5000円で買える細部に拘ったGUのコーデュロイジャケットはやっぱり安い

流行りのコーデュロイ素材って?

https://goo.gl/2QLTR2

ここ最近、何かとよく聞くコーデュロイ素材ですがそもそもコーデュロイとはどのようなもののことを指すのでしょうか?最もわかりやすいコーデュロイ素材の具体例をあげると、黒板消しですね。

https://goo.gl/y4rf2n

実は、この黒板消しのチョークを消す部分、青色の縦シマの部分がコーデュロイ素材なのです。コーデュロイの素材は主に綿100%であり、綿を横ビロード織りしたパイル織物のことを指します。縦に畝が入っており起毛感が特徴の素材。

トレンドということもあり様々なブランドで取り扱われているコーデュロイ素材ですが、まず初めはどんなものに手を出せばよいのでしょうか?値段的にも着こなしやすさの点でもおすすめなのが「GU コーデュロイジャケットCL」4990円(+税)です。

今回はこの「GU コーデュロイジャケットCL」の魅力について詳しく説明していきます。

普通のコーデュロイ素材ではない!?

コーデュロイ素材というと、一般的には綿100%ですが、「GU コーデュロイジャケットCL」は綿98%・ポリウレタン2%となっています。

たかが2%のポリウレタンが混合されているだけと思うかもしれませんが、この2%のポリウレタンのお陰でジャケットにストレッチ性が加わるのです。このストレッチ性により、見た目は普通のコーデュロイジャケットですが着心地はまるで違います。

着心地は快適なものとなります。裏地もしっかりついているためこれからの寒くなる季節にとても重宝します。

素材はポリエステル100%です。高級スーツでは裏地には吸湿性に優れたキュプラが使われており、「GU コーデュロイジャケットCL」よりも快適な着心地となりますが、4990円(+税)の商品としてはポリエステル素材でも裏地が付いているだけで十分と言えるでしょう。

また、GUやユニクロではアウターなどにもプラスチックボタンが使われることが多いです。生地感やデザインは良いのにこのプラスチックボタンを使ったためにチープな印象となっている残念なアイテムも少なくありません。

例えば、2016年のUNIQLOUのブロックテックコート。

https://goo.gl/UGdYZa

生地はブロックテック素材でハリがあり、シルエットも申し分のないデザインなのですが、プラスチックボタンのせいで安っぽく見えてしまいます。ダブルブレスト仕様のため他のコートよりもボタンが目立ってしまいどうしてもチープな印象が拭えないのです。

しかし、「GU コーデュロイジャケットCL」に使われているボタンはただのプラスチックボタンではありません。

ボタンに使われている素材はプラスチックなのですが、貝ボタンに見えるようなデザインが入っていますね。例えば、アメリカのクラシックスタイルの代表的なブランド「ブルックスブラザーズ」が作っているジャケットの貝ボタンと見てみるとボタンの中に模様が入っているのがわかります。

(ブルックスブラザーズのジャケット)

「GU コーデュロイジャケットCL」はこの貝ボタンに似せて作られたプラスチックボタンを使用しているためチープな印象が軽減されています。さすがに、「ブルックスブラザーズ」が使っている貝ボタンと比べるとチープに見えてしまいますが、普通のプラスチックボタンとは全く異なる見え方になります。

細部のデザインにもこだわりあり!

この「GU コーデュロイジャケットCL」ですが、ただ単に流行りのコーデュロイ素材を使ったジャケットというわけではありません。デザインの細かい部分にもこだわりを感じます。まず、普段着としてジャケット着用する際に重要となるのがラペル部分。

ラペルとはジャケットの襟の部分のことです。このラペル部分の幅が広いと重厚な雰囲気となってしまい普段着として着用するには難易度の高いアイテムとなってしまいます。「GU コーデュロイジャケットCL」はラペル部分の幅が細く作られており、重厚な雰囲気が払拭されており日常着として着用しやすいです。

先程ボタンの比較をした「ブルックスブラザーズ」のジャケットとくらべてみるとラペルの細さがわかりやすいでしょう。

(左GU/右ブルックスブラザーズ)

「ブルックスブラザーズ」のジャケットのラペルは「GU コーデュロイジャケットCL」と比べると1.5〜2倍近く幅が広く作られています。

その為、「ブルックスブラザーズ」のジャケットのほうが重厚な印象になり、「GU コーデュロイジャケットCL」はスマートな印象となります。また、ラペルが細身なだけでなく胸ポケットにもスマートに見せる工夫があります。

以下の画像を見ていただけると分かる通り、胸ポケットが少し斜めになっています。

このように胸ポケットを斜めにすることでシャープな印象のポケットとなり、結果的にはジャケット全体のイメージもシャープな印象に寄せることができるのです。

さらに、腰部分には程よいシェイプ(絞り)が入っています。画像で見るとほんの少しのシェイプですが、このシェイプがコーデ全体の印象を左右するのです。画像ではわかりにくいですが、本来のコシの位置より高めの位置にシェイプが入っています。

このように本来のコシ位置よりシェイプを高くすることで、そのシェイプ部分から腰が始まっているように錯覚させ、結果として足を長く見せることができるのです。

しかし、このシェイプがきつすぎるとビジネススーツのような印象となり、普段着としては適したものでなくなります。「GU コーデュロイジャケットCL」はその点も考慮されており、すこし緩めのシェイプとなっています。

そのため、足を長く見せつつも普段着として使えるバランスの取れたデザインとなっているのです。ラペルの細さやシェイプのバランスだけではありません。腰ポケットにも普段着として着用しやすい工夫があります。

本来スーツではフラップポケットと呼ばれる蓋の付いたポケットが使われているのですが、以下のワークコートのように蓋の付いていないポケットが使われています。

(ワークコート)

https://goo.gl/DeiMHA

このポケットを使うことでジャケットのカッチリとした印象を和らげ、普段着に落とし込みやすくしているのです。

サイズとカラー選びには要注意!

ビックサイズトレンドのためオーバーサイズのジャケットなども出ていますが、この「GU コーデュロイジャケットCL」はオーバーサイズでの着用はおすすめできません。

上の写真のように肩部分がドロップショルダーになっているわけではないので、ワンサイズアップなどで着てしまうとお父さんのおさがりを着ているような印象になってしまいます。

そのため、「GU コーデュロイジャケットCL」はジャストサイズまたはワンサイズダウンでタイトなサイズ感で着用しましょう。176cm67kgの筆者は普段Lサイズを選ぶことが多いですが「GU コーデュロイジャケットCL」はMサイズで着用しています。

また、カラーの選択も間違うと途端に安っぽく見えてしまいます。先程、「GU コーデュロイジャケットCL」のプラスチックボタンは貝ボタンに似せて作られていると書きましたが、やはり貝ボタンと比べるとチープに見えてしまうでしょう。

その為、カーキなどの明るめのカラーを選んでしまうとボタンが目立ちチープな印象が増してしまいます。よって、ボタンと色味の差が少ないダークトーンのダークブラウン、ネイビー、ブラックの中から選ぶことをおすすめします。

今回紹介している「GU コーデュロイジャケットCL」のカラーはダークブラウンです。ダークブラウンは程よく秋感を取り入れることができ、ボタンとジャケットの色味が近くチープな印象に見えづらくおすすめのカラーです。

同じ素材でトラウザーパンツが出ているのでセットアップでの着用もおすすめします。

(GUコーデュロイトラウザーCL)

https://goo.gl/mpq6Bd

セットアップで着用すると以下の着画のようになります。

(セットアップ着用画像)

このように、セットアップで着用するとコーデに統一感が出ておしゃれに見せることができます。「GU コーデュロイジャケットCL」を購入する際は是非「GUコーデュロイトラウザーCL」を一緒に購入しましょう。簡単におしゃれに見せることができます。

しかも、こちら、セットアップで購入してもたったの6980円(+税)です。本来セットアップで揃えようとすると最低2万円以上かかるのでこの値段設定は破格です。

トレンドのコーデュロイ素材の入門アイテムとしておすすめの「GU コーデュロイジャケットCL」、是非試着だけでもしに行ってみてください。

シュウト

この記事を書いた人

シュウト

身長176cm 体重68kg 靴27.5cm

都内の理系大学生。「理系=ダサい」イメージの払拭のため日々奮闘中。。脱量産型大学生ファッションとユニクロをカッコよく着こなすことには自信あり。

twitter