GUのチェックニットでトレンドをいち早く取り入れよう!

トレンドフルなアイテムが揃うGUのラインナップを見ると、秋の流行が一目瞭然です。2018年は、とにかくチェック柄が多い。メンズ、ウィメンズ問わず、チェック柄のバーゲンセールがごとく並んでいます。ノームコアトレンドが落ち着きをみせ、ファッションは脱地味の流れ。

ただ、トレンドは急に反転するものではなく、徐々に移り行くものです。そんな中、チェックは自然な洒落感のある柄として、今のトレンドに最適なのでしょう。今回はそんなチャック柄アイテムの中から、ニット素材で自然に着られるGU「チェッククルーネックセーター(半袖)MC」を紹介します。

素材感と生地感

素材は、綿51%、レーヨン49%。綿100%ではありませんが,レーヨンは木材からつくられる繊維。光沢感や繊維の柔らかさが特徴の人工(化学)繊維で、化繊混紡という言葉からイメージされるようなカサカサ感などは皆無。

また、レーヨンというとテロっとした艶やかな生地感をイメージする方もいるかもしれませんが、そういった艶やかすぎる印象もなく『手触りのいいニット』という素材感です。また生地厚もしっかりあり、ペラペラな印象もありません。

サマーニットのような薄手というわけではないので、真夏の炎天下の着用には向きません。ただ暑さのピークを過ぎた後、晩夏ごろから暑さの残る初秋ごろまで、もしくは空調のある屋内メインならば着られる生地感です。

そして生地に厚みがあるため、落ち感が生まれ、ゆったりしたシルエットがキレイに描いてくれます。サイズ感はゆったりめですが、ビックシルエットというほどではありません。

筆者ユニクロやGUは、Mサイズがジャストくらいの体格ですが、これもMサイズがちょうどくらいでした。ただゆとりのあるライン感を楽しみたいのなら、ワンサイズあげるのがオススメ。筆者もゆとりを持たせるため、Lサイズを購入しました。

ナチュラルに楽しめるガンクラブ・チェック

チェック柄というとグレー地に細かく黒線が入った、いわゆるグレンチェックをイメージする人も多いと思います。しかし、こちらは大きめの格子を多色使いの糸で紡いだガンクラブ・チェックよく見ると、二色ではなく、三色がニット生地に使われています。

チェック柄を全体に、また大きく描くと格子模様の印象が強くなり、目立ちます。三色使いをすることにより、自然と模様の描き方にグラデーションがかり、チェック柄の印象が淡くしてくれているのです。柄物は少しズレるとカジュアルになりすぎたり、柄だけが目立ってしまったりということがあります。

けれども、このアイテムは、ニットというやわらかさが見て取れる素材感も手伝って、「柄物はちょっと……」という人も手を出しやすいアイテムに仕上がっています。

カラー展開とクリーニングの注意

カラーは3色展開。ダークグレイ、ブラウン、ネイビーというバリエーションです。どれも使いやすいですが、トレンドフルにチェック柄を楽しみたい人はブラウン、ネイビー、まだ柄物に抵抗がある、という人はダークトーンで柄の主張が淡いダークグレイがオススメかと思います。

クリーニングは手洗い推奨。筆者は自宅で手洗いはめんどくさいので、試しにネットに入れて、洗濯機で洗ってみました。結果としては、『一応自宅でも洗える』、という感じです。ニット素材部分は特に縮みもなく、問題なし。ただ、先端のリブ部分に若干、縮みが生じました。

特に目立ったのが半袖部のリブ。縮みのため、ニット部とサイズが合わなくなり、ヨレがすこし見て取れるようになりました。裾や首元はそこまで目立つ縮みは感じられませんでした。元々腕と裾のリブ部分は弱く、ほとんど意味をなしていなかったので、そもそもなくてもよかったかもしれません。

(上のダークグレイがニット洗い後/下のネイビーが未洗濯)

今回、表記を無視して洗濯機で洗いました。ただおそらくこの縮みは、水洗いの結果生じたように思えますので、気になる人はクリーニング店に任せた方がよいでしょう。しかしこちらのアイテム、値段は1990円(+税)という価格。そのあたりは割り切って自宅洗いをしてもいいかもしれません。

無地は飽きたけど、柄物は抵抗がある、というような人も多いかと思います。値段も手頃でナチュラルに着てもらえるアイテムとしてオススメです。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【75選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.09.14

「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

アラサーからアラフォーになりつつある、シンプル&ベーシック好き。 「地味過ぎず」「行き過ぎない」でどう差別化するのかを楽しく模索中。 人見知りの人好き。根はインドア。ファッションを好きになり、ちょっとアクティブになれたことに感謝している。