アンプジャパンのレザーリングは使いやすく初心者にオススメ

現在は装飾性のトレンド。オシャレ感度の高いメンズはリングを取り入れて脱地味を図っています。しかし鏡でコーディネートを見たときに「リングがアクセントとして感じられない!」と思っている方も多いはず。

なぜかいうと、リングには適度なボリューム感が必要なのです。かといって、ボリュ―ム感を求めすぎると、作為的で嘘くさくなり悪目立ちしてしまいます。メンズのリング選びはこのバランスにかかっていると言っていいでしょう。

そこで見つけたのはレザーリング。ボリューム感と説得力のバランスに優れた逸品なので紹介いたします。

ベースにはハリのあるしっかりとしたレザーを使用

素材はツヤのある黒の牛革。子供っぽさは感じさせず、大人の男性にマッチする色気があります。また育てる楽しみがあるのはレザーならでは。2か月ほど使用するとツヤ感が強くなり鈍く光を反射をするように。

厚さは2mm。縦幅は18mmと存在を主張しつつも、タイピングなどをしていても他の指に干渉しない絶妙なサイズ。購入直後はレザー特有の香りがふわりと香る程度ありましたが、継続利用して1か月もしないうちに無臭になりました。

ツヤを抑えたシルバーはまるでアンティーク

メンズアクセサリーは作為的でホストっぽいなどのネガティブイメージに繋がることもあります。それはデコラティブな装飾がゴツ過ぎて悪目立ちしたり、鏡面のようなギラつきが安っぽく見えてしまうから。一方、このレザーリングは艶が控えめなシルバー925をワンポイントで使用。細かい作りの曲面が光を分散するので悪目立ちを防ぎアンティーク感を出してくれます。

またモチーフは祈りの道具としての意味があるマリアメダイ。まるで「おじいちゃんの形見を職人がレザーリングにリメイクしてくた」かのような雰囲気があります。ストーリー性を感じさせるアクセサリーは嘘っぽさのない説得力を持たせてくれます。

反対側にはAMPの刻印入りの極小のシルバープレート。黒のレザーにキラリと光るワンアクセントは小さくても存在感あり。レザーに食い込むように縫い付け固定されており、指でなぞっても引っかかる感触は控えめです。

リングは16号のワンサイズ。公式販売ページによるとお湯につけて革を柔らかくした後に太い棒などで伸ばすと多少の伸びが出るとのことですが、筆者は左手の中指がジャストサイズだったので伸ばさすに使用しています。

リングの縦幅があることに加え裏革自体に摩擦がありスポッとは抜けないので、若干緩く感じる右手の薬指でも使用しています。

かなり細かいことですが、ココがすごい!

リングはレザーを単純にぐるっと一周させて重ねて固定をしているのではなく、重なる箇所は互いに均等に斜めに削った状態で重ねており凸凹を感じさせないフォルム。なんと一番薄い革の部分は爪の厚さほど!だから革なのにこんなにも滑らかなリング形状なんですね。

またシルバーのパーツは黒のスレッドで強力に縫い付け固定されているので、肌に触れるリング内面には玉止めが飛び出ていて気になるのかなと思いきや……。

内面に馴染むよう平らに処理されており指に触れていてもまったく違和を感じません。段差を全く感じさせない造形やスレッドの処理など、見るほどに職人さんの手仕事の細かさを感じます。

筆者はカッコイイと思って購入したのですが、ファッション好きの女性からは「それカワイイ!」との意外なコメントが。「それ革で出来てるんですか!?」ともよく聞かれます。レザーリングをしている男性は少数派なので差別化を楽しみながら会話のきっかけにも貢献してくれるアイテムとなるでしょう。

価格は7560円(税込)。4シーズン通して使用できる脱地味アイテムとしては挑戦しやすい価格ではないでしょうか。是非トライしてみてください!

メンズオススメアクセサリーはこちらから↓

【29選】メンズにおすすめのアクセサリーをレビュー!【2018】

2018.06.15
はせぴょん

この記事を書いた人

はせぴょん

身長175cm 体重63kg 靴27.5cm

断捨離&アップデートでクローゼット内や美容品は一軍のみを残すことがポリシー。片付けもまともに出来ない性格が、オシャレで心境も変わり、部屋も、モヤモヤしがちな頭の中も常に掃除を心掛けるように。30歳独身。