CDGのロゴTシャツは数年使えそうなデザインが特徴!

2018年7月20日、「コム デ ギャルソン」の新ブランド「シーディージー(CDG)」がローンチしました。ロゴTシャツといえば、2018年春夏はアニエスベーやシュプリームのように小さめなボックスロゴがトレンドでしたが、さすがCDGです。ロゴを使いながらも、大胆に全面に配したデザインに仕上げています。


(アニエスはボックスロゴ)http://u0u1.net/Lzrp

しかも、全体的にロゴがデザインされているわけではく、上部の4割程度に抑えられているうえに、「CDG」の文字が幾何学的にも見えるので、上品な柄物といってもいいデザインです。

また、上部へは、背面、襟、首筋裏地とタグにまでプリントされていて、とくにタグへのロゴプリントはタグに記されたCDGの文字を壊さぬようにロゴプリントを重ねていて、こういった細部への工夫はさすが「コム・デ・ギャルソン」の新ブランドだと思わせる芸術的なこだわりが垣間見られます。

また袖先にはプリント入れていないので、意外とすっきりとして見えます。こういった工夫がまさに「デザイン」なのでしょう。

真夏でも着やすい綿100%で生地も薄手の日本製!

シルエットは標準的な半袖クルーネックTシャツです。素材は綿100%で肌触りもよく真夏でも着やすいアイテムです。洗濯(ネット使用)しても襟伸び・縮みなどの問題はありませんがロゴの黒字の色移り対策としては通常の洗濯と同様に白の他のアイテムは同じネットに入れず別のネットに入れることをお薦めします。

ユニセックスアイテムで女子にもお薦め!

サイズ展開はS・M・L・XLの4サイズですがCDGはユニセックスアイテムとなっている(少なくともローンチ時は)ため身幅・袖丈は小さめで女子にもお薦めのTシャツです。身長168㎝体重52kgでユニクロのメンズのトップスはSを着用している筆者はSサイズを購入しました。

ユニクロのメンズ定番半袖クルーネックTシャツ「スーピマコットンクルーネックT(半袖)」Sサイズでは身丈65㎝・肩幅42㎝・身幅47.5㎝・袖丈19㎝となっていますがCDGのロゴTシャツ(半袖)はSサイズでは身丈66㎝・肩幅42.5㎝・身幅46㎝・袖丈18.5㎝となっています。


http://u0u1.net/Lzr2

最近Tシャツの下にエアリズムなどのインナーを着用する人が増えていますが、CDGのロゴTシャツ(半袖)は同サイズのユニクロのメンズ「エアリズムシームレスVネックT(半袖)」をインナー着用してもインナーの袖やネックラインは見えませんでした。

2019年春夏以降も使えるTシャツ!

日本製で価格は1万800円(税込)とTシャツとしては高価ですが、柄物はメンズ・ウィメンズともに2019年以降も継続するトレンドです。仮に柄物トレンドが収束したとしても、モノトーンTシャツとして使えるので、長期間活躍してくれるので、十分元が取れるアイテムです。派手な柄物は苦手という方には、シンプルなモノトーンの柄物Tシャツとしてとくにお薦めします。

メンズカットソーまとめはこちらから↓

【2018】無地から袖ボーダーまで。メンズのカットソーおすすめ30点をレビュー! 

2018.09.09