高コスパすぎて思わず2色買いしたGUのスエードタッチスリッポン

秋冬の季節に是非履いていただきたいのが、スエード素材のシューズ。しかし本革の靴はどうしても、そこそこ高価になってしまうので、「靴にまで使えるお金がない……」という方も多いでしょう。

そこでオススメなのが、GUの「スエードタッチスリッポン」。価格は1990円(+税)と激安なのですが、これが素晴らしい出来なのです。

シンプルな作りのスリッポン

「スエードタッチスリッポン」は名前の通り、スエード風のフェイクレザーで作られたスリッポン。

ちょっとしたドレススタイルから、普段なカジュアルスタイルまで、幅広く使えて便利なスリッポンですが、ちょっと子供っぽい物も多いのです。フォルムが太すぎたり、ソールが厚すぎたり、色の切り替えが目立ったり……。

ですが、この「スエードタッチスリッポン」はなかなかスマートに作られています。アッパーは細身でボリュームはあまりなく、ソールも太すぎずちょうどいい幅。おまけに目立つデザイン等はなく、非常にシンプルなデザインになっています。

もちろん、「フォルムの美しさが際立つ名品だ」などと大げさなことは言えませんが、十分合格点。また、ファッションとして使いやすいのも、このスリッポンのメリット。

スリッポンというカジュアルな分類ですが、「スマートなフォルム」そして「スエード素材」という2つの要素が合わさっているので、「スニーカー」以上、「革靴」未満で使えます。

デニムと合わせてもカジュアルすぎることにはなりづらいし、スラックスと合わせてもキメすぎにはなりづらい……ということですね。幅広いコーディネートにマッチしてくれます。

さて、次はおそらく皆様が最も気になっていると思われる、「素材」について。「GUの靴なんて履けるわけない!」「2000円の靴なんて……」と思っていませんか(笑)?

本物のスエードとほとんど見分けがつかないレベル

実は、私はGUで靴を購入するのは今回が初めて。なので、それまで勝手に「GUで売ってる靴なんて履けるわけない」「2000円の靴なんて安っぽいに決まってる」と思い込んでいました。「特にレザーシューズなんて、こんな低価格でまともな物が作れるわけがない」と。

ですが、実物を見てびっくり。まるで本物のスエードのようなリアルな見た目に驚かされました。フェイクレザーですが、嘘っぽさがほとんどありません。スエードらしい起毛感もしっかりと感じることができます。

目が肥えた方であれば、間近でじっくり見ればフェイクレザーだと分かるでしょう。ポリエステル特有の光沢が微かにあるので、至近距離でよく見れば本革ではないと気づきます。

ですが、普通に履いている分にはまったく分からないレベル。「俺の靴を舐めろ!」とでも言わない限りはバレないので安心してください。レザー製品を見慣れていない方であれば、間近で見ても簡単に騙せてしまうでしょう。

もともと格安のアイテムですが、ちょうど私が買い物に行ったときはセールで500円OFFになっていたので、色違いで2足買ってしまいました。こちらはダークブラウンになります。

もちろんダークブラウンのスリッポンの素材も、リアルな風合いをしています。どの色も良かったですが、黒とブラウンのダークカラーのほうがテカリが感じにくく、より本物らしい雰囲気がありました。

黒もベーシックカラーで使いやすいですが、こういったブラウンカラーを選ぶのもオススメですね。特にスエード素材のダークブラウンの靴は、秋冬に大活躍間違いなしです。

ディテールなど 履き心地も問題なし!

かかと部分もシンプルなデザインになっています。ロゴなどもありません。内側にはクッションがあり、かかと部分の生地が足に食い込んでくるような感じもありません。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、内部にはクッション性のある柔らかなインソールが入っています。このおかげで、履き心地はなかなか快適。ちなみにインソールは取り外し不可です。

実物を見て、そのリアルな素材を確認した後でも、「いやいや、いくら見た目が良くても2000円の靴だ。さすがに履き心地まで……」と足を入れたが最後、気が付いたらレジに並んでしまっていました。街をちょっとブラブラする程度であれば、全く問題ありません。

スリッポンとしては標準的な厚みのソール。このおかげで少しカジュアルになっているので、革靴よりラフに使えるのです。

全カラー、ソール部分は白色になっています。このソールの部分の素材がちょっと真っ白すぎるので、近くで見ると少し安っぽく見えるのが残念ですが、そこまで目立つわけではなく、これも履いていればあまり気にならないですね。

スリッポンなのでサイズ選びは慎重に!!

サイズは25cm〜28cmまで、1cm刻みで展開されています。ここで注意していただきたいのが、スリッポンタイプなので、靴ひもで調整できないということ。

スニーカーであれば多少大きなサイズでも、靴ひもでギュッと締めることはできますが、スリッポンはそれができないので、サイズ選びには少し慎重になる必要があります。

なので、試し履きしてからのご購入をオススメします。オンラインストアで注文される場合も、2〜3サイズ同時購入して、履き比べてみてください。返品は簡単にできますので。

私は、普段シューズは27.5cmくらいが多いのですが、今回は28cmに。27cmも問題なく履けたのですが、少しだけ窮屈に感じ、しかもその時はかなり薄い靴下を履いていたので、余裕を持って1cmアップしました。

28cmでも、歩くときにかかとが浮いたりすることもなかったので、それに決定しました。

また、靴のフィッティング具合は、朝と夕方では変わってきます。一般的に、夕方になれば足は少しむくんでくると言われています。なので、もし朝に試し履きしてみて、そのときキツ目のサイズを選んでしまっていると、足がむくんでくる夕方には履けなくなっている可能性があります。

靴下の厚みでもフィッティングは変わってきますね。スエードシューズなので、是非とも秋冬にも大活躍してほしいところ。そうなると今より靴下は厚くなるはずなので、その分も計算して、少し余裕を持ったサイズを選んでみてください。

このGUの「スエードタッチスリッポン」の価格は、1990円(+税)。格安にもかかわらず、安っぽさをほとんど感じさせない見事な出来映え。お買い得感満載のアイテムです。是非チェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter