GUのシープボアフリースカーディガンはトレンドフルだが欠点もあった!

「フリース」といえばユニクロの代名詞。「ただしひと昔前に流行ったもの」と認識している人が多いかと思います。しかしいま、フリースはトレンドフルなアイテムとして復活しているのですが、昔のフリースをそのまま着ていいわけではありません。

今回はGUから、ユニクロUでも登場したボアフリース素材を使ったシープボアフリースカーディガンWUを紹介します。季節感と流行を手頃に楽しめるアイテムですが、ちょっとした注意も必要。そのあたりもキチンとお伝えします。

生地と素材感

まず本体生地は、ポリエステル100%。ボタンを留める中央部分のみ綿生地が使われています。シープ(羊)ボアとありますが、素材は天然繊維ではありません。名称は羊のようなふわっとした起毛を模した素材感を指しています。天然繊維ではないこと自体は悪いことではありません。今季2018秋冬のユニクロUでも似たような起毛したフリースカーディガンがありますが、こちらも素材はポリエステル100%です。

ただ同じポリエステル100%ですが、ユニクロUが優しい触り心地なのに対し、こちらはやや化繊っぽい乾いた感触が若干あり。値段の差と言ってしまえばそれまでですが、素材感でいえばユニクロUに劣ります。しかし、あくまで比較すればの話です。安っぽいテカりもなく、こちらが良くない素材というわけではありません。

また起毛しているのは表地だけになり、実際に袖を通す裏地は起毛がないフリース素材。起毛した素材はネルシャツなどだと引っかかって着にくいのですが、カーディガンとして羽織る際に着やすいような配慮がキチンとなされています。

シンプルなデザインと素材感による脱地味

首元はVネックデザイン。ボタンも同色ものが使用されています。無駄な装飾がされていないシンプルな造りながら、地味な感じはありません。服飾の印象は単純なデザインだけではなく、生地や素材にも左右されます。こちらのアイテムは、デザインはシンプルながらも起毛素材が使われているため、表情のある見た目となっています。

ノームコアのトレンドが終わり、少しずつトレンドになっている装飾性。しかし、急にトレンドが変わることもありませんし、いきなり派手な柄物は気持ち的に手が出しにくいもの。そんな時、このアイテムはシンプルながらも地味にならない、というデザインと素材感がいまのトレンドにマッチしています。


(ボタンも素材カラーと同色/テカリのなく悪目立ちしない)

Vネックのため、レイヤードもしやすく、秋口に軽く羽織ってもOK。またコートインナーとしてもマッチします。秋冬を通して使ってもらえるでしょう。

クリーニングについてと取扱注意

こちらのアイテム、クリーニングはネット使用での洗濯機OKとなっています。筆者が実際に自宅でネットに入れて、クリーニングをしたところ、問題ありませんでした。ボアの毛羽立ちが悪くなることもなく、自宅洗いは問題なさそうです。ただし1点だけ、注意事項が。それは、ボアの毛がとても抜けやすいこと。そして、その抜けた素材がシャツなどについてしまいます。表地のボア部分にだけ注意すればいいのかとも思い、気を付けて袖を通しましたが、残念ながら下のシャツに目立つほどに毛が付いてしまいました。


(どの程度抜けるのかの検証。一回羽織る際にこの程度、下に落ちました)

クリーニングすることで収まるかとも思ったのですが、それでも抜け方は変わらず。そのため、羽織る際は下に着る服の色合いに注意。毛が付くことを前提に目立たない色合いにした方がいいでしょう。

カラー展開は、ホワイト、ブラック、オリーブの3展開。サイズ感は特にオーバーサイズということはないので、通常のサイズ感で選んでいいでしょう。価格は2490円(+税)。注意すべきポイントもありますが、面白いアイテムです。

GUオススメアイテムまとめはこちらから↓

【87選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

2018.11.04
「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

アラサーからアラフォーになりつつある、シンプル&ベーシック好き。 「地味過ぎず」「行き過ぎない」でどう差別化するのかを楽しく模索中。 人見知りの人好き。根はインドア。ファッションを好きになり、ちょっとアクティブになれたことに感謝している。