店舗は消滅もブランドは継続!アンルートのワイドテーパードスラックスをレビュー

今回のレビュー商品はアンルート(EN ROUTE)のウールフラノ2Pタックパンツ、1万6000円(+税)です。残念ながらアンルートは2018年1月で店舗は閉店となりました。閉店前なので記念購入というわけではなく、二子玉川店にて一目ぼれでした。

最大の特徴はフランネル素材で暖かく、腰回りがゆったりしていてストレス無く履けるにもかかわらず、シルエットが抜群に綺麗なことです。

とにかくシルエットが美しい

シルエットの美しさは、画像では伝わりにくいのですが、実際に着用してみると履いた瞬間にわかります。


http://img5.zozo.jp/goodsimages/164/26048164/26048164_8_D_500.jpg

腰まわりはゆったり、そして裾にかけて細くなっていく、いわゆるワイドテーパードシルエットのスラックスです。徐々にワイドパンツが流行ってきていますが、やはり抵抗がある方も多いでしょう。ワイドテーパードシルエットであれば違和感なく履けます。

また、冬場はロングコートを羽織る機会も多いです。ロングコートにワイドパンツを合わせると、シルエットが上下ともにルーズになってしまうので着こなしは難しくなります。しかし、先端が細ければシルエットは整って見えるので、ワイドパンツほどコーディネートが難しくなることもありません。

このスラックスは、サイズ2では裾幅17cmと細めに作られています。私は普段、裾幅は16cmぐらいまで詰めることでシルエットが綺麗になるようにしています。しかし、このスラックスはそこまで詰めなくてもバランスよく見えます。腰まわりがゆったりしているぶん、対比で裾も細く見えるからです。


http://imgc.zozo.jp/goodsimages/26048164/26048164_B_17.jpg?w=1440&h=1728

ゆったりと楽な履き心地

「シルエットがいいってことは細身体型じゃないと履けないんじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。腰回りがゆったりしているので、他のスラックスよりも履き心地はよく、ストレスなく履くことができます。

その理由は、ウエストの後ろ側にゴムが入っていて、幅広い体型に対応しているからです。サイズ2だと、ウエストは73.5~85.5cmまで履けます。(※サイズ1:70~82cm、サイズ3:77~89cm)。体型が崩れがちな冬でも安心して履くことができますね。

ウエストにたっぷりとゆとりを持っているので、タックが2本入っています。このタックのおかげで強烈なテーパードにもかかわらずシルエットが崩れません。

また、タックが入っていることによりセンタープレスも目立つようになっていて、かなりドレス感が強くなっています。
※ドレス感とは? http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

トレンド感のある9分丈

このスラックス、光沢があってセンタープレスも入っているため、一歩間違えばビジネス用と捉えられかねないように思えますが、丈の長さを短めに設定することでビジネス用には見えません。

2017年は9分丈のアンクルカットパンツが流行して、街でもくるぶしぐらいまでのパンツを履いている人をよく見かけました。ユニクロも「くるぶし出していきましょう」と宣伝していました。

この9分丈の中途半端な長さのメリットは2つあります。1つはシルエットが綺麗に見えること。9分丈なので、裾が靴にかかりません。靴にかかるとシルエットが崩れてしまいますが、靴につかない丈にすることでクッションがでずにスタイリッシュに見せることができます。

そしてもう1つは、靴下です。普通の丈ではほぼ靴下が見えませんが、9分丈なら靴下を見せることができます。靴下にもこだわると、とてもかっこいい着こなしが完成します。

イメージとしてはこんな感じ。これにスニーカーなどを履くと靴下がギリギリ見えるか見えないかぐらいになります。歩いたとき、椅子に座ったときに靴下をチラリと見せることができます。

秋冬らしい暖かみのある素材感

表側の生地はウール76%、ナイロン23%、ポリエステル1%となっています。フランネルウールで厚みもあるので冬でも暖かいです。

表はウールですが、裏地はキュプラ素材になっています。

こちらはスラックスを裏返した状態です。膝の辺りまでキュプラになっているので履き心地がいいです。

後ろ側はこのようになっています。太ももから下はキュプラではなく、ウールのままです。そのため、座っていると太もものあたりがほんの少しだけチクチクします。

ただし、立っているときや歩いているときはチクチクしません。気になる人は、試着時にしゃがんでみて感触を確かめてみることをオススメします。

ウール素材のため、ほこりや毛がつきやすいことが難点です。ウールなのでしょうがないことですが、ブラッシングは必須です。ちょっと猫と遊んでいたら、いつのまにか毛だらけに……なんてこともありました。

履きやすく、それでいてシルエットも美しいスラックスは市場を探してもなかなかありません。このアンルートのスラックスは、そのバランスが非常に優れています。それでいて価格は2万円を切る1万6000円(+税)です。

残念ながら店舗販売は2018年1月をもって終了となってしまいましたが、メンズはオンラインストアで引き続き販売されるそうです。在庫があれば是非とも一度、返品覚悟で購入してみてください。シルエットの美しさを体感できることでしょう。

メンズおすすめスラックスまとめはこちらから↓

【2018】おすすめスラックス18選!ユニクロからハイブランドまで網羅!【メンズ】

2018.04.23
見てないようで見てる

この記事を書いた人

見てないようで見てる

身長176cm 体重64kg 靴28cm

いろんなことに影響を受けやすい浮気症。そのためファッションの好みもコロコロ変わります。見た目も中身もかっこよくありたい30歳。