メンズのベロアパンツ決定版!アディダスのオリジナルスのVELOUR CUFFED TRACK PANTSをレビュー

2017年の春ごろから側面にラインの入ったジャージのパンツが流行り始めています。アディダスの3本ラインが側面に入ったパンツなどはその典型例です。

また、この秋頃からはコーデュロイ、ベロア、ボアなど、起毛感のある生地を使ったアイテムがさまざまなブレンドから展開されており、スポーツアイテムにもその流れが入ってきています。このようなトレンドを受けて、本記事ではアディダスのベロア生地のトラックパンツをご紹介します。

装飾性トレンドを生地で取り込んだトラックパンツ

しばらく前までのトレンドであった究極の普通を意味する「ノームコア」が一段落しました。ノームコアは「究極の普通」として装飾性を極端なまでに削り落としたシンプルなスタイルを追求するトレンドでした。

しばらく続いたノームコアへの反動として、最近のトレンドでは「装飾性」がキーワードになってきています。装飾性というと派手で奇抜なスタイルのことのように想像されるかもしれません。しかし、装飾性はなにも派手な色や柄、奇抜な見た目だけではありません。

すこし柄を入れる、派手色を小さい面積だけコーデに組み込む。そのようなことでも十分装飾性をもたせることができます。また、普通とは少し異なる生地を使うことによって装飾性をもたせることもできます。ベロアも装飾性を出すことができる生地です。

表面が起毛しており、その起毛した表面に光が反射して優雅な光沢を放つという特徴を持っており、いわゆるラグジュアリー感があります。そのベロア生地で仕立てたトラックパンツが今回紹介するアディダスオリジナルスのベロアパンツです。

ベロアは高級ジャケットなどにも使用される素材であり、写真を見てわかるように光が反射して独特の光沢をもっており高級感を醸し出しています。

パンツの左右側面にはアディダスのトレードマークとも言える3本線の側章が配されています。3本線部分の色は本体と同じですが、ベロア生地とは異なる生地が使われています。3本線は本体と同色であるためあまり悪目立ちはしないものの、装飾性を担保する程度には主張があります。

着用時のシルエットは細めといったところです。スキニーパンツのように腰回り、もも、ふくらはぎが身体に密着するというような細さではなく、それらの部位にはゆとりがあります。また裾はリブで細く絞られているため足首は細く見えますね。

スポーツアイテムでありながら、黒、3本線側章、ベロア生地があいまって、全体として上質でラグジュアリーな雰囲気を持つアイテムです。

アディダスマーク、ポケット、裾など

左ポケットの下にアディダスのマークが入っていますがロゴマークはありません。個人的にはアディダスの古いロゴであるトレフォイルロゴが好きなので、この位置にロゴが入っているとよかったのですが、なぜか見えるところにロゴはありません。トレフォイルロゴについては後述します。

パンツの左右の上部にはポケットが配されています。左右のポケットはどちらもファスナーで閉じられるようになっています。ポケットの大きさはジャージのポケットと同程度です。

パンツ上部にはドローコードが入っていますが、同じくゴムも入っておりゴムで十分なフィット感があります。ドローコードの先には金属の管がつけられています。

裾はリブで細く絞られており、いわゆるリブパンツの形をしています。このリブにより足首がキュッと細く閉まるため足が細く見える効果があります。着用していない状態で裾幅を実測したところサイズXSでは13cmでした。

生地、素材、洗濯について

ベロア生地をアップで写した写真です。表面に細かい起毛があり、この毛が様々な方向に光を反射することで独特の光沢が出ます。

材質は、綿76%、ポリエステル21%、ポリウレタン3%です。ポリウレタンが入っているため伸縮性があります。

洗濯は自宅の洗濯機で行うことができますが、ドライクリーニング不可になっていますのでお気をつけください。アイロンは低温であて布をして実施することになっていますが、よほどのことがない限りアイロンを当てる必要はないでしょう。

内側のタグにはアディダス オリジナルスの商品であることを示すトレフォイルロゴが印刷されています。トレフォイル(三つ葉のロゴ)は1972年から1996年までadidasのロゴでした。

アディダス オリジナルスはこのトレフォイルをシンボルマークとし、アディダスの歴史を引き継ぎつつ、現在のトレンドを反映させた新作モデルを展開しています。トレフォイルロゴはアディダスの中でもオリジナルスの商品のみに使用されています。

サイズ選択の注意点と着こなしについて

筆者は165cm、57kgで、アディダスのホームページのサイズ表にしたがうとSサイズになりますが、本アイテムはサイズXSを選びました。あえて1サイズ小さめのサイズを選んだのは、小さめのサイズにすることでより細めのフィット感を出したかったことと、裾の部分にクッションを付けずに履きたかったことです。

サイズXSで裾位置がちょうど足首来ますのでサイズSの試着はしていないもののサイズSでは着用時にクッションが出てしまったものと考えます。サイズXSの股下は実寸で70cmです。スッキリした下半身を狙ったコーデを組みたければ普段よりも1サイズ落としたサイズを選ぶことも考慮してサイズを選択してみてください。

それでは本アイテムを使ったコーディネートの紹介です。本アイテムは、極端に細いパンツではないものの細めであるため、シルエットとしてはYラインかIラインが作りやすいです。Yラインならばロングコートと、Iラインであればジャケットなどと合わせるのがよいでしょう。

本アイテムは高級感があるとはいえスポーツ用のアイテムですからカジュアルアイテムであるため、上半身はスーツライクにドレス度が高いテーラードジャケットや、コートならばステンカラーやチェスターコートを合わせるとドレスとカジュアルのバランスが取りやすいです。

このベロアパンツは、派手な柄や色を使ったアイテムではなくベロアという生地で装飾性をもたせたアイテムです。今までノームコアのトレンドだったのに急に装飾性のトレンドがきて戸惑っている方にも取り入れやすいアイテムだと思います。ぜひ検討してみてください。

バラバシ

この記事を書いた人

バラバシ

身長165cm 体重58kg 靴24.5cm

イタリア的なファッションに惹かれつつもフランスもいいなとか多方面に手を出し被服費が家計を圧迫気味。最近はネイビーのアイテムに目がない。足が小さく服屋さんの靴ではサイズが合わないことが最近の悩み。