ドレスとカジュアルのバランスが美しいコムサイズムの「半イカ胸シャツ」

「シャツのバリエーションを増やしたい」「細身のきれいなシャツがほしい」「タックインしても様になるシャツを探している」

カジュアルな場面でも使えてつや感もあり美しいシルエットのコムサイズム(COMME CA ISM)の半イカ胸シャツになります。

私はオンラインストアと店舗でサイズ別に2着購入しました。先にオンラインストアで購入後に受け取ってはじめて見たときに、「きれいだな」と感じるとともに「ちょっと変じゃなイカ?」という印象を受けました。

きれいだなと感じたのは80番手双糸と比翼仕立てによって、少し変だなという印象はイカ胸部が半分であることとその生地がドビー生地でやや目立っていることによるものです。

それぞれ説明していきます。

イカ胸と比翼仕立てとは

まず特徴的なのがイカ胸と比翼仕立てです。

イカ胸とは胸の部分に前掛けのようにも見える別の生地を使って強調されたシャツの総称です。

もともとは燕尾服を着用する際に胸で勲章をしっかりと留めるために芯を入れ、シャツの上から前に垂らす胸当てのようなものだったそうです。この形状がするめいかのように見えたことからイカ胸と呼ばれ一般的にも定着していったようです。

燕尾服だけでなくタキシードにも用いられ、歴史的にもフォーマル用のシャツとされています。普段の生活ではあまり見かけないと思いますが結婚式やマスメディアを通して社交ダンスなどの衣装で見ていると思います。

もしかしたら最も見られているのは映画やアニメなどのフィクションで登場する執事やタキシードを着た清楚系キャラクターだったりするかもしれませんね。

このようにイカ胸のデザインはフォーマルであるということを特徴付けられます。

半イカ胸シャツはイカ胸が半分になっており遊びのあるデザインに見えるため、ドレスシャツ風ではありますが完全にフォーマル用とはいえずややカジュアル寄りのシャツとして使えます。

比翼とは前立て(打ち合わせ)の上前の部分を二重にし、表から見たときにボタン穴やボタンそのものが見えないようにしたものです。

比翼仕立て、比翼前立て、フライフロントなど呼び方がいくつかあります。鳥が翼を納めている格好に似ているということが命名の由来になっているようです。

比翼仕立てはステンカラーコートやレインコートなどの前立てのデザインでもよく用いられます。これらのアウターに用いられる場合には風雨を防いで防寒性能を高める効果もあります。

ジーンズのボタンフライも同じような仕組みです。これはみなさんよく目にしていると思いますがボタンフライの他にジッパーフライなどの種類がありますね。

比翼仕立てのシャツは比較的フォーマル向けのものが多く、すっきりと見えて様々なシャツの中でも最もきれいで清潔感のある雰囲気が出るタイプのものです。

今回レビューしている半イカ胸シャツではボタン一つおきごとにステッチが入っていますが、ステッチが目立つこともなく比翼シャツとしてとてもきれいな印象を受けます。

つや感のある80番手双糸と変化を付けるドビー生地

生地には80番手双糸が用いられています。番手とは生地を織る糸の太さを数字で表した単位のことです。番手が大きいほど糸は細く、生地もやわらかく肌触りもよくなりますが薄くなります。フォーマル用のシャツ、ドレスシャツによく用いられます。

番手の小さい糸で織られた生地は丈夫で透けにくい特徴があり、オックスフォードシャツなどのカジュアルなシャツに用いられます。

双糸とは2本の糸を撚り合わせて1本の糸にしたもので、撚り合わせることで丈夫になり肌触りもよくなります。番手が大きく細い糸は双糸にすることが多いようです。

身近で確認しやすいアイテムとしてはユニクロのどの店舗でも販売されているファインクロスブロードシャツが100番手双糸の生地のため、この半イカ胸シャツと光沢感が似ています。

実際に肌触りも良くなめらかで袖で引っかかりやすいということもありません。着用していて比較的しわになりにくいようにも感じます。例えば、ユニクロのエクストラファインコットン系のシャツに比べると明らかにしわになりにくいです。

ドビー生地とはドビー織機で織った変わり織りの生地のことで、主に細かく幾何学的な柄が規則正しく模様になっています。ストライプやドット、花柄などもあるようです。

この半イカ胸シャツではイカ胸部分と肩のヨークでドビー生地が使われています。素材はドビー生地の部分も含めて綿100%です。

イカ胸が半分で胸と肩のドビー生地の部分が目立ち、いわゆる「デザインが入った服」のように見えるので、はじめの印象では間近で見ると「これ大丈夫かな?」とも感じましたが、細身のパンツなどともに着用して鏡で見てみるとそれほど違和感もなくまとまります。タックインする際にもウエスト付近が絞られているためよれにくいです。

ダーツの入った美しいシルエット

後ろ身頃にはダーツが入っており、ウエストラインが絞られすっきりしたシルエットになっています。Mサイズで着丈72、肩幅44.5、身幅50.5、袖丈63、アームホール26、袖幅20、袖口幅10(それぞれcm)と、身幅が細く袖丈はやや長めです。

シャツやスーツをメインに販売している他のブランドのスキニーシャツタイプと同じような形状です。細身の方はこのシルエットを存分に活かせます。

襟やカフスはシンプルです。細いシルエットに合わせてちょうど良いサイズになっています。

ボタンはポリエステル製の貝調ボタンが用いられています。

洗濯時に1分間脱水をして干し終えた状態がこちらです。

全体的にシワがでるのでアイロンがけが必須です。

特にイカ胸部分との境目にシワがでます。シンプルに上から生地を縫い付けてあるタイプのイカ胸シャツではそれぞれの生地の伸縮率が違うためこの部分にシワがでるのはある程度仕方がないようです。境目は裏からアイロンをかけるとシワが伸ばしやすいです。

洗濯時かアイロンをかけるときに衣料用のり剤を使ってパリッと仕上げると良さそうです。キーピングなどの洗濯機用のり剤かアイロン時にアイロン用のり剤を使って仕上げてみてください。
キーピング 洗たく機用 https://goo.gl/oX4LEs 
キーピング アイロン用 https://goo.gl/x4ygjP 

きれいめなスタイルが好きなら他のシャツも要チェック

80番手双糸が用いられているシャツは他に2種類あり同じくどちらもおすすめです。
ラウンドカラーシャツ https://goo.gl/jd2zTh 
バンドカラーシャツ https://goo.gl/JimzSQ 

半イカ胸シャツの価格は6372円(税込)で現在は1912円(税込)まで下がっています。現在在庫が残っているのはコムサ系店舗か伊勢丹オンラインストア、アマゾン、セブン&アイ系列のオムニ7になります。
Amazon https://goo.gl/jxevs5 
omni7 https://goo.gl/JTycqu 

コムサイズム(COMME ÇA ISM)は、コムサ・デ・モード (COMME ÇA DU MODE)で知られる国内アパレル系でも最大手の一つとされる株式会社ファイブフォックスのブランドです。

モードっぽいという言い方もできますが、細身で袖がやや長めなのがコムサ系ブランドのシャツの特徴と言えると思います。一目でシルエットがきれいなシャツであるとわかります。

コムサ系ブランドの他のシャツも形はきれいなものが多いので毎シーズンチェックするのをおすすめします。セール時にはファストファッション系ブランドの価格くらいまで値が下がることもあるのでお手頃です。

モノトーン

この記事を書いた人

モノトーン

身長175cm 体重55kg 靴27cm

寄り道をしながらモノトーンをアレンジしたスタイルを模索中。シンプルなアイテム、ミニマルなデザインが好き。