オーラリーのシャツは一枚もっておきたい勝負シャツ!

ドレスシーンでもカジュアルな場でも使われるシャツは男性のマストアイテム。であるがゆえに、市場にはごまんと存在します。数多あるシャツから説得力と色気のある「勝負シャツ」を一枚持っておくと重宝することは必定です。筆者がオススメするのは、素材とベーシックなデザインにこだわったAURALEE(オーラリー)のWASHED FINX TWILL SHIRTS。オーラリーは2015年に誕生して以来、服好き・ファッション好きから一目置かれ信頼を得ているブランドなのですが、逆に筆者はミーハーっぽさを感じてしまい敬遠していました。しかし、このシャツは別格でした。

上品かつ使いやすいデザイン

素材は目の詰まった綿でツヤがあります。素材にこだわるブランドなので、超長綿であるフィンクスコットンが使われています。色柄は、チェックと無地があるのですが、筆者が購入したチェックは規則的な柄でトーンが落ち着いているので非常に上品。とはいっても、色数が多いので地味にはなりません。おじさんがよく着ているチェックシャツとは一線を画しています。

襟はボタンダウン仕様のワイドスプレッドカラーなので、自然と立ちあがり、カッチリするだけではなく、襟の幅が前にいくにつれて広がりレギュラーカラーにはない「動き」が生まれます。そのためカッチリともラフとも言い難い「色気」が出てきます。上品なだけでなくリラックスした独特の雰囲気を持つこのシャツに欠かせない仕様であるといっていいでしょう。ボタンは1番上まで閉めても苦しくありません。多様なコーディネートに合わせて頂けます。

トレンドらしいゆったりしたシルエット

シルエットは身幅の広いボックスです。着丈はタックイン・アウトどちらでも違和感がない絶妙な長さで、ルーズな印象はありません。アームホールはゆったりとしていますが袖に近づくにつれてグッと細くなります。腕まくりなしでサマになる珍しいシャツです。

サイズは3(S)、4(M)、5(L)がありますが、身長172㎝の中肉中背で普段Mサイズを選択する筆者でサイズは3(S)を選択しました。やや大きめのサイジングですので普段のサイズよりも1つ下げるくらいでいいと思います。ちなみに4も試着していたのですが袖にややクッションがたまり、着丈もタックアウトでは少し長いかなと感じました。汎用性を考えるならサイズは1サイズ下を推奨です。

実は腕まくりは非推奨

このシャツは表と裏で色が若干異なり、裏のほうがやや色が濃くなっています。そのため腕まくりをするとその部分が目立ってしまいます。デザインがごちゃごちゃしてしまうので、よほど暑くない場合以外はまくらないという選択をオススメします。

使用感

生地は柔らかく着心地は抜群にいいですが、高密度の織られたツイル地なのでシワになりやすいです。洗濯後はアイロン必須。肌触りは「ガサッ」というよりは「サラッ」という感じのドレスシャツの生地をイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。洗濯後の縮みはまったくありません。

価格は2万4840円(税込)。かなり高額なアイテムですが、こだわりぬかれたこのシャツはそれを補って余りある魅力があります。AURALEE自体非常に人気のブランドですので即完売必至かと思います。見かけたら是非お手に取り購入されることをおすすめします。

メンズシャツまとめはこちらから↓

【2018】おすすめメンズシャツを53点レビュー!あなたならどのシャツを選ぶ!?

2018.10.08
かいせい

この記事を書いた人

かいせい

身長172cm 体重64kg 靴27.0cm

日常に根ざしたファッションを楽しむ大学生。座右の銘は動いたもの勝ち。