GUのグルカシューズを昨年のモデルと比較してみた!

どうしても夏の服装はラフになりがち。そこにラク&涼しげということでサンダルをさらにもってくるとカジュアルすぎる印象になってしまいます。レザーサンダルともいわれるグルカサンダルはサンダルというカジュアルなデザイン。

素材にレザーを使用することによって、オトナな印象にしてくれ2017年からの流行アイテムです。 昨夏にもトレンドを取り入れ、GUでもグルカサンダルが出ていました。 今年も発売するだろうと思っていましたが、またさらにトレンドに合わせてグルカシューズとしてリリースしてくれたので、さっそく紹介したいと思います。

カラーによる素材の違いと一新されたデザイン

まず今回、特徴的なのはカラーバリエーションと素材です。 ブラック、ブラウン、ベージュの3色展開。その中でブラックがレザータッチ、ブラウン・ベージュの2色がスウェードタッチの素材となっています。ともに合皮ではありますが、 素材感の見た目の質という点でいうとスウェードタッチに軍配が上がります。

GUのスウェードタッチはいつも好評ですが、今回もそれは健在。パッと見た目では正直、本革が合革かは判断できないでしょう。 一方、ブラックのレザータッチは表面にシボ加工を施すなど工夫をされていますが、均一な表情・フェイク的なテカリなどがあり、スウェードの高質と比べると及ばず、というところでした。

そして、前年版のグルカサンダルと今年度のグルカシューズ、で一番変わったのは、その名称変更からわかるとおりですが、つま先のトゥ部分を覆うような形状になっており、サンダル寄りではなく編み込みでありながらシューズ(スニーカー)のような形状になっています。

これはおそらくファッションのトレンドがドレスライクに向かっていることと、GUが力をいれているセットアップに合わせやすいように、という理由からサンダル感を薄めるためにそうしたのでしょう。

このデザインにより、サンダル感覚ではなくスニーカー感覚で履けるようになり、シチュエーションの幅が広がりました。サンダルに履きなれている人はもちろんのこと、「ちょっとサンダルは……」という人にも気持ち的に抵抗感なく履きやすいデザインのシューズとなっています。

サイズ感とは履き心地&あと一歩欲しかったポイント

今回のグルカシューズは、前年度手を出さなかった人にもオススメできる良品です。 しかし、気になる点もないわけではありません。 前述のとおりブラックは少々、フェイクレザー感が気になってしまいます。ゆえにブラックカラーのバリエーションでスウェードタッチが欲しかった。

おそらく季節感的にあえて重い色であるブラックは起毛のスウェードタッチをなくしたのだとは思いますが、選択肢としては欲しかったところです。 しかし、フェイクレザー・ブラックタイプがまったくダメなわけではありません。

フェイクレザー特有の均一な表情やテカリは使い込むほどに薄れていくので、値段的にもガンガン使い込むのがよいでしょう。 また、つま先のトゥ部分。ここの丸みがまん丸ではなく、もうちょっとだけつま先が伸びた楕円に近ければ、よりスマートな印象になっていたと思います。

まとめ

トレンドフルで使いやすいアイテムをいち早く、リリースするのはさすがです。値段も2490円(+税)と手の出しやすい価格。個人的なオススメカラーは、ブラックかベージュ。ブラウンも上品ですが季節感を考えると、定番のブラックか涼しげなベージュがベターではと思います。

サイズの用意は、1㎝刻みの用意となっています。自分は靴を選ぶ際は大体26-26.5cmくらいで、GUではものによって26cmだったり、27cmだったりしますが、こちらは26でちょうどいいサイズ感でした。また靴底はゴムが貼られていて、クッション性もあり、履き心地は悪くありません。

最後にこちらのアイテムは超大型店&オンライン限定です。通常店では置いていないのでご注意を。人とかぶる心配は少ないかもしれませんが、実物を確認しにくいのは少々難点ですね。そんな方の参考になれば幸いです。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【87選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.11.04

「【16選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

アラサーからアラフォーになりつつある、シンプル&ベーシック好き。 「地味過ぎず」「行き過ぎない」でどう差別化するのかを楽しく模索中。 人見知りの人好き。根はインドア。ファッションを好きになり、ちょっとアクティブになれたことに感謝している。