グローバルワークのレザーネックレスは価格不相応のアイテム

首回りの小物といえば、冬場はストール・スヌードなどを使うのが定番ですが、夏は首まわりが寂しくなりがち。そんなとき、ネックレスが重宝します。今回紹介するグローバルワークのフェイクレザーコードネックレスは、1080円(税込)で気軽に買えるお財布に優しいアイテムです。使いやすさや旧製品の比較をしていきます。

長さ調節しやすいシンプルなネックレス

私が購入したカラーはブラック。コードが黒で、合金のリング部分がシルバーというシンプルなネックレスです。リングは直径2.3cmの凹凸ある円ですが、表情がありつつも形から安っぽさを感じさせないデザインです。

またコード部分は簡単に長さ調節できるようになっています。38.5cmと十分な長さがあるため、身長やトップスの形に合わせて自由に調節できるのが嬉しいポイントです。さて実はこのネックレス、通販サイトではセール中の旧製品もまだ展開があります。サイズ表記が若干異なるのですが、大きさにどれほどの違いがあるのかを確認していきます。

旧製品との差はほとんど無し

左が今回紹介している型番FW803236、右が旧製品の788899です。実寸でリングの大きさ、コードの長さを確認していきます。

まずリングの大きさです。

FWは直径2.3cm、旧製品は2.4cmです。拡大していることと色の差で、たしかに旧製品が若干大きく見えますが、遠くからだと1mmの違いは全くわかりません。

次にコードの長さです。FWは38.5cm、旧製品は39.5cmです。1cmの差は確かにありますが、長さ調節をして使うことを考えると、これも大きな違いはないと言っていいでしょう。「色は旧製品のほうが好みだけれど、長さの違いが不安」という方は全く気にする必要はありません。

フェイクレザーは安っぽいのか?

もう1つ「フェイクレザー」について書きます。通販サイトの表記を見る限り、コード部分はポリエステルと樹脂でつくられています。これをどれほど「安っぽい」と感じるかは人それぞれだと思いますが、実際にレザーのクロシェットとコード部分を比較してみます。

コード部分だけを比べると、確かにレザーのほうが高級感があります。ただ今回のネックレスは、ブラックであればコードの質感はそこまで目立たないので「どうしてもフェイクは納得がいかない」という方以外は気にする必要はないでしょう。

bit.ly/2uIlKqj

ちなみにブラック以外のカラー展開はネイビー、オレンジ、イエロー。ネイビーは黒と比べると素材感が伝わりやすく、オレンジ、イエローはさらに目立ちます。なので筆者がオススメする色はブラック一択です。

夏などの服装がシンプルになってしまう季節は、小物があるだけで全体の印象が変わります。新しく服を買う以外に、こういったネックレスで服装に変化をつけるという選択肢もあります。定価1080円(税込)という安さであれば、すぐに実践することができるでしょう。

メンズオススメアクセサリーはこちらから↓

【32選】メンズにおすすめのアクセサリーをレビュー!【2018】

2018.08.19
小松佑大

この記事を書いた人

小松佑大

身長162cm 体重59kg 靴24.5cm

「オシャレを身長で諦めてほしくない」という考えで活動しています。コーデ投稿アプリWEARにて、解説付きで毎日更新中。

WEAR