ポストFear of God!EPTMのMA-1ジャケットをレビュー

近年ストリートファッションが大きな盛り上がりを見せています。その中でもラグジュアリーストリート(luxury street)と呼ばれるスタイルが、最もエッジーなファッションとして人気です。

今回はこのラグジュアリーストリートの流れを汲むブランド、EPTM(エピトミ)のMA-1ジャケットのご紹介です。

ストリートを席巻するラグジュアリーストリート

ここ数年の間に爆発的な広がりを見せた流行がラグジュアリーストリート(luxury street)と呼ばれるスタイルです。

カニエ・ウェスト/Kanye Westをはじめとするファッション界に大きな影響を与える人物達が広めたストリートファッションの形で、その名の通り「ラグジュアリー」と「ストリート」という一見相反するかのような2つのジャンルを掛け合わせたスタイルです。

ラグジュアリーなハイブランドにスポーツ系ブランドのアイテムを着こなしに取り入れストリートの感覚を組みます。コーディネイトのバランスは代表的なサンプルでいうと、オーバーサイズのアウターにインナーのトップスを裾でレイヤードして抜け感を演出、そしてボトムスはスキニーパンツに足元はスニーカーといった感じです。

ラグジュアリーブランドとしては「ジバンシー/GIVENCHY」「ヴェトモン/VETEMENTS」、「オフホワイト/OFF-WHITE」、「フィアオブゴッド/Fear of God」、「リックオウエンス/Rick Owens」、「シュプリーム/SUPREME」などが上げられます。

ラグジュアリーストリートの流れを汲むブランド、EPTM(エピトミ)

ただ、どんなにカッコいいとはいえ、そこはさすがにハイブランド。誰もがそうそう手を出せる価格帯ではありません。

そんななか頭角を現してきたのが、このEPTM(エピトミ)です。

2014年にカリフォルニア、ロサンゼルスのダウンタウンで誕生したメンズストリートブランドであるEPTM。

”HIGH GRADE CRAFTSMANSHIP ON YOUR EVERYDAY BASICS=高品質の職人技をあなたの普段のベーシックスタイルに ”をテーマに、素材やデザインにこだわりつつも、比較的リーズナブルな価格設定。

流行りのレイヤードスタイルやシルエットを上手く取り入れており、ハイブランドであるFear of Godなどを彷彿とさせるアイテム展開で、ラグジュアリーストリートとの親和性の高さから人気を博しています。

現在人気の輪は広がり、最近は日本でもEPTMのアイテムを着用されている方をちらほら見るようになってきました。

MA-1 Lightweight Bomber Jacket

そして今回このEPTMから紹介するアイテムは、ライトウェイトMA-1ジャケットです。

MA-1自体がここ数年おおきな流行の中心となったアイテムですが、ことストリート系ファッションにおいても欠かせないものとなっています。

一枚羽織るだけでサマになるのですからMA-1は重宝しますよね。(コーディネイトのバランスは考えないと、ただのオジサンになってしまいますが…。)

様々なブランドから多くのMA-1ジャケットが発売されていますが、EPTMももれなく毎シーズン、絶妙なブラッシュアップをした上でアイテムを世に送り出しています。

このMA-1ジャケットは今期のアイテムで、米国で購入した価格は$55でした。

サイズはS~XXLまで展開しており、選んだのはMサイズ。実際のサイズ感は測ってみたところ下記の通りです。

肩幅47cm、身幅59cm、身丈69cm、袖丈64cm

アメリカのブランドではありますが日本人にも着用感のしっくりくる、感覚の近いサイジングとなっています。

the perfect example=完璧な一つの例。タグにも商品への自信が溢れています。素材はナイロン(Polyeter100%)。しっとりとした品のある素材感です。

ナイロン素材というのは素人目でみても、アタリハズレが感覚的に分かるものが多いですよね?

必要以上に光沢があるせいでテカテカし過ぎた素材、またはペラペラで型崩れしてチープに感じてしまう素材。すぐにシワが目立つモノなど…。

意外と注意が必要ですが、このジャケットはまったく問題なし。滑らかで、適度な光沢感の、上品な雰囲気を持っています。

高級感のある生地です。ファスナーもチープさを感じさせないシッカリとした作り。

ボディカラーは、くすみがかったサーモンピンク。ここ最近の、人気のある淡い色使いのカラーリングがオシャレです。ピンク色なので一見着こなすのが難しいように感じるかもしれませんが、派手に見えないスモーキーな色彩の生地を採用し、なおかつ前述したように光沢を適度に抑えたシットリとした素材感なので意外と着こなしやすい表情となっています。

近年のファッションの流れで、クローゼットの中はシンプルでブラックやホワイトのモノトーンアイテムが多いよ!って方には、気軽に差し色としてコーディネイトへ変化をつけられるのでオススメです。

表生地、裏生地ともに落ち着いたピンクカラー

生地の厚さはライトウェイトのジャケットというだけあって薄めです。個人的には一年を通して長く着用できるのがうれしい。着用期間が長く、そして使い勝手がいいのは結果的にコスパの良さにもつながります。

MA-1ジャケットの特徴の一つ、腕のユーティリティポケットも完備。

このジャケットの一番の特徴としては、腕のシャーリングにあります。

両袖にシャーリング(ギャザー=布地を縫い縮めて寄せたひだ)を施してあります。これにより着用時に腕のシルエットに対し適度なボリュームと変化をもたらしくれます。

まとめ

以上、今回紹介したMA-1ジャケットは総合的なバランスとして、高評価を付けられる良品です!

ライトアウターをお探しの方がいたらおススメできるジャケットです。残念ながら、現在まだ日本国内ではEPTMの公式直営店や公式通販サイトなどはありません。商品を手に入れる方法は海外からの並行輸入か、もしくは国内で取り扱いのあるショップを探してからの入手しか方法が無い状況です。

少しハードルは高いかもしれませんが、良品を展開しているブランドです。ストリートファッションに興味がある方はぜひ一度チェックしてみてください。

南風

この記事を書いた人

南風

身長173㎝ 体重69kg 靴27㎝

南国生まれ南国育ち。コスパ良く最短でオシャレを!をモットーに日々邁進中。