アニアリのレザートートを2年間使用してレビュー!

アニアリのニューアイディアルレザートートバッグ(3万8000円+税)をご紹介いたします。筆者はこちらを2年間ほぼ毎日、通勤にプライベートに使用してきました。

現在程よくエイジングが進んでいるので、その変化もレビューいたします。

レザーの質について

リアルレザーを使用したアイテムは高価であることが多いですが、他の素材には無いエイジングを楽しむことができます。

多くの人工素材の場合、新品の状態が最もコンディションが良く、時間と共に劣化していくことは避けられませんが、リアルレザーの場合はメンテナンスを適切に行うことによって時間と共に味わいが増していくところが醍醐味でしょう。

アニアリのレザートートバッグには、キップレザーのオリジナル素材「ニューアイディアルレザー」が使われています。オリジナル素材という肩書きが品質を保証するわけではありませんが、筆者は2年間使用し、大変良い素材であると実感しています。

カラー展開はブラック、ダークブラウン、キャメル、スレート、ネイビー、レッドの6色展開で、筆者はネイビーをチョイスしました。購入時は色味の濃い紺色で色ムラも少なく、シワも少ない均一な印象でした。

2年使用した結果程よくシワが入り、場所により色ムラが出るなど表情が生まれてきました。また、購入時よりもツヤが増してきました。

お恥ずかしい話ですがこの2年間、クリームによる栄養補給は一度しか行っておりません。きちんとメンテナンスを行っていれば、もっと美しく変化していたかと思うと後悔する気持ちもありますが、こんな放置プレイでもこれだけ美しく育ってくれたことに、素材の質と鞣しの技術の高さを感じずにはいられません。

革の硬さについては、購入時からあまり変わっていません。元々程よい硬さで自立できましたが、現在も自立出来ます。しかしそこに甘えていたところ、型崩れを起こしてしまいました。

保管の際は持ち手をフックに掛けて吊るすか、横置きにすることをおすすめいたします。

アニアリの細部へのこだわり

アニアリのアイテム全般に言えることですが、ジップと裏地にこだわりがあり大変素晴らしい仕様になっています。

大きめなジップの引き手には「aniary」のロゴが刻印され、また、表面は研磨処理がされているため、触り心地が非常に良いです。スライダーの動きもなめらかで大変よく、途中で引っかかるなどのストレスは一切ありません。

裏地もジップ同様「aniary」のロゴが入ったカモフラの織り柄が入ったオリジナル生地が使われています。アニアリのアイテムはこのトートバッグに限らずシンプルなデザインのものが多いので、裏地にこのような遊び心があると、そのギャップにたまらなくテンションが上がります。

また、裏地には外側のカラーに合わせたものが使用されています。筆者の手元にあるのはネイビーなので、裏地もネイビーです。外側のカラーに関係なく裏地は1種類のみというアイテムが多い中、この心遣いは本当に満足感を高めてくれます。

肝心の使い勝手について

筆者は大きめのトートバッグを探していたのですが、同時に自分の身体の幅を超えないサイズを条件としていました。なぜかと言いますと電車の座席に座った際に幅が大き過ぎると、隣に座った人に迷惑をかけてしまいます。

電車の座席幅はJIS規格で43㎝以上と定められています。それに対しこのバッグの幅は38㎝なので、隣の方に干渉することもありません。

深さは31㎝あり、ジップは閉まらなくなりますが、A4サイズの物が縦に入ります。マチは約10㎝で、収容力を備えつつスマートなシルエットと両立させる絶妙なサイズだと思います。

付属品として、小型のクロシェットが付いています。このようにキーホルダーを付ければバッグの中で鍵が行方不明になることも無くなります。また、お好みでアクセサリーを付けるのも楽しいと思います。

メンズのバッグは良品が少ないとよくいわれますが、アニアリのバッグは国産レザーバッグの最高峰と言ってよいでしょう。他の国産アイテムに比べれば少し高めの価格設定ではあるものの、値段差以上の価値は十分あると思います。

使い方にもよりますが、筆者のものは2年間使って壊れたところは一箇所もありません。

筆者はビジネスはもちろんオフのどちらにも重宝しています。長く使える上質なレザートートバッグをお探しでしたら、是非一度アニアリのアイディアルレザービジネストートバッグ(3万8000円+税)をチェックすることをオススメいたします。

おすすめバッグのまとめはこちらから↓

【69選】メンズおすすめバッグ「買って、使って」レビュー!【2018】

2018.10.06
いわし@短足神

この記事を書いた人

いわし@短足神

身長164㎝ 体重63㎏ 靴24.5㎝

物心付いた時から短足に悩み、日夜体型をフォローできるファッションを研究しています。40歳を超えたら若いと言われる頻度が上がったので、40代も悪く無いと思う今日この頃……。