GUのオーバーサイズスキッパーシャツは季節の変わり目にオススメ

オシャレに季節感はつきもの。晩夏ともなればTシャツ1枚では少々物足りず、長袖シャツはまだ暑い。そんなときにGU「オーバーサイズスキッパーシャツ(7分袖)」がオススメです。プルオーバータイプで薄手の生地ながらハリと艶があり、Tシャツ一枚に比べるとデザインが豊富で大人顔。7分袖はオシャレな雰囲気と機能性が両立した魅力があります。

また、シワにもなりにくくイージーケアであるのも嬉しいところ。レディースアイテムなのですが、オーバーサイズなのでゆったりとした大きめの作りです。サイズを選べば男性でも着用可能な一枚。早速見ていきましょう。

被るだけで簡単にオシャレに見える

スキッパーシャツの特徴とも言えるガバっと大きく開いた首元。暑い時期には涼やかに感じられる一方で、少々開きすぎているためインナー着用は必須です。タンクトップが見える程度には開いていますが、いやらしさは無く程よくセクシーです。肌着っぽいものではなく、見せられるタンクトップを使いましょう。

一見小ぶりな襟は、Tシャツに比べると首元に高さがある分だけ対比で視線が誘導され、小顔効果に繋がります。更に襟立をすることで小顔効果は増しますが、その際小ぶりの襟がキザな印象を相殺してくれます。ピンと立たせた大きな襟はホストのようにワザとらしさがありますね。こちらは襟立するのに程よい大きさといえます。

プルオーバーのためフロント部分にボタンが配置されておらず、被って着用することになります。ボタンのあるシャツは簡単にドレスライクな印象を手に入れることができる一方、ボタンの付け外しによって脱ぎ着が面倒くさい場合があります。Tシャツを着るのと同じですから手間はなく、後述するイージーケアと併せて、簡単にオシャレに見せることが可能です。

※ドレスとは? http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

袖は7分袖になります。半袖よりも断然大人っぽいためこちらもオススメできる部分です。長袖がより大人っぽく見えることに違いありませんが、真夏に長袖は流石に暑いです。加えて長袖の袖まくりよりも7分袖をまくった方が袖に生地溜まらず快適です。袖口も広いため風通しはいいです。

また晩夏にもなれば夜風は涼しく感じるもの。半袖では寒いけど長袖を着る程でもない微妙な気候にも対応可能です。機能的にも見た目の印象的にも、7分袖のメリットは絶大と言えます。

ボタンはプラスチック製で、光沢があります。生地と同色で、サイズもかなり小さいです。悪目立ちせず安っぽくも見えません。

裾はラウンドカットになっており、腰位置が隠れるため体型隠しによるスタイルアップが狙えます。中央部にプリーツが入っています。

ハリのある生地が体型を拾いにくい

デザイン自体が視線誘導や体型隠しに効果的なのはお伝えした通りですが、生地によって更にスタイルアップ効果を実感していただけることでしょう。ポリエステル66%、綿34%のハリのある生地は、太っていても痩せていても、どんなボディラインにも沿わず体型を拾いません。これはデザイン以上に効果が分かりやすいです。本当に体型が隠れます。

ブロード生地の様な見た目で、ツヤがあるためかなり大人っぽい印象です。ストレッチは少しだけありますが、ハリと共にしっかりとした生地感。それでいて軽い着心地で、サイジングにもゆとりがあるため、着用時にストレスを感じることはありません。

イージーケアであることもポイントが高く、家庭で洗濯できます。洗濯は液温40℃を限度とし、ネットに入れて行ってください。干す際にパンパンとシワを伸ばす程度で十分なので、濡れたまま放置するようなことが無ければシワにもなりにくいです。アイロン掛けはあて布をしてください。筆者はスチームアイロンを試しましたが、簡単手軽にシワが伸びました。

色落ちについて注意書きがありますが、筆者の選んだNAVYでは特に色落ち、色移り等は見受けられません。NAVYよりも色の薄いWHITE、BEIGEに関しては確認できておらず申し訳ないのですが、念のためご注意ください。

インナー無しで着用してみたのですが、乳首透けがありません。これはレディースアイテム故、下着が透けないための配慮と考えられます。ハリのある生地はこんなところでもメリットとして機能しています。

ゆとりのあるサイズ感

ここまでデザインと生地のメリットをお伝えしてきましたが、男性読者の皆さまはサイズ感が気になるところではないでしょうか。XS~XXLまでの6サイズ展開。この内XS。XXLサイズはオンラインストア限定展開です。167㎝、51㎏の筆者でXLサイズ着用しています。

サイズ選びの決定打は着丈の長さにあります。XLでお尻が完全に隠れる程度の長さで、腰位置隠しによるスタイルアップ効果もバッチリです。XSで66㎝、Sで67㎝、Mで68㎝、Lで70㎝、XLで71㎝、XXLで72㎝。

肩幅のサイズは大きくなるほど袖丈に影響します。肩の縫い目が筆者の肩よりも下に落ちていますが、所謂ドロップショルダーのような状態です。オーバーサイズと合わせてリラックス感を演出できます。XSで53.5㎝、Sで54.5㎝、Mで56㎝、Lで57.5㎝、XLで59㎝、XXLで60㎝。

袖丈は腕を下した状態で手首より少し上に来ます。腕時計がしっかり見える程度の露出具合。2回ほどロールアップして着用するとすっきりしてこなれ感がでます。XS、Sで38.5㎝、Mで40㎝、L、XL、XXLで41㎝。

身幅はSサイズでも着用可能なほどで、L以上になると更に大きくなります。XLではブカブカしていますが、野暮ったくならない理由はラウンドカットの裾によるもの。生地が裾に溜まらず落ちてくれます。XSで57㎝、Sで59㎝、Mで61.5㎝、Lで64.5㎝、XLで67.5㎝、XXLで69㎝。

使いやすいカラー展開


http://urx3.nu/Lq6L

「69 NAVY」「00 WHITE」「08 BEIGE」の3色展開。ラインアップに黒がありませんが、筆者の選択したNAVYが最もダークトーンでそれに近い色合いです。真っ黒より清涼感で勝るため、夏のコーディネートにも向いています。

WHITEもベーシックな色合いですが、普通のシャツとデザインが違うため新鮮です。ちょっと変化のあるシャツを着たい場合かなりおすすめです。透けに関してはNAVYに一歩劣りますが、白シャツにしてはかなり透けにくいです。

秋を見据えた色選びならBEIGEもいいでしょう。どの色も捨てがたく、正直かなり悩みました。お手持ちのアイテム、ワードローブによって合わせやすい色等お気に入りの色を選びましょう。

筆者はユニクロの「スキッパーシャツ」も試したのですが、畳んで置いていてもシワになる上にGUのものよりもかなり薄手でペラペラです。独自のドレープ感など珍しいため、決して悪いアイテムではないのですが、男性にオススメしやすくよりイージーケアな点でこちらをオススメします。価格は1990円(+税)。セール価格では1490円(+税)。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【75選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.09.14

「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03

 

TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。