服ログ2018春夏アイテム「ジャーマントレーナー」の詳細を公開!

通常のファッションブランドでは考えられないコストカットを実現したことで、圧倒的なコスパを誇る『服ログ』のオリジナルブランド「Re:」(アールイー)。数分で完売してしまった第一弾のレザークラッチバッグ、第二弾のソックスに続いて、2018年春夏の4アイテムがついに完成しました。

サングラス、ジャーマントレーナー、ワッフルタンクトップ、ワッフルカットソーと、今回も「市場にないものを上質かつ格安でつくる」というコンセプトを具現化。商品コンセプトの着想からプロダクト製作にいたるまで試行錯誤を重ね、サンプルが完成した際にはスタッフ一同が歓声を挙げ自画自賛しあった納得のアイテムをご紹介いたします。

2018年春夏のメインアイテムとして開発したのはジャーマントレーナーです。ジャーマントレーナーはその名のとおり、西ドイツ軍(当時)の軍用シューズ。マルジェラのレプリカモデルによって注目され、以降はさまざまなブランドからもリリースされています。我々が目指したのは、「細く薄く美しいスニーカー」。スニーカーでありながらあくまでもドレスライクに履きたい。そんなわがままが詰まった一足になりました。

ホワイトスニ―カーはジャーマントレーナー以外にもさまざまな完成形や定番モデルが存在します。長い時間の変遷のなかで磨かれ蓄積されてきたデザインや意匠の塊です。なぜ我々はジャーマントレーナーを選んだのか? それは、原型が革靴のデザインに近いからです。

スニーカーを思い浮かべてもらうとわかりやすいのでが、スニーカーにはスニーカー然とした佇まいがあります。それはそれで美しく意味のあるものですが、ドレスライクに履くという意図には沿わないものです。しかし、ジャーマントレーナーのフォルムは革靴に近く、アッパーなどの切り替えデザインを省略してしまえば内羽根式のドレスシューズのようなフォルムになります。つまりドレスライクに履くための素養が備わっているのです。

そこで、コンセプトを忠実に反映するために従来のジャーマントレーナーをさらに細く薄くつくりました。装飾を削ぎ落し、ミリタリーシューズの剛健なイメージをよりシャープに、機能美以上の美しさを顕在化させたつもりです。ソールもガムソールではなくホワイトソールにしたことでよりスマートな印象になりました。

全体をホワイトにすると当然ボリューム感がでる恐れがあります。しかし、トゥが細く、また、切り替えにライトグレーを使ったことで、よく見ると真っ白なスニーカーのようであってそうではなく、視線誘導によって白一色のスニーカーでは表現できないデザイン上の細さが得られているのです。また、切り替え自体も細くしシャープさを際立たせています。つまり、物理的な細さと薄さに加えて視覚効果のふたつの側面からデザインされているのです。

素材は本革ではなくあえて合皮をチョイスしました。開発段階では本革を予定していたのですが、生地サンプルをチェックした際に、その見た目と手触りは本革と遜色なく、驚くほどのコスト削減が可能であることに驚愕したのです。合皮の進化を目の当たりにした我々はそのまま採用を決断。素材感はぜひ実物で味わってください。

スキニーパンツはもちろん、ワイドパンツとの相性も抜群です。実のところ、「ワイドパンツに合わせるスニーカー」という裏コンセプトもあったので、狙い通りの結果になりました。

サイズ展開は、40、41、42のスリーサイズ。それぞれ、S(25.5㎝~26.0㎝)、M(26.5㎝~27.0㎝)、L(27.5㎝から28㎝)相当です。全体的に細く薄いつくりになっているものの、大き目のサイズ感になっているので、革靴同等のサイズ選びで問題ないはずです。

またスニーカーは気持ち大きめを履いたほうがコーディネートのバランスが取りやすいので、シューレースでサイズ感を調整してもらうといいかと思います。スニーカーでありながらスニーカーではない、そんな一足になったと自負しています。

メルマガ会員先行販売:5/7(月)22:00-
一般販売:5/8(火)22:00-
販売サイト:https://re-fukulog.com/ 
サイズ:40(25.5-26.0cm) 41(26.5-27.0cm) 42(27.5-28.0cm)
価格:8640円
素材:合成皮革
お届け時期:5月中旬

服ログ2018春夏アイテムまとめはこちらから↓

『服ログ』オリジナルブランド「Re:(アールイー)」2018春夏アイテム

2018.04.14