メンズは夏こそビカーシのオペラシューズを履こう!

夏にはサンダルやスニーカーを履く機会が多くなりますが、ただでさえ軽装でカジュアルなコーディネートになりがちだと、全体的に野暮ったくなってしまいます。その解決策はズバリ革靴を履くことなのですが、夏に革靴を履くなんて暑苦しくて耐えられませんよね。そこで夏でも涼しく履けるビカーシのオペラシューズを紹介します。

ファクトリーブランドだから使いやすい革靴が1万円台で買える

ビカーシ(BICASH) オペラスリッポン 1万4580円(税込)

ビカーシ(BICASH)はバングラディッシュのファクトリーブランドです。デザイナーズブランドの下請けを請け負っている工場の自社ブランドです。デザイナーズブランドのデザイン費用を除いた価格で商品が提供されるので、ブランド品質のものが安く買えるんです。

このビカーシのオペラスリッポンも1万円台で購入することができます。値段だけ聞くと「安かろう悪かろうなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、3~4万円のブランド革靴と遜色のない品質です。

ちなみにオペラシューズとは、オペラ鑑賞や夜のパーティに履いていく靴のことです。現在ではスリッポンタイプのフラットシューズとして、フォーマル(ドレス)とカジュアルの中間に位置するハブリッドなアイテムです。

例えば結婚式の2次会のようなセミフォーマルな場や、普段使いの革靴としてコーディネートにドレス要素を取り入れたいときにぴったりです。値段も安く使い勝手がいいので、1足持っておくと重宝することまちがいなしです。色はなんにでも合わせやすい黒がおすすめです。オペラシューズの黒には2種類あり、エナメルは光沢があって目立つので初心者には合わせにくくなるので、普通の黒いほうがいいです。

(ドレス、カジュアルとは?詳しくはこちら:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

夏に革靴を履くことで周りとの差別化をはかることできる

みなさんは夏のコーディネートでは何を履きますか? おそらくサンダルやスニーカーという人が多いのではないでしょうか。なかなか夏に革靴を履こうという気にはならないですよね。

でも夏だからこそ革靴を履くことで差別化をはかることができるんです。この靴は夏でも涼しいですし、どうしてもカジュアルになりがちな夏に、コーディネートをドレス寄りに調整する役割を担ってくれます。

夏にはTシャツやショートパンツで過ごすことが増えますよね。このようにスニーカーを合わせてしまうと、どこか野暮ったく見えませんか?

Tシャツもショートパンツもカジュアルなアイテムなので、どこかにドレスの要素を入れないとコーディネートが引き締まりません。そこでビカーシのオペラシューズの出番です。

先ほどのコーディネートにオペラシューズを合わせてみると、全体の印象が引き締まるのがおわかりいただけるはず。涼しげなコーディネートにストレートチップのようなフォーマルな革靴を合わせてしまうと、季節感のない雰囲気になってしまいますが、このようにスリッポンタイプであれば重苦しさもなく、夏に使うのにぴったりなのです。

仮に先ほどのようなドレス要素のあるモノトーンなショートパンツではなく、このような柄のあるカジュアルなものに合わせても、簡単に全体のバランスを整えることができます。

周りがカジュアルな装いになる夏にこそ、オペラシューズを履けばおしゃれが際立つこと請け合いなのです!

ひも靴ではないスリッポンタイプはサイズ選びに気をつけましょう

オペラシューズはひも靴ではなく、スリッポンタイプのため、靴ひもを締めてサイズを調整することができません。そのためジャストサイズか少し小さめのサイズでの購入をおすすめします。革靴は少し小さくても履いているうちに足に馴染んでくるので、問題なく履けるようになってきます。

ちなみに私はサイズ40(25.5cm)を履いていますが、少し大きかったので写真のようにサイズ調整のためのインソールを入れています。靴屋さんはもちろん、AmazonなどのECサイトで1000円ほどで購入することができるので、もしサイズが大きかった場合には試してみてください。

また、オペラシューズを履くときにはインビジブルソックスがおすすめです。シューズから見えないくらい短くて浅い靴下なので、オペラシューズのようなスリッポンタイプの靴を履くときにおすすめです。

実際に上から見てみても足が靴にすっぽり隠れています。黒い革靴に黒い靴下を履けば色が同化するので、ますます目立たなくなります。ユニクロではベリーショットソックスという名前で一足299円(+税)とお手頃な値段で手に入るので、ぜひ手にとってみてください。

ビカーシのオペラシューズのまとめ

http://ability-intl.jp/upload/save_image/03301601_56fb79e476d55.jpg

  • 1万円台で買うことができて使い勝手がいい
  • 夏でも履いていて涼しく、コーディネートを整えられる
  • サイズ選びは気をつけましょう

以上がまとめとなります。ビカーシのオペラシューズをお求めの際はZOZOTOWNかGoogleやYahoo!で検索して独立系のネットショップで探してみるのをおすすめします。製造量が少ないようなので、在庫がある際にはエイヤッ!と思い切って購入してみてください。きっと満足する買い物になりますよ!

こすず

この記事を書いた人

こすず

身長174cm体重69kg靴26cm(革靴は25cm)

平成元年生まれのアラサー。小中高と野球部だったことによる太ももの太さと中年太りの始まりによるお腹のふくらみに頭を悩ませながらコーディネートを試行錯誤する日々を送っている。