GUのオープンカラービッグシャツはツヤと色気がある逸品

GUがオープンカラーシャツを猛プッシュしています。刺繍や柄・素材違いで色々展開されていて選びたい放題です。その中で今回紹介するのは最もシンプルな無地の「オープンカラービッグシャツ(半袖)」早速見ていきましょう。

素材:抜群のツヤはリヨセル100%

再生繊維であるリヨセル100%素材です。再生繊維と言うだけあって石油を原料とする化学繊維とは異なり、木材を原料とした環境にやさしい素材です。化学繊維であることに違いありませんが、綿などの天然繊維に近いと言っていいでしょう。

筆者は店舗でこの生地を初めて見た時「何だこの艶は」と驚きました。シルクを思わせる強い光沢、美麗なドレープ感と強い落ち感がリヨセルの特徴です。結婚式で着るようなタキシードや革靴を思い浮かべていただくとわかりやすいと思いますが、ツヤは高級品を表す特徴のひとつ。そしてこの高級感は半袖短パンのような子供っぽい夏の着こなしを、ぐっと大人っぽく見せてくれます。

厚みに関してはかなり頼りなく、薄手でペラペラです。そのため透け対策は必須です。仮にダークトーンを選んで色が透けないとしても、乳首のカタチが浮き出てしまっては恥ずかしい思いをしてしまいます。タンクトップなどインナーの着用が必要です。

化繊でペラいと聞くと安物の粗悪品のようですが、着用時期が真夏であることを考えると涼しく着られるメリットもあります。肌触りもかなり柔らかくなめらかです。着心地もサラサラとして非常に気持ちいいです。

洗濯機洗いが可能です。筆者はネットに裏返して入れ、中性洗剤と柔軟剤を使用。時短モードで他の洗濯ものと一緒に洗いました。洗濯後すぐに取り出しましたが少々シワがつきやすいです。ぱんぱんとしっかり伸ばしてから干しましょう。

デザイン:流行のオープンカラー

デザインは商品名にもある通りオープンカラー(開襟)シャツです。アロハシャツのような、イメージ的にも夏にぴったりな見た目です。リゾート地や海であればアロハシャツは最適と言えますが、街着となると着こなしのハードルは上がります。

オープンカラーと半袖であることで夏らしさを感じさせ、生地の光沢と無地シャツであることで大人っぽさを両立しており、夏の街着に最適なパッと着てサマになるを地で行く良アイテムに仕上がっています。

左胸にポケットがついています。フラップポケットのようなフタがついてしまうと一気に作業着感が強まるためクリーンさを保てないでしょう。ここはシンプルで正解です。

ボタンにもこだわりが感じられます。大きな襟が目立っていますが、シャツを語る上でボタンは外せません。正面に堂々と存在しているためやはり目立つのです。プラスチック製とハッキリわかってしまうような安っぽいものであれば当然悪目立ちします。

実際に使われているボタンを見てみましょう。光に当てるとシェル(貝)ボタンを思わせる色彩豊かな色合いです。プラスチック製と思われますが、素人目には判断がつきません。よくできています。

裾には小さいですがスリットがはいっています。生地がテロっとしているため元々落ち感は強いのですが、ゆったりした身幅のため裾の生地がもたつかずに落ちてくれるのはありがたいです。

サイズ感:オーバーサイズを楽しむ

店舗ではSサイズ~XLサイズまで、オンラインストア限定でXS・XXLサイズの展開があります。167㎝、51㎏の筆者でSサイズでも問題なく着用できました。

ただビッグサイズ感が感じられず、リラックスした印象が得られなかったためMサイズを選択しています。ちなみにLサイズ以上だと着られている感が強くなってしまい、だらしなさが強調されるため大人な着こなしにはあまり向いていません。

そもそもなぜビッグサイズを打ち出しているかと言うとオーバーサイズのトレンドが影響しています。現在、装飾性を求める着こなしも流行っています。ジャストサイズで着用するより、オーバーサイズの方が着こなしに変化が現れるため装飾的と言えます。機能的な面でも夏に暑苦しくないようピタッとしているよりは、ややリラックスしたサイズ選びの方がオシャレに見られやすいです。

サイズ選びする際、袖丈のサイズ感に注目してみてください。筆者の着用感ですが、Sでは肘に掛かりませんが、Mだと肘に掛かります。L以上となると肘が隠れるようになります。先述しただらしなさの正体がまさにこれ。でかでかと過剰なオーバーサイズで差別化したいなど特に理由が無いのであれば、着回しやすい肘に掛かる程度の袖丈をオススメします。

袖丈はXSで22㎝、Sで23㎝、Mで24㎝、Lで25㎝、XLで26㎝、XXLで27㎝。たった1㎝の差かと思われるかもしれませんが、洋服のサイズ感で1㎝は思った以上に差を感じるもの。加えて肩幅の寸法もサイズが大きくなれば肩の位置が落ちてきますから、袖丈に影響します。

肩幅はXSで47㎝、Sで48.5㎝、Mで50㎝、Lで51.5㎝、XLで53.5㎝、XXLで55.5㎝。着用した筆者の肩の位置は若干下がり気味ですがほぼぴったり。

次に気になるのは着丈です。XSで67㎝、Sで69㎝、Mで71㎝、Lで74㎝、XLで76㎝、XXLで78㎝。お尻が完全に隠れる程度の長さになります。あまり短すぎると腰位置がバレてしまい不格好に見えてしまいます。お尻が半分も隠れると体型隠しとして機能するため、ご確認ください。

身幅は程よくゆとりがあります。さすがビッグシャツと言ったところでしょうか。XSで53㎝、Sで56㎝、Mで59㎝、Lで62㎝、XLで66㎝、XXLで70㎝。

首回りはXSで38㎝、Sで40㎝、Mで42㎝、Lで44㎝、XLで46㎝、XXLで48㎝。オープンカラーなのであまり首回りは気にしなくてもいいですが、一応普通のシャツのように使うことも可能です。

カラー展開:好みで選べる。白はスケスケ

00 WHITE、09 BLACK、32 BEIGE、57 OLIVE、69 NAVYの5色展開。BLACK、NAVYはダークトーンでありデニムに合わせるだけでもサマになります。真夏にハーフパンツを履きたいときにも子供っぽくなりすぎず使いやすいです。

少々変化を求めるならBEIGE、OLIVEが選択肢に入ります。BEIGEの方が色がやや薄く、スケが少々気になります。デザインのところでお話しした高級感のあるボタンなのですが、ベージュについているのは黒ではなく白なのも、少しだけ高級感が薄れるため減点ポイントとなります。

そんなわけで真夏に黒ばかりは、と思われる方にはぜひOLIVEをオススメします。筆者もこちらを選択しています。これがいい発色で、2018年春夏ユニクロUで展開されているカラーよりも好みだったため購入を決断しました。加えて1490円(+税)でこちらは半分ほどの価格。どちらも長所短所はありますが、手軽さと言う点でこちらが勝ります。筆者はオープンカラーシャツは初挑戦となります。

実は問題なのが定番のWHITE。これはイメージの問題なのですが、学生っぽさが強いのです。こればかりは黒スキニーでもサマにならずイメージの払拭が困難なためおすすめしにくいです。そしてスケスケです。

初めての一枚と言うには最適なオープンカラーシャツと断言できます。今年の夏はTシャツではなくこちらで、大人っぽい着こなしを試してみてはいかかでしょうか。胸元の開きは色気も感じられ、大人の男性にこそ着てほしいアイテムです。サイズ・色選びの参考にしていただければ幸いです。

GU / オープンカラービッグシャツ

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【75選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.09.14
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。