アスレジャーを極めるライトアウター「アークテリクスのアルファSLジャケット」

アウトドアの服や道具には機能美があります。

特にハイエンドなモデルには、目的に特化し、余分な部分をそぎ取ったシンプルな格好良さがあり、防風を追求したシェル(カッパ)、寒冷地対応のバーナー、極限まで軽量化されたバックパックなどは、過酷な環境に対応するとデザインも洗練されてきます。

そんなアウトドアブランドが好きな著者ですが、最近の流行で嬉しく感じたのが、運動着やアウトドアの服を普段着としてつかう「アスレジャー」。ナイキのテックフリース、ユニクロのスウェットパンツの展開量をみても「アスレジャー」はメジャーになってきました。

オシャレとは、人とは違う「差別化」が必要。いくらカッコいい服を着こなしても、同じ格好では「オシャレ」とはいえません。しかし、「違うこと」を意識しすぎて大きくトレンドを外しすぎることもオシャレではなく、トレンドから多少の変化で抑えたいもの。

「アスレジャー」好きの人のために、ナイキ、ユニクロではなく、本格的なアウトドアブランドで差別化をはかってみるのはどうでしょうか。

オススメはアークテリクスというブランド。バックパックでよくみるブランドですが、アウターを中心に服も多数あります。 今回は登山ではハードシェルと言われる雨天や防風にそなえたカッパのようなアウター「アルファSLジャケット」をレビューします。

色を多用しないシンプルなデザイン 


ブランド:アークテリクス
商品名:アルファSLジャケット
サイズ:M(Lサイズ相当)
色:黒
値段:4万6440円(税込)

アウトドアブランドは「アウトドア」の特性上、ポケットが多く、派手な色を使ったり、カジュアル感が強いものが多いです。

しかし、アークテリクスは「カジュアルに寄り過ぎない」ところが街着で着こなせるいいところ。

そのため、本格的なアウトドアブランドにもかかわらず、ビームスやフリークスストア、モードブランドをあつかうエディションなどのセレクトショップでも展開されています。

カジュアルに寄り過ぎない点は特に色合い。おなじみのブランドマークである不死鳥のデザインはこのアイテムではシルバー色でデザインされ、さほどですが目立ちません。

また、他のアイテムでは例えば黒地に黒でデザインをし、ブランド名を目立たないようにしてるものも多くあります。

全体の色合いとしても、この購入したアイテムは色のある部分はポケット部分のみ。これは数年前に購入したもので、違う色のアイテムではポケット部分も下地の色と同色になっており、カジュアル感が抑えられたアイテムもあります。

街着として使うなら複数色ではなく単色のものを選んだほうがいいでしょう。

(シンプルなデザイン)

色だけでなく、デザイン的にもシンプル。このアイテムはネーミングにもあるように、「SL」タイプ。

「SL」は「Super Light」 の略で、厚みなく、1番軽くて薄いタイプです。レイヤーが唯一、2層しかありません(他は3層)。スキーウェアにあるような生地の重ね感もなく街なかでも違和感がありません。

ちなみにこのネーミングはSV>AR>LT>SLと生地が厚い順になっています。

首元と腰が隠れる効果的なシルエット

ネーミングにある「アルファ」とは着丈の長さのシリーズ。 シータ>アルファ>ベータの長さの順で、アルファはお尻までのもの。シータではお尻より下の長さで、長過ぎても使いにくいので、アルファが使いやすいです。

実寸は肩幅60センチ、身幅56センチ、着丈は後ろのほうが長くなっているので、前身頃が57センチ、後身頃が67センチとなっています。

首もとの部分は外気が入らないようにエリが立ったようなつくりになっています。首回りにエリなどがあると対比で小顔に見えます。特にこのアイテムはナイロン100%の硬めの生地なので崩れず形を保ってくれます。


(首元部分)

欠点はシャカシャカ感とめんどくさい洗濯 

いいところをあげてきましたが、欠点もあります。一つはシャカシャカうるさいこと。

着る時や少し激しく動いたりすると「シャカシャカ」音が擦れて鳴ります。防水に備えたナイロン100%の硬めの生地のせいで、デートなどのフォーマルな機会では着用すると気になります。

カッパのようなアウターだからといっても洗濯は必須です。なぜなら、このアイテムは素材が「ゴアテックス」だからです。「ゴアテックス」とは、「外からの水は通さずに中の湿気は外部に出す」というもの。

この効果によって雨で湿度が高い状態でも快適さを保てます。フードが少し大きめで、少しズレやすいところはありますが、登山用なので過酷な風雨でも耐えられます。

この状態を保つのは専用の洗剤でないと、効果が持続しません。専用の洗剤を購入する必要があります。

筆者は写真の「Granger’s グランジャーズ」を購入しました。アマゾンで1000円ほどで売っています。洗濯機にこの洗剤をいれ、30℃くらいの温水で洗濯をし、乾燥機か軽くアイロンをかければ大丈夫です。少し面倒ですが、撥水性を保つには必要です。

購入時の注意点

アークテリクスは値段が高いことも憂慮するところ。

このアイテムも4万6440円(+税)で、他のアウトドアブランドの同モデルと比べると値段は1.5倍ほど高めです。

海外なら多少安いので個人で海外通販してる人もネットでみかけますが、英語取引などでハードルは高い。

また、偽物もネットでは出回っているので、正規店で購入したほうがいいでしょう。

ideee

この記事を書いた人

ideee

身長177㎝ 体重63㎏ 靴26.5㎝

リラックスしたスタイルとかっこよさの両立を目指す長野在住の31歳。ユニクロとアウトドアブランド率高め。