アシックスタイガーのゲルライトⅢはダッドスニーカートレンドにぴったり!

アシックスのスニーカーはオニツカタイガーだけじゃない!

海外で人気に火がつき、日本に逆輸入する形で展開が始まったアシックスのスニーカーがあるのをご存じでしょうか。

今回はオニツカタイガーのようなクラシックな雰囲気を持ちつつ、クッション性などの機能面もしっかり確保したアシックスタイガーのゲルライトⅢを紹介します。DADスニーカー流行りの昨今、こういったモデルも選択肢の一つかと思います。

そもそもアシックスタイガーとは?

アシックスを知らない人はいないでしょう。学生の時の運動靴や学校内で履く校内履きがアシックスだった方も多いと思います。そんな日本を代表するスポーツメーカーのアシックスですが、靴は大きく3つのブランドを展開しています。

1つ目は運動靴などの通常ラインのアシックス、2つ目はアジア、特にタイで大流行中のオニツカタイガー、そして3つ目が今回ご紹介するアシックスタイガーです。デザインは90年代に生産されたものが多く、ゲルライトⅢもその代表モデルの1つです。

ゲルライトⅢをオススメする理由①

ゲルライトⅢをオススメする理由の1つ目に、なんと言っても履き心地の良さがあげられます。ゲルライトのGELは、アシックスで採用されているクッション素材のこと。

このゲル状の素材が入っていることで、しっかりとクッション性を確保しつつ、アウトソールをがっしりと作って安定性と反発性を確保しています。

ゲルライトⅢの大きな特徴は、シュータンにあります。写真で見ていただけると分かるのですが、シュータンが中央で2つに割れるようになっています。

スプリットトゥと呼ばれる形状ですが、この形状にすることにより、甲高の人でも甲に負担をかけずに紐の縛り具合を調整することができます。甲高の多い日本人にはとてもありがたい作りになっています。


(手で広げて見た様子)

ゲルライトⅢをオススメする理由②

ゲルライトⅢをオススメする理由の2つめに、美しいクラシックのデザインがあります。アシックスタイガーは現代的なデザインのスニーカーも販売しているのですが、ゲルライトⅢは90年代のランニングシューズが元になっているクラシックなデザインが特徴です。

今回ご紹介しているようなスエード素材を用いたものなどは、デザインがカジュアルでも大きくカジュアルダウンさせないで履いていただくことができます。

サイズ感と合わせ方

サイズ感に関しては少しだけ注意が必要です。よく靴屋で言われる店員の接客ワードに、「アシックスのスニーカーは日本人の足型に合わせて作られているため、足合わせがしやすいですよ〜」というものがあります。

しかしながら、上述したように、アシックスタイガーは海外で人気になり日本に逆輸入される形で展開されています。足幅は極端に狭くはないのですが、甲が少し低めに作られている作りです。ニューバランスのスニーカーで25.5cmを履いている筆者は、ゲルライトⅢでは26.0cmをチョイスしています。

自分が甲高だからということもありますが、細めのナイキのスニーカーと同じようなサイズを選ばないと、少し足に圧迫感を覚えると思います。

ゲルライトⅢは詳述したとおり甲を抑えるシュータンが割れているため、サイズをあげても甲をしっかりと固定して靴の中で足が動くことを防いでくれます。ここがゲルライトⅢの魅力です。

ゲルライトⅢの合わせ方ですが、クッション性を確保するためのアウトソールやアシックス独特の4本線などが重なって、見た目としてはカジュアルな印象を受けやすいです。

これからの季節にはセットアップスタイルをカジュアルダウンするためのアクセントとして合わせてあげると、簡単にドレスとカジュアルのバランスが取れると思います。
※ドレスとカジュアルについてはこちらから : http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

ちなみに個人的にはシューレースを別売りの丸紐にして、カジュアル要素をさらに強めて履くのもお気に入りです。どうせカジュアルライクなスニーカーなのですから、その強みをより引き出すのも1つの手だと思います。

使っているシューレースはGETABAKOというシューレース専門のブランドが展開している商品です。


(シューレースを変更した状態)

 

改めてアシックスの魅力とは?

アシックスという名前を聞いただけでは、「中学校の時に履いていた運動靴、体育館履きのイメージがあるから履きたくない」と思う方も確かにいると思います。しかしながら世間を見回してみると、オニツカタイガーやアシックスタイガーを履く人を本当に見かけるようになりました。

現在では「毛嫌いしている人のほうが恥ずかしい」段階まで来ています。クッション性抜群のアシックスタイガー、ぜひいかがでしょうか。価格は1万5120円(税込)です。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー35選!【2018】

2018.06.20
すだちゃん

この記事を書いた人

すだちゃん

身長162cm 体重52kg 靴24.5~26.0cm

ブリティッシュオールドスタイルから最新のデザイナーズブランドまで、とにかくいろいろな服が好き。特に靴が大好物で、気づいたら部屋が靴箱で埋まっていた大学4年生、23歳。憧れはバナナマン。