トムフォードのリムのかたちは定番のウェリントンですが、フォーナインズのリムのかたちはボスリントン。どちらもテンプル(耳にかけるフレーム)が細いですが、リム(レンズで囲っているフレーム)のタテ幅がトムフォードより長くて下辺がラウンド状に丸みを帯びています。黒縁メガネをここまで柔らかい印象にできるのは、この工夫があるからです。このわずかな違いが顔への印象を大きく変えるのです。

また、“智”といわれる部分も他社にはない形状です。

https://goo.gl/6PFprU

バネみたいな役割になっていて顔への締め付けがなくて快適なかけ心地です。

私が買ったフォーナインズは定価3万7800円(税込)と、1620円(税込)で買えるユニクロのメガネが約24倍です。ですが、その価値はあります。かけ心地、唯一無二のデザイン……安物を使い捨てるよりは、本当に気に入ったものを使っていきたいと思っています。

ネットではなく直営店で買おう

フォーナインズのメガネを買う場合ですが、通販サイトはおススメしません。https://goo.gl/dX9E7j

お近くのこだわりのあるメガネ屋さんだったり、直営店で接客を受けることでよりフォーナインズの魅力がわかります。単価の高いお店や高級店の販売員はしっかりとこちらのニーズを把握して提案してくれます。

押し付けるような接客はありませんし、そんな商売をしていたら20年以上も続かないでしょう。必ずメガネ屋さんで調整をしてもらうことをすすめます。

私のように耳の位置がズレてる人もいますし、身に着けるものなので耳が痛くなったりとストレスの原因になります。せっかくおしゃれな黒縁メガネを買ったのに、結局かけなくなるなんてもったいないですからね。この夏は黒縁メガネが似合う一本を持ってみましょう。

でぃむ

この記事を書いた人

でぃむ

身長170cm 体重65kg 靴25.5cm

絵に描いたようなスポーツ体型。ジャンルレスにおしゃれなものが好き。クリエイティブチーム shooootmeeee!!!!のヘアセット担当。

Twitter