コンバースのワンスターは高くても品質の良い日本製を買うべき

ファッションのトレンドが、究極のシンプルを目指したノームコアから、少しだけ装飾性を足していくトレンドに流れています。 これまではシンプルな格好にアディダスのスタンスミスのようなスニーカーを合わせることでオシャレが作れましたが、これからは何かをプラスしたい。

そんな時に、大きな星が目立つ、コンバースのワンスターはいかがでしょうか。

コンバースのワンスターとは

コンバースのワンスターは、1974年にNBAなどのプロ向けに開発されたバスケットボールシューズです。コンバースといえばオールスター(チャックテイラー)が有名ですが、1960年代後半からはプロユースのスポーツシューズには、機能性も求められるようになってきたため、キャンバス素材ではなく耐久性の高いアッパーが求められました。

コンバースのワンスターは、NBAの試合など、タフな使用にしっかりと耐えられる牛革のレザーを使用しています。

シンプルなデザインの中にある大きな星のマークで差別化ができる!

コンバースのワンスターをオススメする理由の1つが、大きく目立つ星のマークです。

最初に少し書きましたが、ファッションのトレンドを大きく捉えると、これからは究極のシンプルがオシャレになるノームコアからの脱却がメインの流れになります。

簡単に言えば、ノームコアのスタイルに、どこかワンポイントでも差別化できる装飾がつけば、それだけで大きな差別化になる訳です。


https://goo.gl/hKr8Mf

アディダスのスタンスミスなどはシンプルなスニーカーの典型例です。これに対してコンバースのワンスターは星のマークが靴のサイドに大きく目立ちます。

トップスやボトムスはシンプルな物を着用して、靴に装飾がある物を追加して差別化を行いたい時に、ワンスターの大きな星がしっかり役目を果たしてくれる訳です。

去年のコーディネートにワンスターを履くだけで、これからのトレンドっぽいスタイルができるって、かなり楽ちんですよね。

高品質な作りだからこそ子供っぽくならない!

実はワンスターは、日本製のモデル(税込2万1600円)と、アジア製の少し安いモデル(税込1万4040円)の二種類が販売されています。どちらを買うべきなのでしょうか。

個人的には少し値段は張ってしまうのですが、日本製のワンスターをオススメします。

日本製のワンスターをオススメする理由は、なんと言っても品質の高さです。アッパーに使われるレザーのクオリティが非常に高いのが、日本製ワンスターの特徴です。上品なレザーを使って作られるワンスターの歴史は、初めて製造された1970年代当時まで遡ります。

当時のコンバースは、ワンスターに使用する素材を厳選して採用していました。実は、バスケットの動きに耐えられるように、品質の素材を選んで製造していたことが原因で、NBAの選手が求める需要に製造が間に合わず、ワンスターは数年で生産が終了してしまったという歴史があります。

スニーカーファンは、ワンスターを「幻の1つ星」と呼んでいたそうです。現在のワンスターは、当時の高品質で作られたワンスターを意識しながら、日本規格で改めて再規格された物になります。

もちろん長く靴を履く上で、質の高い作りというものも重要なのですが、オススメする理由はそこではありません。大きな星がインパクトになり、確かに他と差別化できる要素になるのですが、子供っぽく見えやすくなるのがデザイン上の心配要素であると考える方もいると思います。

そこで日本製の高級なアッパーレザーが必要になるのです。使用されているアッパーが、適度ななめらか感と光沢感を兼ね備えたスムースレザーであるため、並のスニーカーと比較しても圧倒的にドレスライクに見えます。
※ドレスとは? → https://goo.gl/s4ehPz

アッパーに圧倒的に高品質なレザーを持ってきている日本製だからこそ、大きな星のマークが入っても子供っぽく見えないのです。実際に、アジア製のワンスターと比べる機会があれば、現物を見ていただきたいのですが、素材の違いだけで人から見える印象はだいぶ変わることが分かると思います。

ちなみに現在のワンスターも「バルカナイズ製法」という昔ながらの製法でアッパーとソールを圧着させており、耐久性も健在です。

ローテクでシンプルなデザインが合わせやすい

基本的なデザインは、ローテクスニーカーなのでとてもシンプルで合わせやすいものになっています。スタンスミスなどのテニスシューズからきているデザインに比べると、少しだけソールが厚めなのですが、ほとんど気にならない程度です。

甲はそこまで高くなく、スッキリとしています。

もちろん、幅自体も細身で作られているので、変に足が大きく見えることもありません。合わせやすい靴は基本的に、ビジネスシューズのような特徴をしているので、ワンスターはそこをしっかりとクリアしていると言って良いでしょう。

サイズ感と合わせ方

まずサイズ感なのですが、よく通販サイトで作りが小さめと表記があるものがあるのですが、個人的にはむしろ大きめに感じます。私はコンバースのオールスターが25.5cm(ニューバランス、ナイキで25.5cm、革靴で24.5cm)でジャストサイズなのですが、ワンスターの場合は25.5cmだと少しゆるいような感覚があります。

実はここが少し難しいところで、オールスターのようなキャンバス素材は、ある程度足にフィットしてしまうところがあるのに対して、ワンスターのレザーは少し厚く、フィッティングが難しいところがあります。

私は足の甲が少し高いため、ワンスターは25.5cmを一応履いているのですが、25cmでも良かったと少し後悔しているくらいです。

まず革を使用しているため、少し伸びてくるというところ、また靴は履いているうちにインソールが沈んでくるので、甲にも履くだけ余裕が出てきます。

一年弱履いているのですが、ぴったりとしたサイズ感で履きたい方は、いつもよりワンサイズ下げて履いていただいても問題ないように感じます。

着こなしとしては、ワンスターを差し色のようなイメージで合わせてあげると綺麗にマッチします。


https://goo.gl/c2RmjP

イメージとしては、ここにワンスターを合わせてあげるようなイメージですね。冬はどうしても暗い色を多く使用してしまうため、足元だけでも白を使ってあげると、暗い印象を脱却できます。

さらに大きな星が、ノームコアからの脱却という今年っぽいトレンドもしっかり反映させてくれます。

高級感ある素材の中に、しっかりと目立つ大きな星が印象のワンスターは、ノームコアからの脱却に大活躍してくれるスニーカーです。高品質なレザーを使用しているからこそ、コーディネートがワンランク上品になること間違いなしです!!

すだちゃん

この記事を書いた人

すだちゃん

身長162cm 体重52kg 靴24.5~26.0cm

ブリティッシュオールドスタイルから最新のデザイナーズブランドまで、とにかくいろいろな服が好き。特に靴が大好物で、気づいたら部屋が靴箱で埋まっていた大学4年生、23歳。憧れはバナナマン。