ギラギラしたアクセサリーが苦手な人にオススメなGARNIのゴムブレスレット

今日はGARNIゴムブレスレットを紹介します。このゴムブレスレット、5つも長所があるのです!

①シルバーアクセサリーのようにギラギラしていない
②ほどよく主張して脱地味になる
③価格が安い
④ゴムが交換できるから経済的
⑤ヘアゴムとしても使えるので、いざという時に女の子にプレゼントできる

どうでしようか?では順番に見ていきましょう!

ブランド名:GARNI
商品名:Cylinder Hair Elastic(2本セット)
価格:4000円(+税)

そもそもGARNIとは?GARNIアクセサリーに対する考え方って?

GARNIは、設立当初より、一貫して【手で作ること】というテーマでアクセサリーを作っています。手でつくったものだから暖かさがある、その温度を大切に毎シーズン変えることなく向き合っているブランドです。

【Garnish(料理の付け合わせ、飾り)】という言葉が由来となっており、身に着けた方の洋服や個性を引きたたせる名脇役でありたいというブランドの想いがこもっています。

シルバーのハードな商品から赤ちゃんのスタイ(よだれかけ)や、家具まで幅広く扱っているところも、ブランドのコンセプトに沿っていますね。

シルバーアクセサリーのようにギラギラしていない

この商品は、ヘアゴムに、ゴールドメッキ、シルバーメッキが施された真鍮が付属しています。こちらは基本がヘアゴムのため、シルバーアクセサリーを使いな慣れていない人にもうってつけです。このくらいだと簡単に取り入れやすいですからね。

ほどよく主張して脱地味になる

こちらはシルバーとゴールドの2個セットになっています。色違いで重ね着けすることで程よい主張を出すことが可能になります。またシンプルで無駄のない洗練されたデザイン、でもエッジが効いているという絶妙な塩梅です。シンプルすぎることもありません。

安いうえに経済的

例えの話ではありますが、クロムハーツのブレスレットはウン万円ということを考えると、4000円は安い。確かにヘアゴムとして考えると安くはないですが……差別化を図るための投資としては妥当なお値段ではないでしょうか。

実はこのアクセ、ゴム部分が交換できることが大きな特徴です。このスリットからゴムを引っ張りながら……ゴムを引き抜きます。

真鍮パーツが外れます。そして新しいゴムにつけかえます。

全く別の印象になりますね。気持ちも新たに、服の色にも合わせることができますし、汗をかく夏場でも気にせず使うことができます。交換したら良いだけですし!

いざという時に女の子にプレゼントできる!

やはり紳士たるもの、女性を連れた時の想定は完璧にしておかねばなりません。いざ、女の子と素敵な夜に髪を縛るためのヘアゴムがない!という時に、このアクセサリーをさっと差し出しましょう。

あなたの評価がうなぎ昇りになること間違いなし。真鍮パーツを外せば完全なヘアゴムですしね。

実はこのゴムブレスレット、こんな素敵なケースに入っているんです! ちょっと大きさを比較してみました。

ミンティアのサイズがこれくらいなので、だいたいのサイズ感をわかっていただけるかと。これ、ちょうどアクセサリーを持ち運ぶのにもちょうど良いサイズなんですよね。しかもちゃんとレザー製です。

ヘアブレスレットですが、元々の付属のヘアゴムは、手首が太い男性は、少しきついかと思われます。ただし、ゴムが交換できますから全く問題ありません!女性のアクセサリー屋で売っている100円くらいのヘアゴムを流用できるのです!手首が太い人は、少し大きいヘアゴムにつけかえればいいでしょう。

サイズが自由に調整できるところは魅力です。あとは自分の好きな色に変えることで、簡単に、自分の服の色にあわせたアクセになるところも素敵なところですね。

これから手首が隠れる時期になっていきますが、手首という細かいところまで気をつかうことはとても大切なことです!こういった所が、オシャレの差別化につながります!

ゲス野きわ美

この記事を書いた人

ゲス野きわ美

身長181㎝ 体重65kg 靴28.5㎝

京都生まれ京都育ちの32歳。洋服屋の祖父母、衣装持ちの母親に育てられ、幼少の頃から服を嗜むこととなる。ちなみに、親父は激しくダサい。趣味は着倒れ。特技は顔のデカさを誤魔化すスタイリング。