メンズ夏のジャケットスタイルはシアサッカー素材で攻略する/ビューティ&ユース

暑い時期こそジャケットで決める!

気温がグンッと上がった今日この頃、Tシャツやハーフパンツ姿をよく見かけるようになってきました。そんなカジュアル全開の時にこそ試して欲しいジャケットを紹介します。

ビューティー&ユースユナイテッドアローズ  BY ”TORAY” ドライ シアサッカー 2B ジャケット(税込1万8360円)

夏に長袖、ましてジャケットを着たいなんてよほど奇特な方でしょう。僕は基本、暑がりなので、この時期は半袖かハーフパンツ。

一般的に夏はアイテム数が少なく、「オシャレがしにくい」「難しい」季節です。しかしそれはカジュアル寄りのアイテムばかりになり、ドレス要素が足らないからです。このジャケットはそんなオシャレがしにくいと言われるこの時期に、簡単にドレス要素を担保できてオシャレへの近道になります。暑がりの僕がヘビロテしてるアイテムなのです。ドレス?カジュアル?http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

「でもやっぱりジャケットは暑苦しくない?」と思う方もいるかもしれません。実際僕もそうでした。しかし、このB&Yのジャケットはシアサッカー生地を使用した春夏物のため、そこまで暑さを感じることはありません。

生地も向こうが透けるほど薄手です。 そして白地にストライプ柄の爽やかな柄で涼しげな印象。ジャケットであっても相手に暑苦しさ感じさせずにドレス感を保つことができます。

また、袖を捲って手首を出してもいいでしょう。袖口は本切羽または本開きという仕様になっているので腕捲りがしやすく、手首が出るだけで涼しげな印象を与えられ暑さ対策にもなります※本切羽、本開きとは袖口にボタンとボタンホールがあり開けたり閉じたりできる仕様のことです。開け閉めできずにボタンがついているものを開き見せといいます

着用している姿を妻に「爽やかでいいね!」と言ってもらえるので少なくても女性には好印象のようです。ジャケットのいい所はデートなど決めたい場面で印象をガラッと変えることができる点です。こんなに簡単にオシャレに見せやすく、しかも女性の前でもバッチリ決められるジャケット、かなりオススメです!

ジャケットだからって気を使う必要はない。


ジャケットってお手入れとかシワにならないかとか色々心配ですよね、面倒くさがりな人はそれだけで避けているのではないでしょうか?

特に子持ちの方は「どうせ汚れるからジャケットなんて着れない」「動きやすいTシャツやパーカーがいい」と思っている方が大半でしょう。しかし、このジャケットは汚れやお手入れの心配は必要ありません。

その理由は素材にあります。東レが開発したコンフォートストレッチファブリックという高機能素材(ポリエステル100%)を使用しているので手入れが楽なのです。

まず着用後ですが、洗濯機で洗えます。汗をかいたり、突然の豪雨にあって濡れても洗濯機に放り込めるので気軽に着用できるんです。速乾性が高くシワになりにくいので、着たその日に洗濯し翌日また着るなんて荒業も。実際に部屋干しでも一晩きっちり干せば大体乾きます。シワになりにくいので、折り畳んで鞄にいれ持ち歩くこともできます。

さらにストレッチが効いているため、着心地もバツグン。ちょっと子供と遊んだりするぶんにはまったく問題ないほどです。ジャケットは基本、体にフィットして出来るだけ細みのほうがカッコいいのでジャストサイズを選びましょう。著者である僕は175㎝68㎏でMサイズがジャストでした。

脱地味できるハイブリッドアイテム

夏に使えるドレスアイテムでしかも高機能素材で楽チン!というだけではありません。それだけならほかにも探せばいくらでもあるでしょう。アウトドア用ならもっと高機能なものがあります。

ではなぜこのジャケットなのか? それは柄物のドレスアイテムで脱地味ができるハイブリッドだからです。

ドレスアイテムは基本、艶があり色はモノトーンで無地であることがほとんどで少し地味な印象があります。そして高機能な素材を使ったアイテムはアウトドア用に多く、原色を使った派手な柄だったりと使いにくいものが多い。

もちろんそれらのアイテムを否定しているわけではないですが、使い方を間違えればオシャレとは程遠くなってしまいます。一方、このジャケットはドレスアイテムでありながら、シアサッカーという表情のある生地を使い、遠目からは薄いグレーに見える主張の少ない柄でほどよくドレス感を保ちつつ地味な印象を払拭してくれます。

シアサッカーは、生地の表面が凹凸しているので肌との接触面が少なく、汗ばんでも肌に張りつかないため涼しく快適に過ごせます。またシワになりにくい性質もある春夏には定番の生地です。


アイテム単体のドレカジのバランスはデザイン、シルエット、カラー(素材)の3つで構成されます。それに当てはめてみると、デザイン、シルエットはジャケットで細みのため、ドレス。カラーはストライプ柄でシアサッカー生地を使いカジュアルとなりドレス寄り、つまり、カジュアル要素も含むハイブリッドなアイテムであることがわかります。

アイテム単体でドレカジのバランスがとれていると何と合わせてもバランスを取りやすくなり、アイテム数の少ない夏こそ便利なのです。主張の少ない柄物なので大人でも抵抗なく取り入れられ、明るい色や柄がほしくなるこの時期にピッタリといっていいでしょう。

着こなし指南・まずはいつものコーデに羽織ってみて!

ハイブリッドアイテムであり高機能、そして脱地味もできるジャケットですが、実際どんな使い方ができるのかコーデを交えてお話します。

まずシンプルにいつものコーデに羽織ってみてください。白Tシャツ、ジーンズで大丈夫です。柄物とはいえジャケットなので少しカジュアル寄りな服装に合わせてもバランスをとってくれます。

ただし靴や帽子など身体の「先端」にくるアイテムには気をつけましょう。先端は目立つのでカジュアルすぎるとバランスが崩れてしまいます。はじめはローファーやハットなどドレス寄りな物を使うといいでしょう。


ジャケットを羽織るだけでいつものカジュアルコーデも大人の休日っぽい感じにできます。

僕のような暑がりはハーフパンツに合わせましょう。その場合、ハットを使ったり全体の色を抑えてドレス寄りを意識すると上手くバランスがとれます。基本的な使い方は普通のジャケットと同じで少しカジュアルすぎるかなというときにバランスもとれていいです。

上記以外のコーデをするときに覚えておいて欲しいポイントがあります。①柄物のため、他のアイテムはシンプルにする。②インナーは襟つきの物よりノーカラー(襟のないもの)シャツやTシャツがいい。③気軽に着てみる。

①はハイブリッドアイテムであっても柄物と柄物を合わせるのはハードルが高く、ガチャガチャした印象になりやすいです。もし柄物を合わせるなら色味を合わせたり、パッと見て無地に見えるものがよいでしょう。次に②。ジャケットなので、襟つきを合わせるとビジネス感がでやすいです。

Tシャツやノーカラーのほうがビジネス感もなく簡単にサマになります。もし襟つきを合わせるならデートなどバッチリ決めたい時にしましょう。ドレカジのバランスを8:2くらいにするとドレス度があがります。

③はジャケットだからと気合いをいれるより、シャツ感覚で合わせたほうが上手くいきます。

シャツを合わせなくちゃ! パンツはキレイめ!みたいに身構えてコーデしてしまうと、気合いの入っている人になりかねません。もっと気楽にジーンズや太めのパンツ、Tシャツでもパッと羽織ることで気取らない自然なオシャレができます。

暑ければ袖を捲ってもいいですし、ボタンだってしめる必要はありません。ジャケットをもっと身近に考えるとオシャレへの近道になります。

最後にコーデのおまけです。ワイドパンツを合わせると少し変わった着こなしもすることができます。こちらはジャケットとスラックスを柄、シルエットで崩し装飾品や腕捲りなどの着こなしを加えたコーデです。ジャケットだけど柄もの、スラックスだけどワイドパンツ、そしてロングベルトやキャップ、タックインで微調整とアクセントを加えています。

まとめ

・夏はジャケットで簡単にオシャレができる
・ビューティー&ユースのジャケットは機能的であり快適に使える
・脱地味できるハイブリッドなアイテムである
・ポイントを押さえ気軽に羽織ればオシャレへの近道になる

ヨッシー

この記事を書いた人

ヨッシー

身長175cm 体重68kg 靴26.5〜27cm 25歳

「自分の好きな服を無理せずオシャレに着る」をモットーに子育てしながらオシャレを勉強中の一児の父。 手の届きやすいアイテムと実用性重視のアイテムセレクトで世の父親の手助けが現在の目標。