スキニーを履けない人でも履けるGUスーパーストレッチカラースキニーパンツ

今回は、新商品(2017年7月末現在)の、GU「スーパーストレッチカラースキニーパンツ」をレビューします(注意:GUはスキニーパンツを複数型出しています。商品をお間違えなく!)。

今回お勧めしたい対象の方は、「脚が筋肉質」な方。「俺は脚が太いから、スキニーなんて入らないよ」と思う方も多いでしょう。ですが、このスキニーパンツなら、かな〜り筋肉質な方でも、スキニーデビューできるでしょう。なぜ、筋肉質な方にもお勧めできるのか、順を追って述べさせていただきます。

基礎からチェック! スキニーパンツのデザインとメリット

 

そもそも、スキニーパンツとは何でしょうか。パンツ(下着じゃありません、「ズボン」の事です)と一言に言っても、いろんな種類があります。ビジネスで使うスラックスや、アメカジと言ったらの薄い水色デニム、ポケットがたくさんついているカーゴパンツ、夏のお供ハーフパンツetc.

では、いろんなパンツをどう区別していけばよいのでしょうか。ここで役立つのが、MB氏が提唱するドレスとカジュアルのバランスの理論。読んでいただいてる方ならお分かりの通り、アイテム毎にドレスとカジュアルを見抜くポイントがあります。それが①デザイン、②シルエット③素材(カラー)です。洋服を買いに行く時は、常にこの3つのポイントを意識して、洋服を見ることをお勧めします。

話は戻って、スキニーパンツとは、どのようなパンツのことを言うのでしょうか。それは、①ロング丈で、②肌に張り付くほどタイトなシルエットのパンツを言います。

実はパンツは、シルエットの違いだけで、いろんな名前があります。太いとワイドパンツ、ストンとまっすぐのストレートパンツ、少し細めのスリムフィットパンツがわかりやすいでしょう。それ以外にも、裾(すそ)の形の違いも名称があります。裾に向けて広がっているとフレアパンツ、裾に向けてすぼまっていくのがテーパードパンツ、といった具合です。まだまだありますが、ここでは割愛します。

スキニーパンツの形のポイントは、シルエットだ、とまずは押さえておきましょう。参考に、下の着用画像で画像でスキニーのシルエットを見てみてください

では次に、スキニーパンツを履くメリットは何でしょうか。スキニーパンツを履くと、下半身のシルエットは極細になります。肌に張り付くほどタイトなわけですから、脚のラインが出るような形になります。

下半身のシルエットが極細になると、どういうメリットがあるのでしょう。ここでも役立つのが、MB氏をはじめとする、ファッションの理論です。一般的に、ファッションでオシャレに見えるためのシルエットが、大きく3つあるのです。それは、①Yラインシルエット、②Iラインシルエット、③Aラインシルエットです。
オシャレに見えるためのシルエットとは?http://www.neqwsnet-japan.info/?p=3026

これらは何を表すかというと、上半身と下半身のシルエットのバランスを意味します。Yラインは上半身のシルエットが大きく(太く)、下半身のシルエットが小さい(細い)、Iラインは上半身・下半身共に小さい(細い)、Aラインは…もうわかりますよね。上記3つのシルエットを徹底すると、想像以上にオシャレに見えます。逆に、なんかイマイチな格好だな、と思う場合には、シルエットを徹底するとサマに見えたりします。

スキニーパンツは、下半身のシルエットを極めて細く整えてくれます。すなわち、スキニーパンツは、上記3つのシルエットのうち、①Yラインシルエット、②Iラインシルエットを作るお膳立てをしてくれると言えます。

したがって、オシャレに見せる目的があるのであれば、スキニーパンツは極めて優秀な相棒になるのです。スキニーパンツを履くメリットは、シルエットづくりに役立つ、ということを押さえてください。

GUのスキニーパンツの特徴はズバリこの3つ!

では、アイテム紹介です。このスキニーパンツの特徴は何でしょうか。それは、①極細シルエットを出せる、②ストレッチ性(伸縮性)が極めて高い、③ツヤ感がある点です。

まず、①の極細シルエットが出せる点ですが、同じスキニーパンツと言えども、必ずしもシルエットが極細になるとは限りません(昔のユニクロのスキニーデニムしかりです)。その点、このGUのスキニーパンツは、肌に吸い付く形状で、極細のシルエットが実現されます。

次に、②ストレッチ性(伸縮性)が極めて高い点ですが、これがこのスキニーパンツの一番の特徴と言っていいでしょう。ストレッチ性が出るポイントって、何だか知っていますか? 一つの大きなポイントとして挙げられるのが、素材。「ポリウレタン」という化学繊維が使われているか否か、そしてその割合はいくらか、という点です。スキニーパンツは、肌に吸い付くシルエットであるため、通常であれば履きにくい動きにくい。そこで、ストレッチ性がカギとなります。

この点、GUのスキニーパンツ、ポリウレタンがなんと15%も入っています。これは極めて多い数字です。某セレクトショップのオリジナル品では、スキニーデニムですがポリウレタンが1 %しか入っていないものもあります(その分見た目や耐久性に利点があるのかもしれませんが)。個人的には、ポリウレタンが5%入っていれば、十分スキニーパンツとして履きやすさが認められると感じます。

繰り返しますが、GUのスキニーパンツは15%。めちゃくちゃ履きやすい、動きやすいです。みなさんGUに行かれた際には、試着だけでもぜひ一度してみてください。

そして、③ツヤ感がある点です。スキニーパンツと聞くと、「スキニーデニムのことでしょ」と脳内変換する方も多いのではないのでしょうか。スキニーと言ったら、デニム素材。ザラザラとした表面が特徴的な織り方の、誰もが知ってる素材ですね。

ところが、GUのこの商品は、デニム素材ではありません。カットソー素材、とでもいったらよいのでしょうか。チノに近い、凹凸感のないツヤのある素材感です。これは何を意味するかというと、上述のMB氏の理論の、③素材に関連してきます。素材は、ツヤがあるほどドレス感があります。

そしてこのスキニーパンツは、ツヤがあります。したがって、かなりドレスライクなアイテムなのです。ここは好みが分かれるところと思います。ですが、ヴィンテージな風合いのスキニーデニムは持ってる、という方が2本目に持つスキニーとしてもいいてしょう。僕はこの理由で購入しました。

筋肉質な人もスキニーを履ける! 2つの理由とは

最初に述べましたが、このスキニーパンツ、筋肉質な方にお勧めできます。その理由は2つあります。それは①履きやすい、②パツパツ感が出にくい点です。

まず、①の履きやすい点は先ほど述べました。筋肉質な方は、足が太いので、細いパンツは特に履きにくい。ですが、このスキニーパンツは、ポリウレタンが15%も入っているので、履きやすいです。そのため、筋肉質な方にこの上なく優しいスキニーパンツと言えるでしょう。

そして、大事なのが②パツパツ感が出にくい点です。筋肉質な方がスキニーを避ける、一番の理由、それは「パツパツ感が出てタイツみたい。ダッサくなる。」点だと思います。

事実、筋肉質な人は、普通の人以上に足のラインが強調され、筋肉が浮き出ます。それはスキニーの性質上仕方がないことなのですが、これに違和を感じる人が多いのです。

ですが、このGUのスキニーパンツは、パツパツ感が出にくいです。上の写真を見ても「うわ、パツパツ…」とは思わないでしょう?

なぜかというと、これは一つに高いストレッチ性にあります。パツパツ感というのは、生地がこれ以上我慢できないくらいに伸びきった結果生じるものです。ですが、このスキニーパンツは、極めてストレッチ性が高いので、太い足が入っても、生地が伸びきる状態にはなりません。そのため、パツパツ感が出ないのです。

また、色もムラのない単色ですので、黒をチョイスすれば、生地を曲げ伸ばした時に出るシワが出にくく、ムチムチ感がより軽減されます。

ムチムチ感が出ないスキニーパンツは、なかなか出会えません。実際、GUの別型のスキニーデニムはパツパツ感が強く、筋肉質な人にはお勧めできません。その点、このスキニーパンツはレアなアイテムと言えます。

GUのスーパーストレッチカラースキニーパンツ、選ぶポイントは?

そして、筋肉質な方にお勧めの、チョイスするポイントです。まず、黒を選びましょう。これは、①パツパツ感軽減ができる、②収縮色のため、極細シルエットが作りやすい点から、オススメです。次に、サイズを複数試してください。面倒だとは思いますが、ジャストサイズ、ワンサイズ上を試しましょう。

そして、鏡で腰回りのパツパツ感を比べ、より気にならない方を選んでください。おそらくワンサイズ上がいいのではないでしょうか。

「サイズを上げたら、スキニーの極細感が出なくなるんじゃないの?」と思うかもしれません。この点、さほど問題ありません。このスキニーは足に吸いつく極細シルエットですので、ワンサイズ上げてもシルエットにあまり支障は出ません。

そうは言っても、ワンサイズ上げるとその分、少しすそ幅が広くなります。これは、ロールアップして身体の細い部分である足首を見せれば、見た目の細さは担保されます。それでも、ロールアップした部分がかさばり、少しだけ気になります。残念ながら、100%文句のないシルエットにはなりません。

ですが、2490円(+税)という値段を考えると、それくらい妥協できるラインかな、と思います。それ以上に、スキニー未体験の人は、今までの自分のパンツとのシルエットの違いに驚くはずです。

最後に、簡単に着こなし提案です。今でしたら、Tシャツ、スキニーパンツ、サンダルで十分様になる格好ができます。スキニーパンツがドレス寄りですので、Tシャツは色物でも大丈夫でしょう。

新作のGUのスーパーストレッチカラースキニーパンツ、店頭からなくなる前にぜひ試してみてください。

 

DaiKi

この記事を書いた人

DaiKi

身長171cm 体重56kg 靴26.5

人にファッションを勧めるのが好き。あらゆる体型の人を想定し、似合う服を常日頃から考えている。