ビームス渾身の力作!光沢感が半端じゃないクアトロッキのカットソー

「BEAMS(ビームス)」が展開するオリジナルブランドの一つである「QUATTROCCHI(クアトロッキ)」。通常ラインのオリジナルアイテムより、品質にこだわり、感度の高いアイテムが販売されています。

今回は、「QUATTROCCHI(クアトロッキ)」の定番アイテム、「FILO DI SCOZIA(フィーロ・ディ・スコッツィア)」というイタリア製生地を用いた、艶感抜群のカットソーをご紹介していきます。

「International Gallery BEAMS」とは?

「International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)」をご存じでしょうか? 「BEAMS(ビームス)」が展開するラインの一つで、ハイブランド・デザイナーズブランドなどからセレクトしたアイテムを中心に構成されています。

「BEAMS(ビームス)」の中で最も高感度なラインであり、全体的に価格もかなり高価ですが、まさに本来の「セレクトショップ」というワードを体現しているような存在です。

「ビームスってカジュアルな雰囲気のセレクトショップでしょ?」と思う方も多いかもしれませんが、実はラインごとに雰囲気は大きく違ってくるのです。例えば、スーツやジャケットなどのドレスウェアを中心に据えた「BEAMS F(ビームス エフ)」。

少し前に、「ビームスってスーツも売ってるんだね」と言いながら、おそらく間違って入ってしまったのであろう、「BEAMS F(ビームス エフ)」の店舗から出てきた女性のグループを見かけましたが、やはり「BEAMS(ビームス)」といえば、通常ラインのイメージがどうしても強いです。

大きくイメージが変わるはずなので、そういった方にこそ是非見てみて欲しいですね。ちなみに、「International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)」の店舗は現在、原宿にある1店舗のみ。

すぐ近くに、「BEAMS(ビームス)」の店舗と、「BEAMS F(ビームス エフ)」の店舗もあるので、ここに行けば「BEAMS(ビームス)」のすべてが分かると言っても過言ではないかもしれません(笑)。

さて、これからご紹介する「QUATTROCCHI(クアトロッキ)」は、その「International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)」で販売されているオリジナルブランド。セレクトされたアイテムと同じく、クオリティが高く、センスが良いのも特徴です。

圧倒的な光沢を放つ、イタリア製の上質な生地

こちらが「QUATTROCCHI(クアトロッキ)」のカットソー。半袖のクルーネックのTシャツタイプもありますが、今回は長袖のクルーネックのタイプになります。生地はどちらも同じです。

特徴は、とにかく生地の光沢感が凄いこと。FILO DI SCOZIA(フィーロ・ディ・スコッツィア)」というイタリア製の上質なコットン素材を用いたうえに、シルケット加工でさらに艶を増しています。

「素材の良し悪しなんか分からないよ」という方でも、これは確実に分かります。普通のカットソーとは圧倒的に差があるので、一目で違いを実感できるでしょう。肌触りもとても滑らかで、心地よいです。

素材はコットン100%なので、洗濯も普通のカットソーと同じでOK。この「生地」がこのアイテムの魅力なのですが、少し好き嫌いが分かれるところかもしれません。というのも、あまりにも光沢が強すぎるから(笑)。

通常、生地というものは、高級なものになるほど繊維が細くなり、光を多く反射するようになるので、艶、光沢が現れてきます。

しかし、どれだけ上質な天然素材を用いても、普通はここまで光沢は出ません。さらに艶、光沢が出るように、加工がされており、それが少し人工的なわざとらしさを生んでいると言えなくもないわけです。ですので、これが苦手だという方がいても不思議ではないでしょう。

私も、明るい色だとやや派手になりすぎると感じたので、カラーはシックな「ブラウン」を選択しました。

これに黒いボトムスを合わせたりすると、普通はちょっと渋すぎるし、「地味」な印象にもなりがちですが、生地に大きな特徴があるので、そうならないのがこのカットソーのメリットですね。

もちろん、これはただの私の好みですので、他のカラーもおすすめです。どれも発色が素晴らしく、例えば「オレンジ」もすごく綺麗な色味でした。

少し細かい箇所ですが、袖や裾では、あらかじめ生地を長めに用意し、それを大きく折り返しています。これにより強度が高まり、ヨレにくくなっています。

シルエット、サイズ感について

では、「シルエット」も見ていきます。基本的にジャストなサイズ感ですが、ほんの少しだけ余裕があります。着丈は短すぎず長すぎず、肩幅はジャスト。袖も程よい太さで、野暮ったさはありません。

「生地」に特徴がある分、「シルエット」はベーシックに抑えてあるところが良いですね。サイズ感は、普段トップスは「M」サイズでぴったりの私で、「46」サイズでちょうど良かったです。少しだけ余裕をもって着られる、ベストなサイズ感でしょう。

「44」サイズでも着ることはできましたが、ちょっとピタッとしすぎるので、ワンサイズ上げたほうがバランスが良かったです。ZOZOの着用画像では、「46」サイズでもかなり大きいように見えますが、あれを真に受けてはダメですね。

撮り方の問題か、シワが凄いからなのか、普通にサイズを間違えているのか分かりませんが、そんなことはないのでご安心ください(笑)。もちろん試着は大事ですが、一般的なサイズ感覚であまり問題はないでしょう。

タートルネックのフィット具合は?

最後は、首元について。フィット具合については、ピタッとしすぎず、ある程度余裕があります。ピッタリしすぎているとストレスを感じますし、顔が大きく見えてしまいがちですが、そういった心配もないですね。

首に張り付く感じが嫌だという方でも、これなら大丈夫かもしれません。上の写真のように、襟を折り返さずに、少しシワをつけて着てもOK。襟の高さはあまり高くないので、折り返さなくてもクシャクシャにはなりません。

2つに折り返すと、コンパクトな印象に。高さは一般的なハイネック程度になります。襟の高さは、折り返さない状態で、前側が12.5cm、後ろ側は12cmでした。いかがでしたか?「QUATTROCCHI(クアトロッキ)」の定番カットソーをご紹介しました。

価格は1万6200円(税込)になります。最大の魅力は、なんといっても、圧倒的な光沢を放つ生地。作りもしっかりしているので、長く使えるアイテムでもあります。ぜひチェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter