2490円で買える最強の黒スキニー『GU ストレッチスーパースキニージーンズ』をレビュー

メンズの定番アウターといえばチェスターコート。ロング丈ならば他にもステンカラーコートやモッズコートという選択肢もあります。ショート丈ならば中綿入りマウンテンパーカやダウンジャケットなどなど、筆者がつらつらとアウターの種類を書き連ねたのには理由があります。

これらのアウターは上半身にボリューム感がでます。すると、スタイルをよく見せるには、Yラインシルエットを構築する必要があるのです。

冬はYラインシルエットでスタイリッシュに見せよう!

Yラインシルエットとは「上半身のボリュームを大きく見せて、下半身は出来るだけ細く見せる」という文字どおり「Y」をつくるシルエット。そもそも「スタイルが良い」というのは、現代においては「顔が小さく、手足がスラリと長く、細身である」ことをさしています。

Yラインシルエットにはメリハリが非常に大切です。半端にボリューム感のある上半身と半端に細身の下半身を組み合わせても、目をみはるような効果は得られません。むしろモッサリと野暮ったい印象を与えてしまうことも……。

ドカッとボリューム感のある上半身にキュッと細身の下半身を組み合わせて初めて「パッと見で、他とは違うスタイリッシュさ」を手に入れることができます。前置きが長くなりました。筆者が満を持してオススメしたいタイトなパンツがGUの超大型店&オンラインストア限定商品「ストレッチスーパースキニージーンズ」です。

知る人ぞ知るGUの”超”攻めたアイテム『ストレッチスーパースキニージーンズ』

いわゆる「スリム」よりもさらにタイトなモデルを「スキニー」といいますが、今回紹介する「スーパースキニー」は「スキニー」の更に上を行く”超”細身のモデルです。ユニクロやGUはその規模感からどうしても万人受けする商品を作らざるを得ません。

買う人が限られている商品を作ってもしょうがないわけです。しかしそんななかでも少ない店舗展開でチャレンジ精神旺盛な商品も開発・販売しています。今回紹介する「ストレッチスーパースキニージーンズ」もユニクロUなどと同様に展開店舗が限られています。

筆者は札幌中心部にあるGUへ行きましたが、そこで店員から「その商品は東京や大阪でないと売っていません。あとはオンラインストアです」と告げられたほどです。

オンラインストアで買う前にインチ数と丈を確認しよう

そこで、GU全店舗で取扱がある「ストレッチスキニージーンズ」を試着して、自分のウエストサイズで履けるインチ数がいくつなのかを確認しました。また、丈を何cm詰めるべきかも測ってもらいました。177.5cm、62.5kgで29インチ、丈は75cmとしました。

ウエストはボタンがギリギリ留まるレベル。丈はちょうどくるぶしが隠れるくらいです。スタイリッシュに見せたいなら足首付近の余計な布のダブつきは厳禁。丈つめは必須です。個人的には上述程度が好みです。なお、筆者はユニクロのイージーアンクルパンツならばSサイズ。

ストレッチウールスリムフィットパンツならばサイズ76が適正サイズです。厳密には「ストレッチスーパースキニージーンズ」は「ストレッチスキニージーンズ」と比べ、ウエストサイズは同じでも股上が0.5mm短く、かつ、わたり幅も0.5cm短いので、スーパースキニーの方がウエスト部、及び、太もも付近においても若干タイトになるのですが、指標が何もないよりはマシだと思います。

GUはオンラインストアで購入した商品を店舗で返品も出来るので、スキニージーンズの29インチが履けたから、スーパースキニーは29インチと30インチを取り寄せて、吟味してから一方を返品するという方法も可能です。

29インチは驚愕の裾幅14cm!

仮にウエストサイズが73cmだとすると、ユニクロならレギュラージーンズは裾幅19cm。スリムフィットで18cm。スキニーフィットで15cm。GUのスキニージーンズでも15.5cmです。洋服は1cm違うと印象は大きく異なります。

裾幅14cmのスキニージーンズなどという攻めた商品はこれまではジーンズ一本2万円弱から〜という価格帯のブランドでしか作られてこなかった領域です。そんな極細パンツがいまやGUで2490円(+税)で買えるというのだから我々消費者にとっては本当にいい時代になりました。

自分が標準体型、もしくは標準体型よりもやや痩せ型であるという方は是非手にとってみてください。地方ならばオンラインストアで購入できます。これまで何気なく着ていた冬のボリュームアウター達が、極細パンツを下半身に持ってくることで一気に垢抜けてスタイリッシュに格好良く見えてきますよ。必ず驚きます。

ディティール、去年のモデルと及び、の違い

ディティールは徹底してオーソドックス、かつ、ミニマルです。コインポケット付きのいわゆる5ポケットパンツであり、バックポケットの位置なども高くもなく低くもなくです。ボタンなども全て黒になっているのがミニマルな印象を一層加速させます。黒スキニーがどんなトップスでもサマに見せる名脇役であることを心得ているからこそのミニマル志向なわけです。

ストレッチ性はどうでしょうか。細身のパンツではストレッチ性は「履きやすさ」という面で重要です。しかし一方でストレッチ性が高すぎると「足のラインを拾いすぎる」というデメリットもあるでしょう。

元々足の形に自信がある方ならば問題ないのでしょうが、筆者のように30歳を過ぎて体型が崩れ始めているとある程度の硬めの生地で「格好良い足のライン」を作る手伝いもして欲しいという思いもあります。

その点、GUの「ストレッチスーパースキニージーンズ」は適切なストレッチ性であると言えます。こういった極細のパンツに慣れていない人が履いたなら、「硬い!」と驚くかもしれませんが、これくらいのストレッチ性が最大公約数的にこの商品を手に取る方々の脚を最も美しく見せる硬さなのだと感じます。

デニムパンツは縦と横糸に異なる色の糸を使うことで生地に表情を出すものですが、こと黒スキニーにおいては両方の糸に黒を使うことでムラを無くし、より深い「黒」を表現することが多いです。「ストレッチスーパースキニージーンズ」でも同様です。生地を裏返して黒ければ黒×黒の証しです。

少しでも興味があるならば今買うべき理由

実はGUが「スーパースキニー」を販売するのは2017年が初めてではありません。2016年も冬に販売されていました。冬にしか販売しないのはGU側も「冬のボリュームアウターに合わせてこそ真価を発揮するパンツである」ということを明確にわかった上で販売しているからなのでしょう。

何を隠そう、私は去年のモデルも購入しています。去年はなんと今年よりも更に0.5mm裾幅が細かった。29インチは裾幅13.5cmでした。そのうえ生地も今年のモデルよりも硬かったです。おそらく去年のモデルが攻めすぎたのかもしれません。

今年は展開店舗が去年より減少して、生地が少し柔らかくなって、裾幅が0.5mmだけ広がりました。そう考えると、今年買わないと来年発売される保証はないわけです。黒のスキニーデニムはメンズファッションの基本中の基本のアイテム。

前述の通り、どんなトップスもサマに見せてしまう万能パンツです。しかも通常ならばファストファッションでは作らないレベルの裾幅まで攻めた格安・最強のパンツがこの「ストレッチスーパースキニージーンズ」です。サイズがあえば2〜3本まとめて買っておいてもいいくらいかもしれませんよ!

最後にもう一つコーディネート画像を。なんてことはないニットとシャツの組み合わせですが、「ストレッチスーパースキニージーンズ」の黒を合わせるとこんな感じに。巷にあふれるレギュラーフィットのインディゴデニムではこう簡単にはサマになりません。

「【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03

「ジーンズを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【36選】デニムを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.05.05