GUのチェック柄ジャケットはコスパ抜群の逸品!!

GUのテーラードジャケット(チェック)CLは4990円(+税)という極めてお手頃な価格ながら綺麗なシルエットが印象的でかつ細部もしっかりとつくりこまれたアイテムです。比較的手を出しやすい価格ということもあり初心者にもおすすめのアイテムです。

コストパフォーマンスの高いキレイめテーラードジャケット

本記事ではGUのテーラードジャケット(チェック)CLをご紹介します。なお同じ生地のパンツ(テーパードトラウザー(チェック)CL)も発売されており、組合せることでセットアップとしても使うことができます。

セットアップは、大手セレクトショップでは、たいてい上下で3万円程度で良品を入手できます。シルエットとしては上下ともかなり細身のものでスマートな見た目になります。ただし着用時のラインが綺麗になるように作られているため、体型が標準もしくはそれよりも細い方でないと着用はきびしいかもしれません。

筆者はこの3年ほどGUとユニクロのテーラードジャケットを何種類も試着していますが、どれもゆったりとしたシルエットでした。セレクトショップのものと比較するとシルエットのキレイさではおとるため、価格としては安いものの、購入にはいたりませんでした。

今回ご紹介するテーラードジャケット(チェック)CLは、着用したときのシルエット、特にウエストまわりのラインがキレイに出ていました。大手セレクトショップのジャケットにもおとらないシルエットになっています。このシルエットならきれいに着こなせると思い購入することにしました。

チェック柄のテーラードジャケット

筆者が店頭でこのジャケットを試着したのはチェック柄のアイテムを探していたからです。柄自体も派手すぎず、地味すぎず、柄物とはいえ他のアイテムと合わせやすい控えめなものです。究極の普通を意味するノームコアという極端なシンプルを好むトレンドが数年前に終息をむかえ、その後のトレンドはこれまでの反動もあり「装飾性」を求める方向に動いています。装飾性を求める流れに加えてクラッシック回帰の流れも重なり、これにより英国調のチェック柄がトレンドになっています。

ただし、チェック柄のアイテムを上手く着こなすのはとても難しい。無地のジャケットであれば、他のどのようなアイテムにも合わせやすいためあまり考えずにコーディネートしても大失敗はしにくいものです。しかし柄物を合わせるには、他のアイテムとの組合せを考えながら全体のバランスを取る必要があり、これがなかなか難しい。また一言にチェック柄と言ってもその種類も多く、初めてチェック柄を取り入れようとするときには、どのようなチェック柄のアイテムを選べばいいのか、なかなか判断が難しいところです。

どんなチェック柄がいいのかを悩む状態にあって、GUのこのアイテムの価格はとても魅力的です。ジャケット単体でも5000円弱、パンツもあわせてセットアップとして購入しても7500円弱です。この金額ならば購入して失敗したとしても痛手は少ないため手を出しやすいです。

細部のつくり

このジャケットのつくりについてみていきます。全体的な印象はオフィスカジュアルであればスーツの代替にもできるようにスーツの形をできるだけ再現しているアイテムです。ドレスコードが厳しくない職場であれば、仕事着としても使えます。色はグレー、ダークブラウン、ブルーがあり、筆者はダークブラウンを選択しました。

ラペル(襟)はやや細めの7cm幅です。極端に細かったり太かったりするラペルではなく、街着用のテーラードジャケットとしてはちょうど使いやすい幅です。

ラペルの裏側の上部から首にかけての部分には別布がつけられています。これはスーツと同様の作りです。写真は、上が本アイテム、下がスーツで、それぞれラペルを裏返しにしたところです。街着のテーラードジャケットにはこの別布がついていないものも多いです。筆者はジャケットのラペルを立てて着用することもありますが、このように別布がついているとラペルを立てると裏の布が見えてしまいます。このジャケットではラペルを立てる着用は避けるのが賢明です。

背面のデザインはオーソドックスなスーツと同様とてもシンプルです。背面の裾の切れ込みは中央に一本のセンターベントです。購入したときにはセンターベントはしつけ糸でとめられています。これは輸送時に型くずれを防ぐためのものですので、しつけ糸は着用する前に取り外しましょう。

袖の部分はボタンで袖を開くことができる「本切羽」にも見えますが、ボタンは外せない「開きみせ」というスタイルです。本切羽になっていると腕まくりがやりやすいという利点はあります。秋冬用のモデルであることを考慮すると腕まくりの必要性は低いため開きみせだからといって困るようなことはないでしょう。

フロント、袖のボタンは樹脂製ですが、一見しただけではそうとはわからないように水牛ボタンのようなデザインになっています。テーラードジャケットにおいてフロントのボタンはかなり目立つもの。ここがいかにも安っぽい樹脂製のボタンだと、アイテム全体の印象も安く見えてしまいかねません。このボタンは水牛ボタンのような見た目であり、ジャケット自体を高見えさせることができています。

前側の左右腰位置には蓋のあるフラップポケットがあります。別の布をあとから付けたようなパッチドポケットに比べるとカジュアルの度合いが低いポケットです。

フタ部分はスーツのジャケットと同様にポケット内部に収容可能です。

背中部分は布がない背抜きのつくりです。裏地があるものと比べると防寒性能が低めになりますが、逆に薄手のアイテムになるため、秋の早い時期から導入が可能です。

素材や着用感

素材はウールではありませんが、手触りも良くしっとりした肌触りです。ポリエステル68%、レーヨン31%、ポリウレタン1%と、レーヨンが含まれているためか、適度なツヤもあり上品な見た目です。またポリウレタンが1%入っていることで生地は少しですがストレッチ性を持っていて、姿勢を変化させたときの小さな動きは吸収してくれるので、楽に着用できます。

身長165cm、体重57kgの著者はサイズSを選びました。基本的にはテーラードジャケットは身体にちょうど合うサイズを選ぶと見た目がきれいになります。サイズSでちょうど身体にフィットし、大きすぎたりきつすぎたりすることはありません。

家庭での洗濯はできませんので、クリーニングに出しましょう。

この記事を読んでも、しょせんGUのセットアップだろう、それほどのものではないだろうとお考えの方もいらっしゃるでしょう。少しでも気になったのであれば、ぜひGUで試着してみてください。このアイテムは、あなたのこれまでのGUのイメージをいい意味で覆してくれるアイテムになるでしょう。

このテーラードジャケット(チェック)CLのお値段は4990円(+税)です。参考までにパンツは2490円(+税)です。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【95選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.12.04

「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03
バラバシ

この記事を書いた人

バラバシ

身長165cm 体重58kg 靴24.5cm

イタリア的なファッションに惹かれつつもフランスもいいなとか多方面に手を出し被服費が家計を圧迫気味。最近はネイビーのアイテムに目がない。足が小さく服屋さんの靴ではサイズが合わないことが最近の悩み。