ディテールズのレザーサンダルはコスパ抜群の大人のサンダル!

夏の暑い時期に最適なサンダルですが、カジュアルで野暮ったいサンダルが多いのも事実。せっかくのオシャレも台無しになってしまいます。「オシャレは足元から」とはよく言ったもので、シューズの印象はとても重要。そこで、DETAILSのneoレザーサンダルを紹介します。

合皮ではあるものの、カジュアルな印象はなく、大人っぽい落ち着いた雰囲気のあるサンダルです。デザイン、シルエット、素材・カラーの三つの観点からレビューしていきましょう。

大人っぽい落ち着きのあるシンプルデザイン

 

踵にベルトがなく、つっかけるだけのデザインで無駄のないシンプルなデザインです。サンダルにもいくつか種類がありますが、レディースのミュールのつま先部分をカットして、メンズ向けに踵を低くした形状になっています。実際に測ってみると、踵の高さはつま先部分よりも1.5㎝高くなっていました。

画像をご覧いただいた通り、シンプル過ぎるほどですが、それゆえにどんな洋服にも合わせやすいサンダルといっていいでしょう。もちろん、DETAILSのブランドロゴは入っていますが、サンダルを履いている状態だと見えない部分にあります。筆者は先ずこのシンプルなデザインに引かれてブラックを購入しました。

足の甲にぴったりフィットする細身のシルエット 

メンズのサンダルと言えば丸みのあるポテッとしたシャワーサンダルのようなシルエットをイメージするかたもいらっしゃるかもしれませんが、着用してみるとご覧のとおり細身のデザインになっています。つっかけサンダルであっても、すっきりしていて、大人っぽい印象があります。

また、細身と言っても、締め付けがキツイということは全然ありません。足の甲にフィットする作りになっています。しっかりフィットするので、つっかけるだけのサンダルですが、わりと歩きやすいです。

筆者は実際にこのサンダルを履いてみて、そのシルエットの美しさにとても感動しました。足を通していない状態だと、そこまで細身な印象はありませんが、実際に足をいれてみると、足の甲にしっかりフィットするので、とても細身に見えるのです。筆者はこのシルエットが気に入って、さらにネイビーカラーを買い足しました。

低価格を実現した素材、落ち着いたカラー展開

素材は合成皮革なので水に濡れても面倒な手入れは不要です。筆者は横着なので、素材が合成皮革というところにも引かれて購入しました。

ソール部分は合成底です。合成底とは合成ゴムや合成樹脂でできていて、加工が容易でコストを抑えられる上に、耐磨耗性、耐水性に優れています。正直に言うと耐久性は低いです。2日間使用したのですが、踵がボロボロになってしまいました。舗装されたところを歩くには問題ないのですが、小石などを踏むとけっこうソールが傷んでしまうのです。

そこで、筆者はラバーソールを貼ることにしました。実験も兼ねて踵とつま先部分にも貼りましたが、そんなに高いものではないので、ワンシーズンで履きつぶすくらいの気持ちなら、踵に貼るだけで十分だと思います。

カラー展開はブラック、ブラウン、ネイビーの3種類。筆者のお勧めするカラーはブラックです。夏の暑い時期、ショートパンツやTシャツなどカジュアル要素の強い服装になりがちなので、足元を細身の黒サンダルにすることで大人っぽい印象になります。また、ブラックの方がネイビーよりも比較的フェイクレザー感が目立ちません。

デザイン性のあるオシャレサンダルですが、合成皮革と合成底でできているので、価格はとても低く抑えられていて、7668円(税込)です。是非、今年の夏はオシャレなつっかけ、DETAILSのneoレザーサンダルを試して頂きたいです。