3000円でユニクロのベルトを買うなら5000円でホークカンパニーのベルトを買うべき

みなさん街着用のベルトはどんなものを使っていますか? 使わない方もいるでしょうし、そんなにこだわりなくなんとなく手持ちのベルトをカジュアルスタイルに使っている方もいるかと思います。

もしカジュアルスタイル用のレザーベルトを持っていないのであれば今回ご紹介するホークカンパニー「レザーメッシュベルト」がオススメです。

このベルトの特徴は?

まずレザーメッシュベルトとは、レザーが網目状に編まれたデザインのベルトを指します。通常のベルトとの違いはベルトを止める穴が開いていません。バックルのピンは穴ではなくメッシュの隙間を通してベルトを止めるのでサイズ調整が細かくできます。

ただし、革に穴を開けたベルトに比べると細い革を編んで作っているベルトなので若干固定が弱くなりますが、気になるほどのことではありません。レザーが編まれているデザインなので、たかがベルトなのですが結構存在感があるので目につきやすいです。

コスパ重視のレザーメッシュベルト

レザーベルトでいい物を買おうと思うと少なくとも2万円くらいは必要になります。ベルトは長く使えるものなので、2万円くらいの予算で買うというのもいい選択かと思いますが、ちと高い。そこでホークカンパニーです。

レザーのバッグや財布、ベルト等扱っているブランドで価格は4900円(+税)。ユニクロのレザーベルトが2990円(+税)ですから、大した違いはないだろうと思うかもしれませんが、筆者はホークカンパニーを推します。それはなぜか?

細部も丁寧に作られている

ベルト部分の素材は牛革、バックル部分の素材は真鍮です。革には艶があり、しなやかです。バックルはシルバーなのですが、アンティーク風の加工がされているのでピカピカしたシルバーではありません。少しくすんでいるのでどんな格好にも合います。バックルのサイズは4.5㎝×4.5㎝です。サイズ表記はMでベルトの全長は105㎝、ベルト幅は3.0㎝です。

そして、ベルトのバックル部分と先端部分は革で補強され、先端部分はバックルと同じ素材の真鍮で処理されています。メッシュベルトの金字塔、J&M Davidson(ジェイアンドエムデヴィッドソン)と同じ処理がなされています。このパーツがあるだけで高級感がでるので、ユニクロとは一線画したデザインになっています。

当然、長く使えそうですね。ただ一つデメリットも。ベルトの内側の処理です。素材そのままといった感じで処理されていないので、長く使っていると毛羽立ってきます。ここの処理をやってくれていたらよかったのですが、それでもコスパのいいベルトに変わりはありません。

カラー展開はブラック、チョコ、ブラウンの3色展開なのですが、ほとんど売り切れで同じものは買えないかもしれません。ただ、同じようなデザインのベルトはホークカンパニーで扱っていますので、ぜひ試してみて下さい。

saab

この記事を書いた人

saab

身長166cm 体重70kg靴のサイズ26.5cm

シンプルなスタイルに小物で味付けするスタイルが好み。外国人のような筋肉質な体型を目指し、肉体改造中。35歳既婚。