コンバース「ジャックパーセル」を買うなら限定モデルのヒョウ柄がオススメ!

コンバースの定番モデルであるジャックパーセル。秋冬用の限定モデルとして、起毛素材のヒョウ柄アッパーが登場しました。下手に身につけてしまうと「悪趣味」「大阪のおばちゃん」になりかねないヒョウ柄。しかし、ジャックパーセルのスニーカーなら簡単にコーディネートに取り入れられます。

コンバースの定番スニーカー「ジャックパーセル」

コンバーススニーカーの中でもオールスターと並んで代表作と呼ばれるジャックパーセル。1935年にバドミントン選手のジャック・パーセル氏が開発に関わり作られたモデルです。定番モデルはシンプルですっきりとしたデザインです。では、この限定モデルはどうなのでしょうか?

ジャックパーセルといえば「スマイル」と「ヒゲ」と呼ばれるアッパーのデザインが特徴です。まず「スマイル」ですが、これはつま先に沿った黒いラインのこと。笑った口元のように見えることからそう呼ばれています。ジャックパーセルは女性からも大変人気のスニーカーです。その理由は「スマイル」をはじめとした、全体のデザインがかわいいからだと筆者は考えています。

かかと部分の「ヒゲ」。通常モデルでは水色になっているのに対して、このモデルは黒色です。ヒョウ柄のインパクトが強いため、それ以外の部分はなるべく目立たないようモノトーンでまとめられています。

アウトソールも通常モデルは水色ですが、当モデルは黒色です。真ん中に赤いロゴが入っているのは通常モデルと同様です。歩いているところを後ろから見ると、赤色がチラリと見えます。この限定モデルは、ジャックパーセルの良さは残しつつ、ヒョウ柄を生かすために極力シンプルに抑えているデザインといえるでしょう。

悪趣味にならないヒョウ柄

ヒョウ柄といえば、「大阪のおばちゃん」「派手」といったイメージが強いですね。その上、男性なら余計に抵抗があるのではないでしょうか。私も「ヒョウ柄って難易度高い!」と思っていました。しかし、このジャックパーセルを見て、ヒョウ柄デビューに挑戦することにしました。その理由は3つあります。

1つ目は、タッキートレンドの流行です。長い間、ノームコアトレンド(シンプルなデザインの服をかっこよく着る)が続いていましたが、それも終わりを迎えつつあり、次のトレンドへと移行しています。そのトレンドの1つが、タッキートレンドです。タッキーとは、悪趣味という意味です。派手な色や柄を使った着こなしが流行りつつあります。派手な柄といえば、まさにヒョウ柄がそうですね。

2つ目の理由は、面積の小さいスニーカーという点です。いくらトレンドだからといって、アウターやボトムスなど面積の多いアイテムに派手な柄を持ってきてしまうと、言葉通り「悪趣味」となりかねません。その点、スニーカーならば足元の小さな面積なので、柄が主張しすぎません。また、ワイドパンツなどの裾が足にかかるボトムスを合わせれば、更に面積を調節することができます。

最後の理由。この理由が一番の決め手となりました。それは、このジャックパーセルが「高級感を感じさせるスニーカー」だからです。このような派手な柄は、ただでさえカジュアル感が強いので、どうしても子供っぽい印象になってしまいます。

20代後半以上のメンズファッションでは、「大人の男」のイメージをいかに保てるかが重要です。「じゃあいい歳した男はヒョウ柄スニーカー履けないじゃないか!」と思いますよね。たしかに、ただのヒョウ柄スニーカーは難しいでしょう。しかし、子供っぽさを払拭してくれる要素があれば大丈夫です。その要素が、「高級感」なのです。

高級感の秘密は、ヒョウ柄部分の起毛感にあります。素材はポリエステルですが、起毛しているように加工することで、リアルな素材感を演出しています。また、この起毛が暖かみを感じさせます。

雨と雪には要注意

通常モデルもそうなのですが、雨の日は他のスニーカーに比べて滑りやすいです。特に、地面が凍っているような日は注意して歩かないと転んでしまうかもしれません。

また、他のコンバーススニーカー同様、このジャックパーセルにも側面に通気用の穴が開いています。ひどい雨や雪の日には、靴の中に水が入ってきてしまうおそれがあります。私は雨の日は着用を避けているので実際に経験したわけではないですが、悪天候の日は要注意です。

地味になりがちな秋冬コーデのアクセントに

寒い時期になると、どうしてもコーディネートが地味になってしまいますよね。自分のワードローブを見てみてください。ダークトーンのコートばかりではありませんか? そんな地味になりがちな秋冬のコーディネートに、派手なスニーカーを加えるだけで一気に脱地味化がはかれます。

値段は、通常モデルより2000円高い8000円(+税)です。この2000円の差を高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですが、個人的には断然安いと感じました。通常モデルのかわいさを残しつつ、それでいて高級感があります。そんなヒョウ柄スニーカーは、この価格ではまずないでしょう。

インソールも1.5cmと分厚く、長時間歩いても疲れにくいです。長い間愛されている定番モデルの機能を踏襲しているので安心です。

筆者は普段スニーカーのサイズは28cmがジャストです。このジャックパーセル限定モデルも28cmでピッタリだったので、普段のサイズを参考にすれば間違いないでしょう。ヒョウ柄に対して抵抗があり、今まで一歩踏み出せなかった方にぜひとも試していただきたい商品です。

見てないようで見てる

この記事を書いた人

見てないようで見てる

身長176cm 体重64kg 靴28cm

いろんなことに影響を受けやすい浮気症。そのためファッションの好みもコロコロ変わります。見た目も中身もかっこよくありたい30歳。