ダナーのローカットブーツは5年以上履いてもまだまだ現役!

Danner(ダナー)は1932年創業のアメリカのブランド。世界で初めてゴアテックス素材をブーツに使用したことでも有名。なかでも今回紹介するのはDannerのなかでも定番の9ホールのローカットブーツHOOD RIVER(フッドリバー)です。

値段と使用期間について

Dannerの靴はレザーを使用していることもあり、商品が多く値段もちょっと高く手を出しにくいのですが、とにかく長持ちなので、経年劣化するスニーカーなどのゴムを使用した製品と比較しても費用対効果はとても高いです。こちらの靴は税込2万5920円です。

筆者がこの靴を購入したのは5年ほど前のことになります。土日だけではありますが割と履きこんだソールがこちらの画像。

汚くて申し訳ないのですが、5年間履き続けた今でもまだまだソールがちゃんと残っています。流石ビブラム社のクリスティーソールです。

履き心地について

御覧の通り履き口が大きく、そのため緩めに紐を結んでおけば脱ぎ履きに紐をほどいて結んでといった煩わしい動作をしなくても脱ぎ履き出来てしまいます。

そんな雑な履き方をしたとしてもこのフッドリバーは快適なフィット感なのでびっくりします。レザーのシューズには靴ずれが付き物というイメージがありますが、かかとの一番靴ずれし易い部分に分厚いクッションがあるため靴ずれしにくい仕様になっているのです。

筆者はこの靴で靴ずれをしたことがありません。そういう意味ではブーツよりもスニーカーに近いかもしれません。この靴を履いて結構な距離を歩いてもそこまで疲れないので下手なスニーカーを履くよりもウォーキングに適していると言えます。

素材とサイズについて

フッドリバーのレザー部分は本革の中でも贅沢なフルグレインレザーを使用しています。そのため、中には生きていた時に付いたと思われる傷がついているものもありますがそれも本革の味だと思います。

ソール部分は先述したビブラム社のクリスティーソールを使用しています。そのためソールが厚く硬く頑丈です。

ソールが硬く厚いこと、素材がレザーということもありシューズ自体の重さは割とずっしりとしているのですが、履いてしまえばそこまで重いと感じることはないです。むしろ、歩きやすい適度な重さなのではないかと筆者は思っています。

サイズについてですが、筆者は24.5cmですが、フッドリバーではジャストサイズの6Hを履いています。ジャストサイズで履いてまったく問題ないためジャストサイズをおすすめ致します。

以前はダナー直営店があったのですが、現在はABCMARTに買収されてしまっているためABCMARTの店頭や通販で入手しましょう。メーカー希望小売価格は税込2万5920円です。

ソールの交換などをしたい場合はABCMARTの店頭でお願いすることができます。

おすすめブーツまとめはこちらから↓

【10選】メンズのおすすめブーツを購入してレビュー!【2018】

2018.04.05
まーしー

この記事を書いた人

まーしー

身長165cm 体重65kg 靴24.5〜25.0cm

人と被るのが嫌で、どこかしらで個性を出したい。土日しか私服が着れない28歳、東京生まれ東京育ち東京在住。