定番スニーカー「オールスター」は靴紐を変えるだけで生まれ変わる

​スニーカーといえばファッション好きなら誰もが持っているアイテムの一つ。コンバースのオールスター4860円(税込み)を一度は履いたことがあるのではないでしょうか。値段も手頃で老若男女問わず人気が高いアイテムです。

逆にいうとみんなが履いているので、そこは差別化をしたいところ。オールスターをそのまま履くのではなく、まったく違う印象のスニーカーにしてしまいましょう。おしゃれとは人との差別化から生まれます。数百円でコンバースを変身させる方法と共に、オールスターの歴史やメリット・デメリットをお伝えいたします。

実はオールターという商品名ではない

コンバースのオールスターには2種類あり、オールスターOXというローカットのものと、オールスターHIというハイカットのものがあります。

https://goo.gl/si2MJy

オールスターはバスケットボール専用シューズとしてNBAが誕生する約30年前の1917年にアメリカで誕生しました。最初はハイカットのみの発売で、1957年にローカットのものが販売されました。

発売当初のバスケットボールのスタープレイヤーであるチャックテイラーがオールスターに惚れ込み引退後も多くのプレイヤーにシューズを広めたり、改良のアドバイザーをしていました。そんな彼の偉大な功績を称えて、1946年からアンクルパッチに彼の名が記されるようになりました。

https://goo.gl/JDrsTu

現在でも公式ホームページでは、「オールスター」という名前ではなく「チャックテイラー」として販売されています。1960年代にはバスケットボールシューズ市場の8割以上を占めるほどの人気があり、その後1970年代にバスケットボールシューズとしての役目を終えると、ファッションシーンに広がり、現在全世界で累計販売個数が10億足とも言われております。

オールスターの特徴と簡単なケア方法

初期の頃から形や作り方の技術はほとんど変わっておらず、幅が細くソールが薄い革靴に近いスニーカーというのが最大の魅力です。白い糸のステッチや紐を通す穴にある銀色のシューホールがカジュアルな印象で、多くの学生が履いているため大人っぽい印象はないかもしれませんが、大人が履くのに最適なスニーカーなのです。

素材はトートバックでよく使用されているキャンバス素材を使用し、ソールの部分がゴムでできています。ソールとアッパーを接着させるバルカナイズ製法という方法でキャンバス素材とゴムをくっつけているため糸で縫うことをしていません。

バスケットボール専用シューズとして誕生したのだから強度が高いと思われるかもれませんが、実はあまり高くありません。購入してから2年ほど経ち、休日に使用するぐらいですが、歩くときに一番負荷がかかる親指の付け根あたりの部分のゴムがすでに割れています。

またキャンバス素材とゴムの剥離も見られます。4980円(税込)という格安なアイテムですので、コストパフォーマンスは高いのですが、2年程度で履き潰す覚悟で使用してください。

またソールが薄いというシルエットのメリットの反面、1日使用するには疲れるというデメリットがあります。ゴム素材ですべりにくいのですが、ずっと歩き回るような外出の際は使用を控えたほうがいいかもしれません。

オールスターのお手入れ方法はとても簡単で、ラバー部分は消しゴムで汚れを落とすことができます。実際に筆者のオールスターの汚れを落としてみました。

2年間お手入れをしていなかったため、つま先部分が結構汚れていますが、30秒ぐらい消しゴムをかけてみました。

さすがに傷は消えませんが、大体の汚れが取れて見違えるほど白くなりました。

比べてみると違いがよくわかります。あまり強くやりすぎるとゴムの部分が傷んでしまいますので注意が必要ですが、気になった時は消しゴムをかけることをおすすめします。その他詳しいお手入れ方法は公式ホームページで紹介されていますのでそちらをご参照ください。(公式ホームページ https://goo.gl/G5AAub

数百円でオシャレスニーカーに変身

シューズの中で印象を決めるのに大きな役割を担っているのが紐。紐には丸紐と平紐があり、丸紐は細くて革靴などのスーツ姿に似合う靴に多く、平紐は太くてスニーカーなどのカジュアルな服に似合う靴に多くあります。

この紐を変えるだけでシューズの印象は驚くほど変わります。それを利用して、みんなとちょっと違うオシャレなオールスターに変身させることができるのです。オールスターは平紐を使用していますので、それを丸紐に変えてみました。

こんなにも印象が変わります! 丸紐はスマートで子供っぽい印象がなくなりました。この120cmの丸紐はABCマートにて378円(税込)で購入しました。

https://goo.gl/h7eBzm

紐の長さの目安はスニーカーの穴が6~7個なら120cm、8個なら140cmですが、スニーカーの形によって変わりますので、今履いているスニーカーの紐を外して長さを測ってから購入されることをおすすめします。ぜひお試しください!

みんなが知っているスニーカーだからこそ差別化ができる

オールスターは、形や素材など様々なものが販売されていますが、スタンダードなオールスターOXはホワイト・レッド・ブラック・ネイビー・オプティカルホワイト・ブラックモノクロームが販売されています。今回紹介させていただいたブラックもいいのですが、ブラックモノクロームもおすすめです。

https://goo.gl/sk1WBQ

ソールからシューホールまでほとんどが黒で作られているので大人っぽい印象になるのと、ボトムスと靴下も黒にすれば、シューズとボトムスの境目が曖昧になり足を長く見せる効果もあります。サイズは、筆者が通常27.5cmの靴を履くので、オールスターも27.5cmの靴を購入しました。

ちょうどいいサイズなので、自分の通常通りの足の大きさのものを購入していただいてもいいですし、少し大きめのサイズでも紐を結べば大丈夫です。試し履きをしていただき自分に合うサイズを見つけてください。

靴紐を変えることはどんなスニーカーでもできますが、たくさんの人が知っているオールスターでやることで、「なんか知っているオールスターとちょっと違っておしゃれだな」と思ってもらえることができるのです。今のオールスターに飽きた方、もっとおしゃれになりたい方、ぜひ丸紐に交換してみてください。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー45選!【2018】

2018.10.09