GUのビッグプルオーバーシャツは大人が着られるビッグサイズアイテム

あまり聞きなれないアイテム、プルオーバーシャツ。シャツなのにボタンが途中までしか付いていない、または一つも付いていないなど、頭から被って着るシャツに付けられることの多い名称です。

普通のシャツに比べるとリラックスした印象があり、それでいてTシャツほどカジュアルでもない。マイナーながらとても使いやすいアイテム。今回紹介するGUのビッグプルオーバーシャツは、使いやすいプルオーバーシャツに、トレンディな要素を盛りこんだ贅沢アイテムです。

トレンディな3つのポイント

今回のプルオーバーシャツをレビューするにあたり、注目するべき点が3つあります。それはシルエットと袖丈、そして柄です。

まずはシルエットから見ていきます。ビッグプルオーバーシャツの名の通り、トレンド感のあるビッグシルエット。身幅はMサイズで59cmとゆとりがあり、肩周りはドロップショルダーになっています。袖口が広めなのもビッグシルエットの印象を強めています。

しかし着丈はMサイズで75cmと一般的なシャツと同等かやや長い程度。さらに普通のシャツのような高い襟こそありませんが、首元はやや詰まっています。首元が詰まっていたり襟が高いと、ビッグシルエット系の欠点であるルーズ過ぎてやんちゃな印象になることを防いでくれます。シャツのハリのある生地も合わさり体型隠しにも使えます。

また、首元から肩にかけてファスナーが付いており着脱が容易に出来るようになっています。金具は閉めた時にはほぼ見えなくなります。シャツの色味に合わせてネイビーなので、見えても悪目立ちはしません。

袖は七分袖です。春に1枚で着ても良い。秋にアウターのインナーに使っても良い。ロングシーズン使えます。注意点としては先述の通り袖口が広めなので、タイトなアウターを着る場合、袖が肩の方に巻き込まれて腕まわりのシルエットが崩れます。七分袖なので引っ張り出すのも苦労します。ですがアウターもビッグサイズが増えているので、問題なく使えるものも多いと思います。

(袖を折ることで半袖としても着用可能です)

そして柄。全体がチェック柄になっています。チェック柄のシャツは、原色など強い色を使ってしまうとどうしても子供っぽくなってしまいます。今回使われている色はダークトーンのネイビーやグリーンそして黒。使われている色数も少なく落ち着いた色味なので子供っぽい印象はなりを潜めています。

今、トレンドは装飾性が求められています。しかし始まったばかりのトレンドなので、いきなり派手なデザインの服を着ても浮いてしまいます。おしゃれは差別化とは言いますが、やりすぎはNG。そういう意味でも今回のシャツのように落ち着いたチェックのアイテムは、トレンドにマッチしていると思われます。

その他のデティール

その他のデティールとしては左胸に何の変哲もないポケットが一つ。iPhone7を収納した場合少し頭が見えます。

裾は緩やかなラウンドカット。腰位置を隠してくれるので脚長効果が得られます。さらにもともとはドレスシャツのカッティングなので少し大人っぽさも与えてくれます。

着心地など、まとめ

先述したハリのある生地感というニュアンスと写真などから、着心地が気になる方もいると思います。タンクトップの上から着た感想ですが、とくにガサガサとした不快感はなく、良い着心地です。これに関しては商品説明欄のハイカウントという言葉が関係していると思われます。ハイカウントについて調べたところ、細い糸が高密度で織られており、綿100%なので丈夫で肌触りが良いとのこと。しかし代わりに通気性が失われるという意見もあります。

店頭のサイズ展開はS、M、L、XL。オンラインではXSとXXLも展開されています。筆者は173cm65kgで、Mサイズを着用。もともとゆとりのある作りなので、普段のシャツのサイズでもビッグシルエットで着ることができます。

洗濯機で洗うことが出来ます。色移りの危険があるとのことなので、白や淡色の服との洗濯は避けた方が無難です。またファスナーが他の衣類に引っかからないようにネットの使用をオススメします。

今回紹介したGUのビッグプルオーバーシャツ、少しチャレンジャブルなアイテムではありますが、お値段も1990円(+税)とお求めやすい価格なので、今年の春や秋のお供に是非。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【64選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.06.30
リョー

この記事を書いた人

リョー

身長173cm 体重64kg 靴26〜28cm

丈夫でイージーケアな服が好き。フレンチカジュアルのような品のあるオシャレを目指し精進中。