3万円のシャツに見えるコスパ抜群のデニムシャツ/ユナイテッドアローズ

30代にさしかかり、今までのファッションがちぐはぐに見え始めるのはよくあることです。そんな悶々とした気分を抱えていたあなたは、ふらりと立ち寄った書店のファッション雑誌の棚とにらめっこして何とか自分の同年代が対象であろう雑誌を手に取る。

とりあえずは立ち読みしてみるものの、掲載されていたシャツが一枚3万円以上することに悶絶!桁が一つ違うんじゃないかと思いながらも、オシャレになることをあきらめきれずお洒落な同僚から普段服を購入している店を聞き出すことに成功。

その日のうちに、言われたお店に行ってみてシャツのタグをひっくり返すと15000円也。あぁ、やっぱりオシャレはお金をかけなきゃできないんだなという何度も至った結論にたどりつく。さすがにおいそれとシャツに何万も出せない。ユニクロは着たくない。

でもカッコよくなりたい!!そんなわがままなあなたにピッタリなシャツがあるんです!本日ご紹介するのはデニムシャツ。こちらは、UNITED ARROWSのアウトレット専用ブランドA day in the lifeというブランドのもの。UNITED ARROWは、Beamsと並んで日本のファッションを牽引してきた老舗ブランドです。

オシャレになる過程で、誰もが通るブランドと言っても過言ではないでしょう。それでもいくら老舗ブランドとはいえアウトレット専用商品と言えば、安かろう悪かろうというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。でも一度このシャツを実際に着てみてください。きっと驚く事でしょう。

高級シャツを彷彿させる襟の開き

まず、何と言っても襟の開きがきれいです。イタリアンカジュアルでは定番の襟型ホリゾンタルを採用。ホリゾンタルとは水平という意味。画像でも分かる通り、襟の先端が水平になっていますよね。

この開いた襟がすっきりとした首元を演出し、隙間からちらりと覗く首元があなたの色気をアップさせ印象を激変してくれるのです。シャツの襟型と言っても様々です。夏場になると巷にあふれるのがボタンダウンシャツ。

カジュアルシャツやポロシャツでよく使われるこの襟型ではスポーティーな感じがします。そして子供っぽい印象を与え差別化できません。かといって、冠婚葬祭用やビジネスで着用することの多いレギュラーカラーは、カジュアルで使うとコーデ次第ではカッチリしすぎた印象を与えてしまいます。

その点、ホリゾンタルという襟型は適度に気が抜け色気があり、コーデも簡単なので30代以降のおしゃれ初心者の男性が使うにふさわしい襟型なのです。なぜそんなに襟にこだわるのかというと、首元はアパレルの世界では常識である3首のひとつだからです。

3首とは人の視線を集めるポイントが3つあり、それが首、手首、足首なのです。特に、シャツをインナーとして着ることの増える秋冬シーズンにかけては、シャツはほぼ襟元しか見えませんよね。だから秋冬シーズンにおいて襟元は、シャツの良しあしを決める最大のポイントとなるのです。

艶感ある生地、前立てなし、貝ボタンを使用

デニムシャツというと、インディゴのムラ感のあるドカジュアルなものを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。こちらは新品の状態だと色のムラが少なくツヤがあるので、デニムシャツの中ではややドレス寄りのアイテムです。

洗濯回数の少なく色落ちがあまりない状態でしたら、ビジネスカジュアルのインナーとしてジャケットに合わせることも可能です。

(参考/表前立てのシャツ)

シャツの前立てが与える印象の変化についてもご説明しましょう。こちらのオックスフォードシャツやミリタリーシャツなどのようにカジュアルアイテムでは、ボタン周りに帯状の布が縫い付けられている表前立てを使用するものが多いです。

前立てとは、ボタン周りについている横幅3センチくらいの細長い布のこと。表前立てのシャツはデザインが入っている分カジュアルに寄ります。

その点、このデニムシャツの前立ては裏前立てのドレスシャツの仕様。前立てを生地の裏に縫い付けることで、ボタン周りにデザインが入らずすっきり見えますよね。これによりドレス感を高めています。

ボタンはインポートものの高級シャツに比べると厚みが薄いものの、貝ボタンを使用。貝ボタンは高級シャツに使われることが多くボタンに光が当たると乱反射してアクセントとなるため、ラグジュアリー感を演出することができます。

細身体型を格上げするシルエット

シルエットは細身です。171㎝55㎏の細身体型の私でSサイズを着用しています。サイズ感としてはユニクロのスリムフィットオックスフォードシャツSサイズに近いです。着用感は前述のユニクロのものより生地は少し薄くて柔らかく、コットン100%を感じさせないほど肌に吸い付くようになじみます。

また、ウエストのシェイプが効いているので胸が大きくウエストが細く見えます。このため細身でも体格が良く見えるのです。逆に、身幅、ウエストがタイトなため、おなかの出ている方はきついと感じるかもしれません。

着丈の長さもちょうどよく、私の体型でラウンドカットの裾が半分くらいお尻を隠してくれるので腰位置が隠れ足長に見えます。タックインして着用してもシャツが飛び出てこない丈感です。

ですので、細身の方で身長170㎝前後の方はSを。175㎝前後でMを。180㎝前後の方はLを選んで試着していただけるとよいかと思います。

ショップ店員も高級ブランドと勘違いするアイテム

さて、これだけお伝えしても「それはお前が勝手にそう思ってるだけじゃないの?」と思われるかもしれません。しかし、多くの高級インポートブランドを取り扱っているセレクトショップで言われたことがあります。「今、お客様がお召しになっているシャツ素敵ですね~。フィナモレですか?」と。

フィナモレの高級シャツと言えば3万円は下らないイタリアはナポリの高級ハンドメイドシャツブランドです。さらに、また別の高級セレクトショップでも、一言一句間違うことなく同じ言葉を言われたことがあって、逆に私が驚いたことがあるくらいです。

このように、このデニムシャツは高級シャツを見続けているセレクトショップの店員ですら騙せてしまう代物なのです。

キレイ目アイテムと合わせよう

コーデのポイントを説明しましょう。ベージュのチノパンのようなカジュアルアイテムと合わせると大惨事。カジュアルすぎてよくある大学生ファッションになってしまいます。白パンツ、黒スラックスなどのキレイめアイテムと相性がよいです。

夏は白パンやエスパドリーユなど軽めでさわやかに合わせてあげると良いでしょう。

8月終わりから9月初めの暑さの残るシーズンは、白スニーカーで軽快さを取り入れながらも、パンツにカーキを一色プラスして秋を先取りがオススメです。

9月中ごろからは、ブラウン系のアイテムやスエードなど起毛感のあるアイテムと合わせると、より季節感を出せるでしょう。

アウトレットに行かれた際は、要チェック!!

ただし、A day in the lifeは通販では取り扱っておりませんので、お近くのUNITED ARROWSのアウトレット店をお訪ね下さい。その際は、ぜひデニムシャツを試着して鏡で自分の姿を見てください。驚きますよ!お客さんも多いので、試着もしやすいです。

価格は時期に寄って変わりますが、6000円~8000円代で買えちゃいます。私が購入した時は6800円でした。さらに、アウトレットでは年中販売しているので、いつ行っても在庫切れの心配が少ないのもうれしいところ。暑い夏がひと段落したら、必ずこのシャツの出番が来ます。

私は2年ヘビーユーズしたため、少しへこたれてきましたが、なかなか捨てられない愛着あるアイテムになっています。あなたが相棒と出会い、楽しいファッションライフが始まることを祈っています。