5000円で買えるイタリアシャツブランド「カミチャニスタ」のカラミ織りシャツをレビュー

シンプルなデザインで、なおかつ色気を感じさせてくれるのがイタリアシャツ。

しかし、ビジネス用の物はたくさんありますが、裾出しして休日に着られるようなカジュアルな物はなかなか見つからない。あったとしても、インポートでなかなか高価だったり……。

そこでオススメなのが、CAMICIANISTA(カミチャニスタ)というブランドです。

CAMICIANISTA(カミチャニスタ)のカジュアルライン

カミチャニスタといえば、高品質なドレスシャツを、かなりお手軽な価格で販売していることで有名。例えば、生地には200番手双糸の高級番手の生地を使っていることもあったり。また、ボタンにはプラスチックではなく、貝ボタンの中でも最高級と言われる、本白蝶貝を使用していたり。

また、「カミチャニスタ」という名前から想像できる通り、イタリアらしいディテールをかなり意識しています。ちなみに、イタリア語で「CAMICIA(カミーチャ)」は「シャツ」という意味。後々、詳しく解説していきますが、襟の形だったり、袖の後付けだったり、イタリアシャツらしいディテールが満載なのです。

それでいて、かなりのお手頃価格で販売されています。通常のベーシックなシャツであれば5000円台で買えたり。「コスパ」という意味では、右に出る者はいないでしょう。

「安すぎて逆に不安」という方もいるかもしれませんが、ここまで価格を抑えられるのには、もちろんちゃんと理由があるんです。それは、「オンライン販売のみ」にしていること。なので、人件費などをかなり削減できるんですね。

そして、カミチャニスタと言えば、ビジネス用のドレスシャツがメインですが、カジュアルシャツでもオススメできる物があります。今回ご紹介するカラミ織りシャツなど。イタリアらしい、シンプルなデザインで色気を感じられるカジュアルシャツをお探しの方にはオススメです。

「カラミ織りシャツ」は完成度が高い

こちらがカミチャニスタのカジュアルラインの、カラミ織りシャツ。生地の色は白無地で、襟の形はワイドスプレッド。めちゃくちゃシンプルなシャツだけに、品質のレベルやシルエット、細かい箇所が重要になってきます。

ちなみに、「カラミ織り」というのはこのような生地。網目状の特殊な織り方をしていて、メッシュっぽいのが特徴。見た目から想像できる通り、通気性が良く、非常に涼しいのが良いですね。

「暑い時期はリネンシャツしか着たくない!」という私ですが、これなら大丈夫です。綿100%で、形状安定などは入っていません。

まず、襟の形ですが、先程言った通り「ワイドスプレッドカラー」。日本で最も多い「レギュラーカラー」より、襟の開き具合が大きく、襟の大きさ自体も大きいのが特徴。

海外では最もベーシックな襟型と言ってもよいほど。ドレスクロージングの世界では、少しずつ襟の形のトレンドが変わっていっていますが、それでもまだ「定番」と言って良いでしょう。セクシーに見えるので、イタリア人が好む襟の形でもあります。

もちろんカジュアルシャツですから、ドレスシャツのように芯が入っていて、カッチリしているわけではありません。柔らかい襟で、立体的になっています。

形状安定のシャツでは無いので、アイロンをかけて着るのが前提ですが、特にこの襟の部分は大事ですね。襟が立体的に見えるかどうかでシャツの雰囲気がだいぶ変わってきます。

細かい箇所にいく前に、触れておかなければならないのが、「デザイン」。見ての通り、「何も無い」のです。左胸にはポケットが「無い」ですし、フロントには前立てが「無い」。

日本のサラリーマンが着ているシャツには「カジュアルすぎる」物が多く、必要以上に「デザイン」を付けたがるもの。ドレスシャツなのに襟の形がボタンダウンだったり、襟の裏側に柄が入っていたり。ひどいものになってくると、ボタンがカラフルだったり。

実は、シャツは余計なデザインが「無い」シンプルなものほど、ドレスな、大人っぽい印象になるのです。イタリア人はそれがきちんと分かっているので、シャツ1枚で色気を感じさせるのが上手い。

ですから、シャツをかっこよく着こなそうと思ったら、できる限りデザインがシンプルな物を選ぶのが重要です。今回のようにカジュアルなシャツであれば、もっとデザインを取り入れても構わないのですが、普段カジュアルな場面でシャツを着ることが少ない方は、まずはこのくらいシンプルな物から始めてみましょう。

また、シルエットに関しては、体にフィットするよう、ある程度細みに作られています。カミチャニスタにはいくつかシルエットに種類があるのですが、これは「スリムフィット」というシルエットですね。ウエストは絞られ、アームホールと呼ばれる袖の付け根も小さく作られている。ダボっとしているところはなく、非常に綺麗なシルエット。

実は、昨年の夏に同じくカミチャニスタのカジュアルラインの、リネンシャツも買ったのですが、これはシルエットがダボっとしすぎていて、残念としか言いようがなかったのです。着丈も長すぎて、とてもタックアウトして(裾を外に出して)着られるものじゃないですし。

なので、カミチャニスタのカジュアルシャツがすべて、シルエットが優れているわけではないですが、これはかなり綺麗で、オススメですね。

カジュアルラインにも、「イタリアシャツのディテール」は取り入れられている

それでは細かい箇所を見ていきましょう。まずは、袖の付け根の部分。通常、身頃の縫い目と袖の縫い目は、まっすぐ一本で繋がっているのですが、これはそれぞれ別れています。

「こんなところ見えねえよ!」と思われるかもしれませんが、「着心地」に影響してくるのです。普通は作業を簡略化するために一本でササッと済まされるところですが、身頃と袖をそれぞれ別々に作り、後付けすることで、腕をまっすぐ伸ばした時などに、生地が引っ張られにくくなり、ストレスを感じづらくなります。

シャツの後ろ側。シャツの生地は、肩と背中でそれぞれ別れています。横に一本線があるのが分かるでしょうか?それが境目で、注目していただきたいのは上側の肩の生地。「ヨーク」と呼ばれる部分です。

通常この「ヨーク」は一枚の生地で作られるのですが、このシャツはヨークを真ん中で更に縦に二等分して、二つの生地をつなぎ合わせて作っています。これを「スプリットヨーク」と呼ぶのですが、こうすることで、腕を伸ばした時に同時に生地も伸びて、着心地が良くなるのです。

ボタンはなんと、高級感のある本白蝶貝。貝ボタンの中でも最上位とされる物で、奥ゆかしい光沢があります。貴重な素材で美しい分、価格はプラスチックより遥かに高価なのですが、それでもこの価格帯のシャツに使用してしまうのが、カミチャニスタの恐ろしいところ(笑)。

低価格シャツでは、ボタンがプラスチックで作られている安っぽい物が多く、それが残念な印象になってしまうことも少なくありません。生地はそこそこ良いのに、ボタンのせいで全体的にチープな印象になっている物が多いですね。ボタンは小さなものですが、それだけシャツの印象を変えるのです。

サイズ感に注意 オンラインストアでしか購入できないので、気をつけよう!

最初に書いた通り、カミチャニスタはオンライン販売限定。ですので、「実物を着てみてサイズを確認する」ということが出来ないので注意してください。私はシャツは普段Mサイズで、時々Lサイズを購入しますが、このシャツの場合も40(M)サイズでちょうどピッタリでした。

「40」というのはネックサイズ、首回りの長さのことですね。Mサイズの寸法は実寸で、着丈74cm 肩幅44.5cm 身幅54cm 袖丈62cmでした。カジュアルラインなので、タックアウトできるように着丈もちゃんと短くなっています。これが長すぎず短すぎずでちょうど良い長さ。

もちろんタックインすることも出来ます。シャツのサイズ感は重要なので、購入する際は、オンラインストアのサイズ情報もしっかり確認すると失敗することが少なくなります。

価格は7020円(税込)。ビジネスシャツは5400円(税込)で販売されていることが多いので、それと比べると少し高めになっていますが、生地がコストのかかる「カラミ織り」だったりするので、それも納得。普通のブランドであれば、どんなに頑張っても1万円は超えるでしょう。

ここまで手頃な価格で、高品質でイタリアらしいセンスを取り入れたシャツを販売しているブランドは他に知りません。是非チェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter