アンルートのネオンカラーのビッグロゴTシャツは3シーズン使えてコスパ高し!

シンプルが良しとされたノームコアの反動で、装飾性を表現できるネオンカラーがトレンドです。とはいえ、蛍光色は目立つし、抵抗があるという方も多いと思います。実は筆者もその一人。しかし、「これなら取り入れられそう!」というTシャツを発見したので、ご紹介します。

デザイン

Tシャツの真ん中に、ブランドのロゴマークが印字されています。このロゴマークが聞き慣れない英語、繊細そうな細字、横から見たような配置で、「おしゃれ着としてのデザインなんだな」と思わせる説得力があります。細字のため、ネオンカラーでも悪目立ちせず、コーディネートに取り入れやすくなっています。また、中心にあるため、コートやジャケットを着た状態でもこの部分が見せる着こなしが可能で、冬以外の長い期間、着用できるのが嬉しいポイントです。

ネオンカラー部は、プリントしてある

黒ジャケットにこのTシャツと、黒無地Tシャツを合わせたものを見比べてみると、印象の違いがわかりやすいと思います。

比較画像

ちなみに、裏面にもロゴマークがあるので、1枚で着た後ろ姿も地味になりません。

サイズとシルエット

サイズは0~3の4種類あります。公式サイトから着丈、肩幅、身幅、袖丈の順に、0が62.5cm、43.5cm、19.5cm、20.5cm。1が65.5cm、45.0cm、49.5cm、20.5cm。2が68.5cm、47.0cm、53.0cm、21.5cm。3が72.0cm、49.5cm、56.5cm、23.0cm。肩幅、身幅ともにややゆったりで、リラックスシルエットになっています。

175cm、65kgの筆者は、ジャストサイズのジャケットと合わせたかったので、1を選びました。着ている感覚は、ユニクロのアイテムにもよりますが、MサイズTシャツよりちょっと小さいようなサイズ感です。若干ストレッチが効きますが、タイトすぎると着るのが困難になると思います。

素材

公式サイトから、ランニングTシャツとして作られているようです。確かにスポーツTシャツのような素材の光沢があり、素材はポリエステル100%。裏地はメッシュで通気性が良く、洗濯後すぐに乾きました。

裏地はメッシュ

洗濯の際、ネットにいれて通常モードで行ったところ、特に縮むこともありませんでした。

色展開

色はブラック、グレー、オリーブの3種類展開。ロゴマークの色はブラックが黄色、グレーがオレンジ、オリーブが白と、いずれもベース色に対して目立つ色になっています。ネオンカラーを取り入れたい方は、ブラックかグレーが良いでしょう。

 

ブラック

グレー

オリーブ

https://bit.ly/2FFCMvF

まとめ

この原稿を書いている、1月日時点で、すでにサイズ欠けが発生しているので、気になる方は早めにチェックした方がいいと思います。価格は4320円(税込)。これからの季節に使えて、ネオンカラーを取り入れやすいこのTシャツ、おすすめです。

メンズカットソーまとめはこちらから↓

【2019】無地から袖ボーダーまで。メンズのカットソーおすすめ40点をレビュー! 

2019.01.31