ヒッチハイクのPVCトートバッグは大人っぽいデザインでメンズも使える

PVCバッグは価格が手頃でありながら、耐久性が高くトレンド感があるので人気があります。PVCとは「ポリ塩化ビニル(ポリビニルクロライド)」の略称で、一般に「ビニール」や「塩ビ」と呼ばれるプラスチック素材のことです。

2019年春夏のメンズファッションはPVCやナイロンのような“テッキー素材”がトレンドのひとつと言われ、「脱地味」や「装飾性」が求められる時代にマッチしたアイテムです。

ちなみに、トレンドの早いレディースでは、昨年からすでにクリアバッグやPVCバッグが流行っていたので、PVC素材を探すのであればレディースがオススメです。筆者のトートバッグもヒッチハイクというレディースブランドで、定価8523円(税込)のところセール価格の4320円で購入しました。

コットン+PVC素材のトートバッグ

まずは外観を見ていきましょう。ボディは、コットンのキャンバス生地の上にビニール(PVC)が重ねてあり、表側にヒッチハイクの四角いブランドロゴが入っています。生地の内側となるキャンバス生地にロゴが入っているため、表側のビニール生地が光を反射して良くも悪くもロゴはそこまで目立ちません。裏面や側面は無地になっています。

写真からもわかるように、表面を覆うビニール生地のおかげでツヤツヤとした光沢感があります。まるでレザーのような雰囲気があり安っぽさは感じられません。たとえバッグに汚れが付いても生地に染み込むことがないので、ケアが簡単なのも嬉しいポイントです。

レザーの切り替えで落ち着いた大人っぽさを演出

さらにデザインの大きな特徴は、バッグ上部と持ち手がマットな質感のレザーに切り替えてあるところです。ビニールバッグでありながらレザーの雰囲気も相まってどこか落ち着いた大人っぽさが感じられます。

底面には、「底鋲」と呼ばれる金具が四隅に付いています。これにより、バッグを床に置いた時でもバッグの底に汚れや傷が付きにくいように工夫されています。また、そのおかげでバッグが倒れずにしっかりと自立できるようになっています。バッグの開閉部は磁石付きのスナップボタンで留めることができます。

全体的に素材が柔らかいので少々形が崩れやすいですが、過度な装飾はなくフェミニンな印象は全くありません。このバッグを一目見ただけでレディースのものだと気づく人はほとんどいないでしょう。

大きさは意外とコンパクトながら、普段使いにちょうど良いサイズ感

トートバッグのサイズとしては小さめで幅41㎝、高さ30.2㎝、マチ12.5㎝とコンパクトなサイズ感です。ZOZOTOWNの商品ページではサイズ感が分かりにくいと思うので、下の女性の画像を参考にしてみてください。意外と小さいことが分かるかと思います。


https://bit.ly/2t49Fur

しかし、街へ遊びに行く程度の普段使いであれば、これで十分な容量だと思いました。試しに実際に荷物を入れてみました。

バッグの内側には、ロゴのある方に大きなポケットが1つ、反対側に小さなポケットが2つ付いています。上の写真では、ポケットの大きい方に文庫本、小さい方にスマートフォンと二つ折り財布が入れています。さらに、バッグ本体にはペットボトル、ファッション雑誌、タブレットPC、モバイルバッテリーを入れています。この程度の荷物であればスナップボタンを留めて床に置いても、底鋲のおかげで倒れずに自立します。

ただしひとつ欠点があり、バッグのサイズが小さいゆえに持ち手が少し短いと感じました。トートバッグは肩掛けもできると持ち歩くのが楽なのですが、身長165cmがっしり体型の筆者でなんとか肩に掛けることができる長さです。しかし、厚手のアウターを着るとかなり窮屈で、肩掛けで持つのは厳しいです。ただ、バッグ自体はとても軽いので、荷物が多くなければ持ち運びはそれほど苦にはならないと思います。


https://bit.ly/2WEWygG


https://bit.ly/2DRMSYV

色展開はアイボリーとブラックの2色です。どちらの色にするか迷いましたが、秋冬に使い勝手の良いブラックを選びました。これから春に向けて購入するのであれば、軽やかな配色のアイボリーも素敵だと思います。どちらもシンプルなデザイン・配色で、メンズのコーディネートにも合わせやすいでしょう。

このトートバッグに持ち替えるだけで、これまでと同じ服装でも簡単に“今っぽい”ファッションを演出することができます。トレンドアイテムとして手軽に取り入れることができるヒッチハイクのPVCトートバッグ。今からひとつゲットして、あなたもトレンドを楽しんでみてはいかがでしょうか? 定価は8532円(税込)。

おすすめバッグのまとめはこちらから↓

【100選】メンズおすすめバッグ「買って、使って」レビュー!【2019】

2019.05.09
まーく@GiF

この記事を書いた人

まーく@GiF

身長165cm 体重65kg 靴24.0~24.5cm(スニーカーは25.5~26.0cm)

コンプレックスと向き合いながら自分なりのオシャレを目指す30歳。ミリタリーの武骨さと機能美に惹かれている。