大人の男性に似合うおすすめキャップ一挙レビュー【8選】

あなたはキャップにどのようなイメージをお持ちですか。「子供っぽい」や「私には似合わない」などの理由で敬遠してしまう方もいらっしゃると思います。

そのようなイメージを持たれやすいキャップですが、コーディネートの抜け感を出すアイテムとして用いられることが多く、オシャレ好きな男性には定番のアイテム。さらに顔に影がかかり小顔効果も期待できるでしょう。

今回はそんなキャップの中から、定番のベースボールキャップの他にジェットキャップや流行りのローキャップも合わせてご紹介します。

Champion(チャンピオン)/「SHIPS AUTHENTIC PRODUCTS 別注 フェイクスエード LOWキャップ」

こちらは「Champion(チャンピオン)」に、セレクトショップ「SHIPS(シップス)」が別注をかけたモデル。子供っぽいイメージのあるキャップですが、スエード素材にすることによってグッと上品な印象になっています。本革ではなくフェイクスエードなので、特別なお手入れも必要ありません。

実はここ最近このような「ロゴキャップ」が大きなトレンドとなっていますが、「ロゴの入れ方」も上手。それほど目立たせず、小さくちょこっと「Champion」のロゴが描かれているだけなので、これなら抵抗なく取り入れられる方も多いでしょう

。一般的なキャップと比べてシルエットが浅めになっており、スポーティな印象が抑えられています。ただし、WEBサイトなどの画像では分かりにくいですが、実はかなり生地が薄く、あまりカッチリとシルエットを保つことができないので注意です。素材はポリエステル100%なので、手洗い可能です。

価格は5940円(税込)。現在セール中なので、もう少しお安く購入できると思います。オンラインストアだと、執筆時点ではブラウンであれば在庫があるようです。

より詳しいレビューはこちらから↓

上品さとトレンドを両取り!チャンピオンのロゴ入りフェイクスエードキャップ

2017.09.20

カズユキクマガイ /「オフスケールメルトンベースボールキャップ」

カズユキクマガイのオフスケールメルトンベースボールキャップは八角形のパネルで構成されるベースボールキャップです。ウール素材100%でウール糸を高密度で二重織のメルトン生地に仕上げた素材を使用しています。サイズはフリーサイズです。

アジャスターはレザーのストラップを使って上品に仕上げています。金具のカラーも一緒にブラックで大人っぽく施してあります。ベースボールキャップの内径が59cm高さが13cmバイザー(つば)幅が7cmです。肌に触れる内径の部分はパイル(タオル地)を使用しています。

直接肌に触れてしまうところなので汗をかいてもパイルが吸収してくれる嬉しい気遣いがブランドから伺えます。価格は定価12,960円(税込)です。価格は高い部類ですが、上品なコディネートとなります。着こなしや被り方については、通常のベースボールキャップはコットン素材でツヤが少ないのがほとんど。

スポーツやストリート色の強いカジュアルアイテムですが、カズユキクマガイのベースボールキャップはツヤのあるウール素材です。アイテムはカジュアルですが、ほどよくドレスの雰囲気を保ちます。

着こなしは冬場ですと、例えば大人っぽくインナーにタートルニット+きっちりとしたドレス感の強いチェスターコートなどのロングアウター類、ジャケット類のハズし要素にバランスよく着こなせます。ボトムス(パンツ)は黒スキニーを穿いたり、ジョガーパンツなども違和感がありません。

靴は革靴、スニーカーで微調整してみるとよいですしょう。ウール素材なので、少し着用の範囲が限定されますが、冬から春ぐらいを目安に着用できます。被り方は公式通販サイトのように正当な被り方もよいでしょう。バイザーを曲げると顔のかたちにさらに馴染みやすくなります。

うしろ被りもハズしとして違和感がありません。被り心地はウールにあるチクチクした感触はありません。生地が厚くてしっかりしたつくりです。内径のパイルも肌触りがよく、汗を吸収してくれて不快に思わないタオルらしい感触です。アジャスターのレザーも不快に感じません。

より詳しいレビューはこちらから↓

大人でもかぶれるカズユキクマガイのメルトンベースボールキャップ。ポイントは8枚パネル

2017.10.27

ADYN(エーディーワイエヌ))/「DSTRSD LOGO CAP」

ロンドン発のファッションブラド「ADYN」のダメージロゴキャップ。一見シンプルですが、いたるところにダメージ加工が施してあり、そのどれもが上手く加工されています。サイズはフリーのワンサイズ展開ですが、アジャスターがあるのでほとんどの方にピッタリハマるでしょう。

また、キャップの形がとてもきれいなので、被った時に頭のシルエットがかなり綺麗に見え、顔なじみの良いキャップとなっています。

深さも深すぎず浅すぎずなバランスなので、キャップが苦手な方でも被りやすい物になっているのではないかと思います。価格は1万800円(+税)でキャップにしては高いと感じるかもしれませんが、細かく作りこまれた、デザイナーズのアイテムになっているかと思いますよ!

より詳しいレビューはこちらから↓

ストリートとモードのバランスに優れたADYNのロゴキャップ

2017.10.31

GU(ジーユー)/「ローキャップTG」

GUと“lex”のコラボプログラム“HYBRID TOKYO”のローキャップTGは手ごろな値段とローキャップらしい浅めのシルエットで大人にも使いやすく、手を出しやすい一品。ストリート要素の強いフラットバイザーではなくカーブバイザーになっているため、カジュアルな印象を抑えてすっきりした印象を作りやすい点も魅力の一つ。

フロントパネルの刺繍は本体と同色に纏められており目立たず、それでいて地味な印象を薄め、逆にアジャスターの刺繍はポイントとなり無地キャップのような地味さを感じさせない効果も持たせている。注意点としてはONESIZE表記ながら、クラウンの深さが違う点。

デニムのものがより深く、コットンツイルのものが浅いため、カラーバリエーション以外にも着用感で全く違う印象を持たせることができてコーディネートに微妙な匙加減でのふり幅を持たせられる点も面白い。ぜひ一つはコーディネートのカジュアル要因として手元に置いておきたい。990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×lexのローキャップは破格で遊びの効いた逸品!

2018.03.15

UNIQLO(ユニクロ)/「カシミヤ混ウールキャップ」

キャップを難易度が高いと感じる理由として、原色に近いカラフルな色味で大きめのロゴが正面にあるので、やんちゃなイメージになってしまう点があると思います。ですが、このキャップは、大人がかぶっても違和感がないよう、素材やシルエットの工夫がされています。

まず、素材。表示上の表地は羊毛90%、カシミヤ10%となっています。この素材は、一般的なキャップの素材というより、秋冬向けのハットの素材に近いと思います。表面は、わずかに起毛していて、そのおかげでやや光沢感があります。

素材がハットに似ていて、落ち着いたイメージがあるので、一般的なキャップのやんちゃなイメージが打ち消されています。そのため、このキャップをかぶっていても、カジュアルなイメージになりすぎず、大人っぽいイメージを保つことができます。

また、キャップの正面にアルファベットの刺繍やブランドのロゴなどが入っているキャップも多いのですが、ユニクロのウールキャップには刺繍や柄などは全くありません。

大人がかぶっても違和感が出ないように工夫されているキャップです。この素材で値段が1980円(+税)になります。キャップなら、同じ価格帯でコットンやポリエステル製のものがいくらでもありますが、この素材で同じ値段のものはほとんど見たことがないです。

より詳しいレビューはこちらから↓

ユニクロ驚異の実力!大人でもかぶれるカシミヤ混のウールキャップ

2017.09.09

FREAK’S STORE(フリークスストア)/「コーデュロイ耳当フライトキャップ」

フライトキャップは装飾と実用を兼ねている。そう思い、良いものは無いか探していたところに出会ったのが「フリークスストア コーデュロイフライトキャップ」でした。キャスケットのようなシルエットも面白いところですが、特に特徴的なところはバイザー(ツバ)です。

バイザーの縁にワイヤーが入っているため、形を好みや気分で変える事ができます。ファーも安っぽさは一切無く、触り心地もとても良いです。裏地はキュプラを使っているので、屋内でも不快な暑はありません。

サイズは頭周り63㎝と、筆者の様に頭が大きい方でも安心ですが、アジャスターが無いため頭が小さい方にはゆるいかもしれませんがそこまで不便ではありません。オススメ着用時期はもちろん真冬となりますが、秋から着用しても問題ないでしょう。

より詳しいレビューはこちらから↓

防寒性バツグンのコーデュロイ耳当フライトキャップ/フリークスストア

2018.01.05

NEW ERA(ニューエラ)/「MLTN SMALL LOGO CAP」

このキャップ、特筆すべきは、頭のでかい人でもかぶれるサイズであるということ。筆者は頭周りは60.5cmなのですが、見事にかぶれました。たいていのフリーサイズのキャップは、頭が大きいとかぶれません。

どこか不自然になるし、きつくて頭痛くなるし、何より頭の上に帽子が載っている感じになって、どう見てもかぶっているとは言えない不自然な違和感。素材は毛やポリエステル、ナイロン、アクリル、綿の混合で、見た目は秋冬仕様です。

夏にかぶるには見た目が暑すぎるし蒸れると思いますが、秋冬の方が時期が長いので仕様頻度は高いと思います。白い刺繍のロゴも、ほどよい大きさで装飾性を持たせてくれています。シルエットも頭にフィットする感じで、違和感がありません。

後ろで頭のサイズに合わせて調節できるのでありがたい仕様となっています。キャップが一つあると、コーディネートの幅が広がるので、ありがたいアイテムです。定価は4104円(税込)ですが、執筆時で30%オフの 2873円(税込)でした。

より詳しいレビューはこちらから↓

頭が大きくても問題ない!ニューエラのスモールロゴキャップ

2018.03.22

THRASHER(スラッシャー)/「 ボックス MAGロゴ ダンガリージェットキャップ」

スケーター雑誌をルーツに持った有名ストリートブランドの一つ、THRASHER/スラッシャーからリリースされたのがダンガリー素材を使用した5パネルのジェットキャップ。ジェットキャップはアメリカのメッセンジャー由来のアイテムでストリートとの相性が良い。

コンパクトなシルエットは一般的なローキャップよりもさらに浅く、顔回りが多く露出するという特徴があります。素材に選ばれたダンガリーはデニムのような生地でありながらその薄さも特徴の一つで、春夏はもちろん綿100%のがっしりした素材により秋でも対応でき、季節を選ばず使用できる。

ブランドロゴはMAGロゴと呼ばれる定番ロゴのBOX型ワッペンが使われている。ワンポイントであるが、色が映える事で無地のキャップ感は大きく薄れる。ダンガリー素材を使ったカジュアルさとジェットキャップの持つコンパクトなシルエットが持つキメ感を適度に落とせる、行き過ぎないカジュアルさが同居したアイテム。

より詳しいレビューはこちらから↓

春夏に使えるキャップ!スラッシャーのジェットキャップをレビュー

2018.04.06