街着から冠婚葬祭まで使えるアニアリの万能レザークラッチバッグ

冠婚葬祭用のバッグ持ってますか?持ってるけど、冠婚葬祭の時だけで、プライベートでは使いづらいということはありませんか?

私が、冠婚葬祭からプライベートまで使っているクラッチバッグを今回ご紹介いたします。それがこちら。

ブランド名:aniary
商品名:アンティークレザークラッチバッグ
価格:1万9440(税込み)

上質で手の込んだ皮革とオシャレな内装

このクラッチバッグは「高そうなバッグ持ってるね」とよく言われます。実際に原皮は一流メゾン御用達テキサス産の最高級ステアハイドを使用されています。

この皮革に独自のオイルド加工とムラ染め加工を施され手に吸い付くようなモチモチ感、アンティークな色合いをしています。良質な皮革を使い、使いやすいように加工され、何年も使ったときに出る艶や色合いを新品の状態から味わうことができます。

ファスナーを開くと、なかは黒とグレーのミリタリー調の柄をしていているため、開けてチラリと見える柄も落ち着いたセンスのある大人の感じです。

ポケットは、内はチャックが一つ、間切り3つ、外はチャックが2つあるので、鍵や携帯、免許証などそれぞれ入れて探しやすいです。

 使い勝手はどうか

このバッグのサイズは幅33.0cm/高さ18.5cm/マチ3.0cmとなっています。携帯、財布、鍵、ハンカチ、ティッシュを入れてまだ余裕があるほどの収納力です。このちょうどいいサイズ感がこのクラッチバッグをおすすめしている一番のポイントです。

男性は特に外出する際、女性ほど多くのものを持ち歩きません。上記のものくらいでしょうか。男性は、持っていくものが少ないため、ポケットで済ませてしまうこともあるのですが、それでは洋服のシルエットが崩れてしまいます。

そんなの気にしないよと思われる方はいいのですが、スマートな自分でいたいと考えられる方は、このクラッチバッグはおすすめです。特に冠婚葬祭の際は、ご祝儀袋や香典をスーツの内ポケットや手で持ち歩くより、クラッチバッグの中に入れておく方が断然スマートです。

大きすぎないサイズ感のためバッグインバッグとしても使え、日常での通勤用のバッグや出張用のバッグに入れておき、さっと取り出し、そのまま外出できるので便利です。

また、食事に行った時に大きいバッグだと邪魔になり置き場に困ることがありますが、このバッグは邪魔にならないちょうどいいサイズです。食事の時にある籠も占領しなくていいため、一緒に行った相手に対する配慮にもなります。

このクラッチバッグの使用感ですが、重量は600gで、革が柔らかいため画像のように吸い付くように手にフィットし、軽く感じます。クラッチバッグは手で持つため、重くてフィット感の合わないものを持つと苦痛になります。このクラッチバッグは軽くフィット感が良いため、一日中買い物してずっと持って歩いても疲れません。

軽くて柔らかいと型崩れするのでは、と心配になられるかもしれません。私はこのクラッチバッグを購入して、1年ほどになります。主にプライベートと冠婚葬祭で使用しています。使用頻度としては、休日は1日中、平日は外出時に使用しており、月に5~10日ほどは使っていますが、型崩れは一切ありません。

外枠(水色の線)だけではなく、内に2本の支え(赤色の線)があるため、形状をキープできています。恐らく今後も型崩れの心配はないかと思います。

取り出しやすさですが、外周をグルッと開けられるため、半開くらいで中のものは取り出しやすいです。また、私の手のサイズは普通の大きさですがチャックのポケットも手が入りやすく、取りにくくて困ったことはありません。

1年使用して、元々アンティーク加工を施してあるため新品でも艶のある状態でしたが、更に艶が少し増えたような思います。部品の損傷や、布地や皮革のはがれ、変形などはありません。

意外と何にでも合う

黒レザーのクラッチのため、スーツに合わせてもいいですし、冠婚葬祭用でも使えます。

このように休日のカジュアルな服装にも、このクラッチバッグはすんなり馴染んでくれます。

このクラッチバッグとにかくどんなスタイルにも合わせやすいです。なぜかというと、ドレスとカジュアルのバランスがいいハイブリッドなバッグだからです。ドレスとカジュアルのバランスについてはこちらをご参照くださいhttp://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

黒革のクラッチバッグは色、デザイン共にドレスアイテムです。そこに、上辺の角が丸いというシルエットに少しカジュアル要素があるため単体でバランスのとれているバッグとなっています。だから、合わせやすいのです。

欠点はないか

このクラッチバッグがいいことはわかった。では欠点はないのかというと、大きなものが入らないところです。

画像はA4用紙をファイルに入れたものです。このようにA4サイズの書類などは入りません。PCを入れたい、書類を入れたい、いろんなものを収容したいという方にはさすがに不向きです。

まとめ

本革のクラッチバッグは、決して安いものではありません。このバッグも2万円近くします。せっかく買うなら、日常的にも使えて、冠婚葬祭にも使え、長く使える物がいいと考えられる方には、とてもおすすめします。

私にとって、このクラッチバッグはスマートな日常をサポートしてくれる良い相棒となってくれています。一度、店頭で外観、サイズ、触り心地、使い勝手を確認されることを推奨します。オシャレさもそうですが、使い勝手もいいので本当におすすめです。

Ko-Ta

この記事を書いた人

Ko-Ta

身長170㎝ 体重65㎏ 靴26.5㎝

ヨーロピアンな服が好き。暇があれば海外スナップをみて研究している。濃い顔ガッチリ体型の37歳独身。