GUのオープンカラーシャツの出来はいかに?ユニクロ越えながらも気になる点有り!

リラックス感がありながらもシャツのディティールのため、カジュアルによりがちな夏でも一枚でサマになるオープンカラーシャツ。ここ1~2年のトレンドアイテムでもありますが、今年もまだまだ流行は続きそう。そして、トレンドアイテムを揃えるGUでも夏向けとして、オープンカラーシャツ(半袖)が昨年に続き、早くも登場しました。

また今年、2019年はユニクロのインラインでも半袖のオープンカラーシャツが初登場。いままではユニクロUのコレクション・ラインナップとしてのみ販売されていました。今年のGUオープンカラーシャツ(長袖)はマストバイな出来でしたが、果たして半袖は……ストレートにいうと、ユニクロ以上! ただしGUの長袖のほうが素材感は勝ります。長袖版やユニクロのインラインで登場したオープンカラーシャツ(半袖)とも比較しつつ紹介します。

素材と生地感

(ボタンは貝ボタン調。安っぽい印象はない)

まず生地の素材はレーヨン。レーヨンとは人工絹糸ともよばれ、シルクの代用品として開発された繊維です。広くは化繊の部類ですが、滑らかさと艶感が特徴の素材。本アイテム100%、レーヨン。レーヨン素材は悪い言い方をするとテロテロなものも多いですが、こちらはそこまでの過度な印象はなし。

ただ、レーヨン100%ということで、強い光沢や艶感を期待しているとそこまで艶めいた感じはありません。同じ今年のGUから出た長袖タイプはレーヨンとリヨセルの混紡素材でしたが、そちらの方が正直、艶を伴った質感は上。

ちなみにユニクロのオープンカラーシャツの半袖はレーヨンと綿の混紡素材。ユニクロU・2019SSコレクションのワイドフィットシャツと同じ素材感で、なめらかな触り心地ながらも艶感は抑えめ。

サイズ感とカラー展開

GUの商品説明では「開放感がある開襟シャツをビッグシルエットで仕上げました」とありますが、サイズ感的にそこまでワイドなつくりにはなっていませんでした。筆者は通常、ユニクロではMサイズがジャストですが、こちらもMでちょうどいいサイズ感。大きすぎるということはありません。普通のサイズ感で着たい場合は通常どおりの選び方で特に問題ないでしょう。

(裾はボックスカット/サイドに浅くスリット入り)

ビックシルエットで楽しみたい場合はワンサイズ、ツーサイズアップしても面白いと思います。ちなみにユニクロのオープンカラーシャツ(半袖)も特にシルエットはごく普通のサイズ感で、筆者はMがジャストくらいでした。

GUオープンカラーシャツ(半袖)のカラーバリエーションは、ブラック、ベージュ、グリーン、ネイビー、パープルの5色展開。トレンドに強いGUとしてはもう少し面白いカラーバリエーションがあってもいいかと思いますが、特にハズレなく、どれもベーシックに使えるカラー展開です。

クリーニングの扱い/ユニクロと比較してのコスパ

(クリーニング後の乾きあがり/そこまでシワは目立たない)

クリーニングの表記は「ネット利用の洗濯機OK」。筆者が実際に洗ってみたところ、問題ありませんでした。レーヨンというのは水に弱いので、正直、シワくちゃになるのでは、と少々心配でした。ただそこまでシワ残りはない、乾きあがり。もちろんリラックス感があるとはいえ、シャツの部類なのでシワがあると魅力が半減。アイロンがけをするに越したことありませんが、そのままでも着られる程度には乾きあがりました(若干、胸ポケットにシワ残りが発生します)。

(向けポケット部分/脇部分の縫い目部分が少々シワが目立つが許容範囲かと)

クリーニング後の乾きあがりについては綿混紡のユニクロのオープンカラーシャツ(半袖)の方がシワ残りが強かったです。イージーケアは、汗をかき、洗いたくなる夏場には強いアドバンテージに感じられます。

価格は1490円(+税)。ユニクロの半袖タイプが1990円(+税)と価格的にもGUの方がお手頃です。着るシーンや趣向にもよりますが、ファッションアイテムとして見た場合、正直、半袖のオープンカラーシャツについてはGUの方がひとつ上といえるでしょう。GUの長袖の素材感と比べると気持ち、出来は落ちますが、それでも税込みアンダー2000で手にできるレベルとしては魅力的。ベーシックなディティールのオープンカラーシャツを、セレクトショップでそこそこ値段を出して買うのだったら、断然GUの方がオススメです。Tシャツばかりになりがちな夏、いかがでしょうか。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【110選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2019】

2019.04.10
「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03