メンズが履いても違和感なしのGUウエストリボンテーパードパンツ

今回ご紹介するアイテムは、無地のアイテムに飽きて柄物に挑戦したいけど勇気が出ないという方におすすめの柄物アイテムになります。

しかも、レディースの柄パンツという字面だけ見たらとてつもなくエキセントリックな感じですが、想像以上に使いやすいものになりますので安心してください。

それがこちらの、GUのレディースで展開されている「ウエストリボンテーパードパンツ(チドリ)」という、お値段1990円(+税)で販売されているプチプライスアイテムとなります。

https://goo.gl/EQuYQY

レディースパンツを選ぶなら、腰回りがゆったりしたテーパードシルエットがおすすめ

男性と女性では骨盤の作りなどが違ってきますので、細みで履きたいからという理由でレディースのスキニーパンツなどを履いてしまうと、股上が非常に浅く、太もも部分もピチッとフィットする形になるので、ぱっと見でレディースパンツを履いてるということがわかってしまいます。


男性がこういったシルエットのパンツを履いてしまうとどうにも新宿二丁目感が出ちゃいますので、着ていく場所によっては非常に危険なコーディネートになってしまいます(そういった嗜好が悪いというわけではないので悪しからず!)。

GUのウエストリボンテーパードパンツについては、股上が深く、太もも周りもゆったりしていますので、男性が履いても脚のラインが出ずにレディースパンツでも比較的違和感なく履けるようになっています。

自分はこちらのパンツを購入してから10回近くは着用していますが、いまだにレディースパンツだと気づかれる気配はありません。

そして、ウエストから裾に向けてテーパード(先細り)しているので、ゆったりしたシルエットでも先端部分である足首が引き締まってすっきりした印象が出ますので野暮ったくもなりません。

ゆったりしたシルエットと言えば、レディースではワイドパンツが流行っていますが、こちらも男性が履いてしまうと女性らしさが出てしまいやすくなるアイテムなので注意が必要です。レディースのワイドパンツはテーパードパンツとは逆に、裾に向かってフレア(末広がり)する作りになっていることが多く、どことなくスカートっぽい感じが出てしまうんです。

なので、男性がレディースパンツに挑戦するのであれば、ウエスト周りや太もも周りがゆったりとしていて、裾に向かって細くなるテーパードシルエットのパンツが履きやすくなっていますので、レディースパンツを活用したい方はご参考にして頂ければと思います。

柄パンツといっても派手すぎない落ち着いたデザイン。

今回紹介している「ウエストリボンテーパードパンツ(チドリ)」は柄自体のサイズも小さく、モノトーンの配色のため遠目からだと無地パンツにも見える感じになっています。

柄パンツというと、派手で着まわしにくいものだと思われる方も多いかもしれませんが、柄の大きさや色使いに注目することで、柄物でも落ち着いた印象の着まわしやすいアイテムを見つけることができます。

それと、千鳥格子という柄はスーツでも使われてることがありますので、総柄だとしてもどことなく大人っぽい雰囲気が出ますし、クラシカルな感じが個人的に気に入りました。

http://blog.livedoor.jp/cinque1/archives/50560207.html

素材に関しては、ポリエステル65%・レーヨン33%・ポリウレタン2%といった割合になっています。

ポリエステルがメインになりますので、シワがつきにくくストレスなく履けて、レーヨン混によるスラックスのような落ち感が上品で大人っぽい印象を出しています。生地は薄めでさらっとした肌触りですので、真冬以外であれば問題なく履けそうです。

ただ、履いていくうちに細かい毛玉が出やすいところがあるので、そこは少しだけ不満点になりますね。

ドレスとカジュアルのバランスで言えば、デザインや素材がドレス寄りで、シルエットがルーズでカジュアルになりますので、カジュアル要素のある街着でも使いやすいドレスアイテムになっています。(ドレスとカジュアルのバランスとは?:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

ワイドパンツ風に履くなら普段よりも大きめサイズを選ぼう。

ウエストがゴム仕様になっていてゆったりした作りになってますので、メンズアイテムで普段履いているものと同等のサイズ感でも問題なく履くことができるかと思います。ただ、デザインや素材がスラックス調のドレス寄りのパンツになりますので、自分はあえてオーバーサイズのXLサイズでワイドパンツ風のシルエットにしてカジュアルダウンさせるようにして履いています。

オーバーサイズといっても、ウエスト部分のゴムがしっかり効いてますので腰回りがブカブカになることはなく、ベルトループも付いてますので不安であればベルトを巻くこともできます。

シンプルな無地Tとあわせても地味になりすぎないし、夜の雰囲気が出てしまいがちな黒シャツとあわせても、ゆったりとしたシルエットとさりげない柄がほどよいカジュアル感を出してくれますのでキメすぎな印象も和らげてくれます。

裾部分にクッションが入って野暮ったいと感じた場合もロールアップをすることでテーパードシルエットが強調され、ルーズなサイズ感でもすっきりと見せることができます。

ちなみに、自分の体型は身長178cm・体重64kgのやや細身体型で、普段履いてるパンツのサイズ感はメンズアイテムでMサイズが適正サイズになります。

秋にも使える柄と色使いで、柄パンツ未経験者にもおすすめ。

最後にウエストリボンテーパードパンツを使った秋向けのコーディネート例もあげておきます。

トップスはドレスライクな白シャツを使い、ボトムはスラックスデザインの柄パンツで、ほどよく抜け感のあるコーディネートになっています。

上下ともにルーズなシルエットのサイズ感になりますが、裾と袖をロールアップすることで先端部分がすっきりして全体的に野暮ったくならないようにしました。

ダークトーンで主張しすぎない色使いに、千鳥格子というクラシカルでスーツを連想させる落ち着いた柄になりますので、これからの季節に無地のパンツは飽きてきたけど派手すぎるのはちょっと、という方におすすめできるアイテムになります。

カジュアルに傾倒しがちだった夏からの反動で、秋口にはシャツやジャケットといったドレスライクなアイテムを使いたくなるかもしれませんが、キメすぎなコーディネートにならないように少しだけ遊びを入れたハイブリッドな柄スラックスを一本持っているとバランスが取りやすくなりますよ。

 

よっこん

この記事を書いた人

よっこん

身長178cm 体重63kg 靴28.5cm

三度の飯より、服が好き、よっこんです。ユニクロ・guなどのファストファッションをメインに、シンプル&スタイリッシュな着こなしが大好物な26歳。 最近は古着の世界を知り、個性を出したコーデにも徐々に興味が出ている。