一度は買いたいCOMOLIのアイテム。ウールラミーチェックテーパードパンツ

洋服好きであれば誰しもが好きだけど高すぎて買えないブランドと言うものがあるでしょう。筆者にとってそれはCOMOLIであり、今年の秋、お金を貯めてひと思いにそのCOMOLIの洋服を買ってしまいました。今回はそのCOMOLIのセットアップのパンツをご紹介しようと思います。

COMOLIとは?

 

https://goo.gl/on4Qpx

COMOLIとは、2011年に小森啓二郎さんが始めた、まだまだ比較的若い日本のブランドです。リラックス感がありながらもどこか上品な服を得意としており、非常に勢いのある人気のブランドです。

https://goo.gl/cEXetc

価格帯は安いもので2万円から。高いものになると15万円にもなります。代表的なアイテムがCOMOLIシャツと呼ばれるシャツです。

ブランドが始まったころのまだタイトなシルエットが流行であった頃から提案され作り続けられているシャツは、初年度から1cmも寸法を変えず、素材も変えず作り続けられているものであり、毎シーズン発売即完売するCOMOLIのイメージを体現した代表的なアイテムです。

https://goo.gl/qTKxXe

そんなブランドのlookの中から、僕は一番気になったこのセットアップを今回買いました。今回はそのパンツ(税込4万1040円)に照準を当ててレビューしていきたいと思います。

細部はどうなってるの?

洋服の印象は先端によって大きく左右されます。このCOMOLIのパンツはゆったりしたサイズ感ながらヒザ下から裾にかけて緩やかに細くなっており、履いたときの印象が「ゆったりしているけどダボつかない」といった印象になります。

筆者は身長175cm体重65kgと言った体型ですが、サイズは1,2,3,とある中のサイズ1を選び、股下の長さは「普通に履いて、靴とぶつかって少しクッションが出る程度」となっています。

ただ、このパンツは股上が深く、腰をドローコードと言われる紐でくくって留める仕様なので、紐でくくる位置を上下させることで先端の位置を変えることができ、少し下で履けばサルエルパンツのように、上で履けば足首を見せてスッキリした印象にすることができます。

筆者の実寸で、裾幅17cm 股上32cm 股下63cm。裾幅17cmと言うのはかなり狭く、メリハリを付けてしっかりテーパード(ヒザ下から裾にかけて細くなっている形のこと)されていることがわかるでしょう。

テーパードをさらにスッキリとした印象にするために、ロールアップするという手もあります。足首は足の中でもっとも細い箇所であり、体の先端部分であるもっとも細い箇所である足首を出すことで、コーディネートをスッキリとした印象にすることができます。

少し裾が余ってダボッとした印象を出せるのがこのパンツのいいところですが、時にはだらしない印象となってしまうこともあるので、このロールアップするという技はこのパンツを履くにあたってよく使う技です。

商品名にある通り、このパンツはウールを60%とラミーという素材を40%使って作られています。ラミーとは、麻の一種で、繊維が太くガサガサしたのが特徴の繊維だそうです。

なので、この素材を使ったこのパンツは、ウール100%のスラックスのようなツルッとした生地感ではなく、少しガサつき、表面に毛羽立ちがあり、表情のある生地感になります。毛羽立ちがあるので履くと少しチクチクはするのですが、それでも肌触りがいいといえるでしょう。

柄はこのようなチェック柄となっています。店員とお話していて聞いたのですが、すごく特徴的に見えるこのチェックの柄、実はブラウンとグレーの二種類の糸しか使っていないそうです。

https://goo.gl/dGy3oH

チェック柄といえばこのような、多数の色を使ったチェック柄が一般的ですが、このように多数の色を使った服の問題点は、カジュアルによりすぎてしまうことです。(ドレスとカジュアルのバランスについて、詳しくはこちら。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

カジュアルによりすぎてしまうと、どうしても他の洋服でドレスに寄せないといけなくなるので、他のいろいろなことも意識してコーディネートしないといけない中でコーディネート全体としておしゃれに見せるには難しくなります。

その分このパンツはブラウンとグレーの二色の色からしかなっていないので合わせるのが簡単です。コーディネートは3色以内に抑えるとまとまりやすくなると言われているのですが、柄物と柄物を合わせるのは難しいとか、そんなことを意識して他のアイテムを無地でまとめてしまえば、簡単にまとまります。

あと、細かいことを言えば、トップスに裾周りに余裕のあるものを持ってきてOラインを作る、膝下まであるマキシ丈のコートを着てYラインを作る、などでしょうか。

ドローコードも同じ素材で作られています。主張が大きく、おとなしめに作っているとは言えやはりカジュアルに寄ってしまうこのチェックパンツにここで違う色のドローコードを持ってきてしまうと目立って更にカジュアルに寄ってしまうところですが、さすがCOMOLI。上品にまとめてくれています。

腰の横にあたるところに輪っかが2つついているのですが、これはハンガーでかけるための紐のようです。なるほど、調べてみたところ、ラミーという素材は皺になりやすいらしく、普通のズボンと同じように折ってハンガーにかけて保管してしまうと劣化が早くなるのでしょう。保管のことまで考えて作られているのですね。

水洗いはいけないらしく、アイロンがけもあて布使用。クリーニングはドライクリーニングで、と、手入れには手間がかかりそうです。風合いが面白い服なので、これを維持するようデリケートに扱わないといけないのでしょう。

ポケットは、右と左と後ろ一つ、あと右のポケットの中にもう一つ小さなポケットがあります。この小さなポケットには、鍵くらいしか入らなそうです。

ドローコードは、本体と同じガサガサした素材でできているからか、本体と引っ張りあって結構硬いです。デザイン服なので、機能性よりもかっこよさ重視なのでしょう。

ちゃんと前開きのチャックはあります。

コーディネート紹介

黒Tシャツをタックインし、その他のアイテムも黒でまとめたコーデです。少しフェミニンで可愛らしいコーデができます。

白シャツにも合います。店員に聞いたところ、赤も合うようで、筆者はユニクロのエクストラファインメリノクルーネックニットを買って合わせようかな、なんて思っています。

まとめ

あまり知られていないながら良質なデザインの服を提案しているCOMOLI、そのCOMOLIのテーパードパンツ、いかがでしたでしょうか。

普通に生活していく分には、少しオシャレでいたいというくらいならUNIQLOや無印良品の服を組み合わせれば十分です。しかし、たまには高いブランド服を買って、着て、ワクワクしながら生活してみませんか。

今回は、COMOLIというブランドを知っていただき、少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。もし「リラックス感があって」「どこか上品なところがある」服が好きなら、COMOLIのテーパードパンツ、検討してみてはいかがでしょうか。

takenoko

この記事を書いた人

takenoko

176cm/65kg 靴のサイズ29cm

リラックス感のある服装が好み。「普通にみえてどこかオシャレ」を目指している。最近の愛読雑誌はmen's FUDGE、CLUEL homme。