イッセイミヤケのプリーツキャップは帽子の抵抗をなくす逸品!

オムプリッセイッセイミヤケのプリーツキャップは、あまりにも気に入っているので、他のキャップはしばらく必要ないと筆者個人は感じています。それはなぜか? その類まれなるデザイン、そして機能性について紹介しましょう。

サイズやカラー、素材感、価格

サイズはワンサイズで、高さ9㎝、ツバ7㎝、内周57㎝です。ただ、後述するとおりサイズを気にせずかぶれる仕様なのでご安心を。カラーについては、筆者が購入したのは黒ですが、他にライトグレーとターコイズブルーの展開があり、黒じゃつまらない方にはオススメです。

素材はポリエステル100%で、かなり軽く、パサっとした質感です。表、裏ともに防水性が高く、汗じみもできにくいですし、ちょっとした雨であれば頭部を守ってくれる役割も期待できます。気になる価格は1万2000円(+税)とそれなりにお高いのですが、それだけの価値があると断言できる逸品です。

ちょうどいい主張の強さ

普段帽子をかぶらない人がキャップをかぶるとなると、周りからの視線が気になります。特に、カラフルだったり激しめのデザインだったりするものは心配です。しかし、黒ならば髪の色と同じですから、気にする必要はありません。かといって、あまりに目立たないのもつまらない。そこでプリーツなのです。

このデザインのおかげで、地味すぎず派手すぎず、ちょうどいい主張の強さで頭部を装飾することができます。

一方で、キャップをかぶる角度によっては、頭を覆うクラウンが隠れてしまい、前から見るとツバ部分しか見えないということがあります。しかし、ツバ部分にもプリーツが入っているので、キャップをかぶる角度にかかわらずプリーツの存在感をアピールすることが可能なのです。

頭にフィットする構造

プリーツのご利益は他にもあって、かぶりやすさにも一役買ってくれています。プリーツは屏風と同じジャバラ構造になっているので、屏風を広げるのと同じで、帽子の生地も広げることができるのです。生地が広がれば内周も大きくなり、頭が大きくても対応できるということになります。

帽子に苦手意識のある方のなかには、頭が大きいから普通のサイズじゃ入らない、という悩みを持つ方も多いはず。このキャップは、そんな悩みをも解決してくれるのです。例えば、筆者は内周60㎝くらいの帽子でジャストフィットという頭の大きさで、サイズ展開が1~3あればほとんど3を選ぶような状況なのですが、このアイテムであれば余裕でかぶることが可能でした。

収納しても邪魔にならない

ジャバラ構造なので、仕舞う場合は、小さくたたむことができます。帽子をかぶっていて、ちょっと脱ぎたいなぁという場面もあるでしょうし、屋内で帽子をかぶるなんて、という方もいるでしょう。とはいえ、帽子はカバンにしまっても邪魔になりがちです。一方、このキャップは素材の柔らかさとプリーツのおかげで小さくまとまるので、カバンにも収納しやすいのが特徴。素材の性質上、カバンのなかでシワがつく心配もありません。

デザイン的にも暑苦しさや寒々しさもなく、季節を選ばず使えるアイテムですので、今まで帽子に抵抗があった方は、ぜひともお試しください。

オススメ帽子まとめはこちらから↓

【全14点】オシャレに使える帽子を一挙レビュー!【メンズ】

2018.08.15