差し色に使えるリーズナブルなH&Mのハイネックセーター

みなさんシンプルな着こなしには飽きてきていませんか。白や黒のモノトーンを使った着こなしは安心感がありますが、変化がなく地味に感じているのではないでしょうか。それもそのはず、ファッションの流行はシンプルなものから少しずつ装飾のあるものへ変化しています。

ここで言う装飾とは柄のあるアイテムや色のあるアイテム等の事を指していますが、その中でも今回紹介するエイチアンドエム(H&M)「ハイネックセーター」がなかなか使いやすいので紹介したいと思います。

コートのインナーに使いやすいビッグシルエットのハイネックセーター

このハイネックセーターはこれからの季節に活躍するロングコートなどの丈の長いアウターに合わせるにはもってこいのビッグシルエットです。ビッグシルエットといってもそこまで大きいわけではないので着やすさは抜群です。

エイチアンドエム(H&M)の服は日本のブランドより着丈が長めの為大きく見えますが大体1~2サイズ位大きいくらいです。

身幅はそこまで大きくないですし、袖も細く、肩の部分が落ちているようなデザインのラグランスリーブになっており、着てみると案外スッキリして見えます。

なぜビッグシルエットがロングコートのインナーに合わせやすいかと言いますと、それは腰の位置が隠せるのと、コートとの着丈の差が少なくなるので何処から足なのかがよくわからなくなり足長効果につながるからです。

リブが多いデザインだが

リブとはこのセーターで言うとハイネックの部分と袖口と裾の部分にある凹凸のある部分の事です。リブ編みとも言いまして、横方向に伸縮する為、袖口や首元や裾などに使われる事が多い編み方です。

セーターの裾がリブ編みだと体にフィットする為、動いているうちにリブの部分が上がってきてしまい気になるのですが、このセーターは身幅が大きいため上がってくる事はありません。ハイネックの部分もリブ編みになっていますが首の締め付けはなく、ゆったりとしています。

Mサイズの平置きでのサイズは身幅53cm、裄丈83cm、着丈65cmです。素材はナイロン53%、ウール31%、アクリル16%です。クリーニングに出さなくても自宅の洗濯機におしゃれ着モードがあれば、洗濯機でも洗うことができます。干すときは伸びてしまうので置き干しにしてください。

このセーターはアルパカウールが使われており、割と厚めの生地なのでインナーを着るだけで暖かいです。ですが、素肌に触れるとチクチク感がするので苦手な人は気になるかもしれませんが、ビッグシルエットで体にフィットしない為気にならない方がほとんどでしょう。

色のあるセーターはモノトーンに1点加えるだけでいい

このセーター色はマスタードイエローなのですが、くすんだ色なので使いやすいです。これが色彩のはっきりしているネオンカラーだと合わせが少し難しくなりますが、この位くすんだ色なら悪目立ちしすぎることもないです。

今まではハイネックのセーターにチェスターコートに細身のパンツにスニーカーなんかのコーデをモノトーンで合わせていたと思いますが、ハイネックのセーターをこのセーターに変えるだけで地味な印象がなくなり、今年らしさが作れると思います。

安いので他の色を揃えてもいい

このセーターの価格は4999円(税込)なのですが、エイチアンドエム(H&M)はセールになると半額以下で買えるのでそこを狙って買ってもいいかもしれません。私もこのセーターを買ったときちょうどセールをやっていて、2000円(税込)で買えました。

現在は安くなっていないようですが、冬のセールはこれからなのでそれまで待ってもいいですね。

このセーターの色はマスタードイエローの他にブラック/グレーメランジ、ダークオレンジがありますがオンラインショップではマスタードイエローは売り切れています。店舗に行けばまだ在庫があるかもしれないので、店舗を確認してみてください。

メンズおすすめニットまとめはこちらから↓

【2018】メンズのおすすめニットを「買って」レビュー!【全27点】

2017.11.29
saab

この記事を書いた人

saab

身長166cm 体重70kg靴のサイズ26.5cm

シンプルなスタイルに小物で味付けするスタイルが好み。外国人のような筋肉質な体型を目指し、肉体改造中。35歳既婚。