GUのラガーシャツはTシャツ以上シャツ未満で意外と使える!

2019年、日本でラグビーのワールドカップが開催されることもあり、俄かにラガーシャツが注目されています。今回は、GUにてお手頃価格で手に入るカラーブロックラガーシャツを紹介します。

やりすぎないデザイン

商品名の通り、胸と腕にカラーブロック、切り返しがついています。ホワイト以外のカラーは周りに白のパイピングがしてあることも特徴の一つで、程よい軽さをもたらしてくれます。昨今は装飾性のトレンドであることもあり、このような切り返しがついたデザインが施されている服もよく見かけられるようになりました。同じGUでもスウェットがある他、海外のハイブランドにも同じアプローチのものがあります。

ラガーシャツといえば太めのボーダーをイメージしますが、街着に落とし込むにはカジュアルすぎます。しかし、モノトーンのカラーブロックであれば、カジュアルさが緩和され、ちょうどいい装飾性になっています。実際のユニフォームにもカラーブロックのデザインがあり、「源流」に沿っていることもポイント。嘘臭さがありません。

もう一つ、ラガーシャツの特徴といえば襟です。襟は本体とは異なる固めの素材で作られています。形が崩れたりすることなく、シャツのようなピシッとした印象を作るのに一役買ってくれることでしょう。

スポーツ由来のアイテムでありながら、ポロシャツ同様に襟があることで、「Tシャツ以上シャツ未満」といった存在でもあるのです。もちろん素材やカラーにもよるところも大きいのですが、装飾がついていることにより、単体で差別化をすることもできます。

トレンド感のあるシルエット

シルエットはゆったりとしたリラックスシルエットになっています。同じGUのベーシックなクルーネックTシャツを同Lサイズで比べてみますと、クルーネックは身丈71、肩幅44.5、身幅 54 、袖丈 63に対して、ラガーシャツは身丈76、肩幅 54.5、身幅59、袖丈 61と、ひと回り大きくなっているのがわかります。特筆すべきは肩幅でプラス10cmと大きめに作られています。

また数値にはでてないのですがこの商品は肩口もやや大きめに作られており、着用とした時に包み込むような、リラックスシルエットが完成します。袖口にはリブがついており、先端はキュっと絞ることでだらしなくなりすぎないのもポイントです。

素材感について

素材はやや硬めで厚みのあるコットンで出来ています。ツヤは少し弱めではありますが、目の詰まったラガーシャツらしい頑丈な生地といえるでしょう。1490円という値段から考えるとがっしりとした印象があり、耐久性もあるのでガンガン洗濯できると思います。

気になるサイズ感、カラー展開

筆者は身長175cm、体重62kgの普通体型ですが、Lサイズを選びました。これで程よいリラックス感が出るくらいです。やや大きめの作りとはいえ、サイズを変えればタイト目に着こなすことも出来る出来るでしょう。コーディネートに合わせてサイズを変更するのも面白いと思います。カラー展開はブラック、ホワイトの定番色と春先におすすめなピンクの3種類。

カラーブロックの部分はそれぞれダークグレーや濃いネイビーと落ち着いた色味が使われています。ピンクは白に近いソフトな色味ものになっています。筆者はブラックを選びましたが、より差別化を求めるのであればおすすめです。価格は1490円(+税)。

メンズカットソーまとめはこちらから↓

【2019】無地から袖ボーダーまで。メンズのカットソーおすすめ42点をレビュー! 

2019.04.18
ヴォーノ

この記事を書いた人

ヴォーノ

身長175cm 体重63kg 靴28cm

シンプルな服装が好き。脱地味を目指して日々奮闘中。プチプライスアイテムが多めです。美容師やってます。