シンプルコーデのアクセントになる腕時計ならコスパの良いエンジェルクローバーがオススメ

この腕時計を購入したのは2年以上前ですが、今でも愛用しています。初デートの前日になってもコーデが決まらず、シンプルなセットアップのアクセントになるようなアイテムはないかとショッピングモールで探していました。そして、たまたま目に留まり、「これだ!」と思って購入したのがAngel Clover(エンジェルクローバー)のDouble PlayシリーズのDP44SRE-RENでした。そんな腕時計なのですが、今でも愛用しているその理由をレビューしていきます。

カラーと形状がシンプルコーデのアクセントに

もともとAngel CloverのDouble Playシリーズはアール・デコ調(文字盤の形状が角形のこと)が特徴でした。クロノグラフ(ストップウォッチ機能)が付いていて、レイヤードダイヤル(3つある小さな文字盤)の12時と6時位置にある文字盤はクロノグラフを作動させたときに動くダイヤルです。また、文字盤の9時位置にある小さなダイヤルが回転しながら秒を刻む個性的なデザインが魅力です。さらに、カーブのついたドーム型の風防が奥行と高級感を出してくれます。

その後、Angel CloverのDouble Playシリーズに文字盤の形状がラウンド型(円形)のタイプが出ました。それが筆者の愛用しているAngel Clover のDP44SRE-RENです。文字盤の形状がラウンド型になったことで存在感が増して、その個性的なデザインが目に留まりやすくなりました。ここがポイントで、購入するときに角形のDP38と円形のDP44で迷いましたが、より存在感があってアクセントになりそうなラウンド型のDP44を購入しました。また、文字盤がラウンド型なので、とても見やすいです。

カラー展開はレッドの他にシルバーとネイビーもありますが、レッドは渋めの赤色なので悪目立ちせず良いアクセントになるのでお勧めです。

高級感のある機能的な文字盤

Angel Clover のDP44SRE-RENは電池で動くクオーツ時計なので、腕時計としてはそれほど高いものではありませんが、文字盤を見るとレイヤードダイヤル(3つある小さな文字盤)が付いており、一見機械式のような高級感があります。機械式でなく電池で動くクオーツ時計ですので、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)が付いていますが、その作動に電力を消費します。頻繁に使用する場合は電池の減りが早くなるので注意してください。

口径は43㎜、厚さは13㎜。着用感ですが、カーブのついたドーム型の風防は奥行と厚みがあり、一見大きく感じるかもしれませんが、痩せ体型の筆者の手首(手首回り15㎝)にしても全く不自然はありません。カラーがアクセントになる個性的なデザインでありながら、高級感のある機能的な文字盤は飽きが来ず、今でも愛用している理由の一つです。

長く愛用できるコスパの良い素材

素材の金属部分はステンレス、風防のガラス部分はミネラルガラス(無機ガラス)、ベルト部分はカーフレザーです。風防のミネラルガラスというのは、腕時計の風防として最も一般的に使用されている素材です。ケイ酸、ホウ酸、炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム等を主な成分とし、これらを溶かして非結晶状態で固めたものになります。別名「無機ガラス」とも言われ、いわゆる一般的なガラスになります。

ベルト部分のカーフレザーは生後6か月の子牛の革で、きめ細かい肌の模様がとても綺麗で、さわり心地もとても柔らかいのが特徴です。経年変化については、2年以上この腕時計を使っていると、さすがにベルトの革部分がヘタってきますが、本体の文字盤はまだまだ現役です。

以上でレビューしましたようにAngel Clover のDP44SRE-RENはカラーが個性的でコーデの良いアクセントになりますが、クオーツ時計でありながら、機械式腕時計のようなレイヤードダイヤルが搭載されており、飽きのこない機能的なデザインが長く愛用できる理由になっています。

余談ですが、冒頭の彼女とは去年、結婚しました。妻も初デートのときに、筆者がこの腕時計をしていたことを覚えていて、やはり印象的だったと言っています。腕時計というのは長く使えて、いつも身に付けるものなので、色んな思い出が刻まれていきます。是非、腕時計と共に素敵な思い出を刻んで頂きたくて、このAngel CloverのDP44SRE-RENをレビュー致しました。価格は2万520円(税込)。

オススメ腕時計まとめはこちらから↓

【38選】メンズのオススメ腕時計を実際に買ってレビュー!チープカシオからオメガまで網羅【2019】

2019.09.20