コモリを象徴する名作「タイロッケンコート」を徹底分析

コモリはファッションフリークからの人気が飛び抜けて高い国内ブランドです。今回紹介するタイロッケンコートはそんなコモリを象徴する名作。

セールに掛かることもなく、販売開始後早々に完売してしまうこともしばしばです。ネットオークションやユーズドでも価格が下がりにくい人気のアイテムなので、ネットでのカート販売はブランド側から規制されています。こう言ったアイテムは数多あるファッションブランドの中でも非常に珍しいでしょう。

今回はそんなコートについてデザイン、ディテール、サイズ感や着こなしなどの面から詳しく解説していきます。

差別化されているが説得力のあるデザイン

印象的なのはトレンチコートのディテールを削ぎ落としたようなデザインです。ボタンも無く、ベルトで縛るようにして着用するミニマルなデザインは、通常のトレンチコートとしっかり差別化することが出来ます。

トレンチコートは引き続きトレンドですが、そんななかでさらに差を付けたい方にはこれ以上ないアイテムです。

差別化できるといっても珍奇なわけではありません。デザインに嘘臭さが無いのは源流に基づいているからです。商品名にもあるタイロッケンコートとは、トレンチコートの原型になったデザインで、元々存在していたものなのです。

デザイナーはこのコートをデザインするにあたり、トレンチコートの無駄なディテールを削ぎ落としていきました。その結果、トレンチコートの原型であるタイロッケンになっていたという経緯があります。

源流から大きく外れていないデザインが嘘臭さのない説得力を産み出しているのです。

羽織るだけでサマになる

トレンチコートはどうしてもカッチリとした印象が強いため、何も考えずに合わせると全体の印象もカッチリしすぎたものになります。ともすれば会社帰りにも見えかねません。そのため、どこかにカジュアルな印象のアイテムを持ってきてバランスを取る必要が生じます。

しかし、こちらのコートは襟や袖に毛玉を表現するためのネップ加工を施したウール生地を使用していて程良い抜け感があります。通常、トレンチコートに見られるダブルのボタンが無いのもカチッとした印象を和らげています。

そして、ゆとりのある身幅もルーズな印象を作り出しています。これらが相まって、さっと羽織るだけで何となくおしゃれにしてくれるバランスの取れたデザインになっているのです。

また、ゆとりのある身幅や膝まで隠れるぐらいの着丈は体型を綺麗に見せるのに抜群の効果があります。長い着丈は腰の位置を完全に隠してくれるため、腰位置を理想的な位置で想像させます。よって脚長効果が得られるのです。

長い着丈とゆとりのある身幅は上半身にボリュームを与えてくれます。そのため細みのパンツを合わせるだけで、上半身がボリューミーで下半身はコンパクトという綺麗なYラインが簡単に出来上がります。

これらによって、おしゃれなだけでなく体型まで綺麗に見せてくれるコートに仕上がっていると言えるでしょう。

メンズは1から3までの3サイズ展開。しかし、1や2でも十分にゆとりのあるサイズ感なのでほとんどの方は1か2で大丈夫でしょう。180センチを超える方がゆとりを持って着たいと言った場合で3になります。

ですので、ほとんどの店舗では1か2しか取り扱いがありません。

サイズ1で身幅56cm、着丈105cm、脇下から袖口53cm。サイズ2で身幅58cm、着丈108cm、脇下から袖口55cmとなっています。ラグランスリーブなので袖丈ではなく、脇下から袖口の長さを表記しています。

元々袖口をまくってサイズ調整して着用することを想定したデザインなので袖の長さは心配要りません。ちなみに171cm、70kgの著者でサイズ2でゆとりのあるサイズ感で着用出来ます。

豊富な着こなしのバリエーション

豊富な着こなしのバリエーションを楽しめるのもこのコートの魅力です。このコートの持つボリューム感を一番活かせるのは前を閉じない着方でしょう。この場合、ベルトは内側に設置されたループに通してぶら下げておけば大丈夫です。

次は前を閉じた着方です。前を閉じて着ると防寒性もかなり上がります。ベルトをぐるりと一周させて留めるだけなので、中に着込む服のボリュームが変わってもベルトの締め具合を調整するだけで対応可能。

厚手のニットなどを合わせても快適に着用することができます。もちろん前を閉じて着用してもYラインを作るのには十分なボリューム感があるので、綺麗なシルエットは変わりません。

襟を立たせてチンストラップを留めることで更に防寒性を高めることも可能です。この着方をすればマフラーも必要ないでしょう。顔周りに布が来ることで小顔効果も期待出来ますし、見た目の印象も大きく変化させることが出来ます。

実用的な機能性と雰囲気

必要十分な機能性を備えていて実用的である点もこのコートを語る上で大事なポイントです。

ポケットは外側に4つと内側に2つ備えており、手ぶらでの外出も問題ありません。軽い撥水加工が施されているので少しぐらいの雨や雪なら気にせずに着用出来ます。

コットンとポリエステルからなる表地は丈夫な生地で、少しへたってきたぐらいのほうが味が出てよりかっこ良くなります。なので着用の際は神経質にならずにラフに扱うことが出来ます。裏地のネップ加工が施されたウール地によって保温性も抜群です。

ちなみに今回紹介したコートは9万8000円(+税)。決して安くはありませんが他のブランドには出せない雰囲気なので、十分納得していただける価格でしょう。

たかがコートではありますが、こだわり抜かれた素材と計算し尽くされたデザインから醸し出される雰囲気は独特の世界観を持ちます。それは一度袖を通せば誰もが必ず理解出来るもの。羽織るだけで様になり、一歩進んだ差別化が出来るタイロッケンコート。

是非、お試しください。

※執筆時点で完売

2017秋冬メンズおすすめアウターまとめはこちらから↓

【2018】メンズおすすめアウターを買って着てレビュー!【全33点】

2018.04.01
アイーダ

この記事を書いた人

アイーダ

171cm/68kg 靴のサイズ26.5cm 34歳

ファッションにおいては常に女性を引き立てる事を心掛ける。エレガントでありながらも色気を感じさせる着こなしが好み。