GUのオープンカラービッグシャツは価格不相応のツヤ感が魅力

今季のトレンドでもあるオープンカラーシャツ。今回はGUで見つけたオープンカラービッグシャツ(長袖)CSの、魅力的な点をちょっとした注意点を加えつつ、レビューさせていただきます。

魅力的なツヤ感とハリのある生地感

まず素材は綿100%。綿ですがその感触はサラリとしたもの。筆者は2018春夏のユニクロUのオープンカラーシャツも持っていますが、その風合いにとても似ています。わずかにユニクロUのほうが「厚みがあるかな?」と感じますが、明らかな質の差は見えません。

オフィシャルサイトに「ハイカウント(打ち込み本数の多い)綿」を使用しているとかかれていますが、薄手ながらしっかりとしたハリのある生地感になっています。オープンカラーシャツは開襟シャツともいわれます。

ネクタイを締めないことを前提につくられているカジュアル寄りのシャツのため、ややもすればだらしない印象を与えてしまいがちです。

しかし、このシャツはハリのある生地感のおかけでスッキリとしたシルエットを保ち、高密度の綿素材が上品なツヤ感を生んでいます。これらの要素がカジュアルになりすぎないように、バランスをとってくれています。

自宅洗いOK。ノーアイロンでもいけるイージーケアアイテム

クリーニングの扱いについてはオフィシャルサイトでも洗濯機OKの表示になっています。筆者も実際に自宅の洗濯機で洗ってみましたが、縮みや色落ちなどの問題はおきませんでした。ただ、ツヤ感が魅力の素材のため、ネット洗いなど一手間かけた方が良いですね。

また洗った後はある程度シワを伸ばして、ハンガーがけで干せば、特にアイロンは不要に思えました。もちろんアイロンでシワを伸ばした方がキレイにはなりますが、ハリのある素材のため、乾いた後に軽く手のひらなどで伸ばす程度で、そこまで気になるシワにはなりません。

また、ハリのある素材のため、着ているとある程度はシワが常時生まれます。街着として着る分には気にしなくてもよいかと思いました。

サイズ感と気を付けたいポイント

ハリとツヤ感が魅力のアイテムですが、サイズ選びの際に少し注意してもらいたいポイントがあります。このシャツはアイテム名に「ビッグ」と入っているように、流行のビックシルエットの作りになっています。そのため、サイズ感が若干大きめ。

普通のサイズ感覚で選ぶとややゆったりめのサイズ感になるかと思います。また縫い目のディティール部分に白糸のステッチワークが施されているので、適当にサイズを選ぶと中途半端にカジュアルな印象が強くなってしまいます。

そのため、ワンサイズ落としてジャストサイズとして着るか、ワンサイズ上げてしっかりとビックシルエットを活かすか、決めて選んだ方がいいでしょう。筆者はユニクロなどでは普通、Mサイズがちょうどくらいですが、このアイテムはSサイズがちょうどいいサイズ感でした(ちなみに裾の形はストレート。ちょうど腰回りが隠れるほどの長すぎない着丈感です)。

サイズ感や目立つステッチなど少しクセはありますが、ハリとツヤが魅力的な逸品。薄手のため、腕まくりをすれば夏場でも問題ない素材感です。定価1990円(+税)と手の出しやすい価格。今年の着こなしにプラスワンしてみてはいかがでしょうか。

メンズおすすめシャツまとめはこちら↓

【2018】おすすめメンズシャツを58点レビュー!あなたならどのシャツを選ぶ!?

2018.11.01
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

アラサーからアラフォーになりつつある、シンプル&ベーシック好き。 「地味過ぎず」「行き過ぎない」でどう差別化するのかを楽しく模索中。 人見知りの人好き。根はインドア。ファッションを好きになり、ちょっとアクティブになれたことに感謝している。