イッチのレザー巾着バッグでトレンドの半歩先を目指そう!

ITTI(イッチ)のレザーポーチ、いわゆる「巾着バッグ」を紹介します。現在は、サコッシュやウエストバッグが市場を席巻しており、海外ハイブランドからセレクトショップ、ファストファッションショップまで売っていないお店を探す方が困難なほどです。サコッシュ、ウエストバッグは日本社会に広く浸透しもはや定番アイテムと断言してもいいでしょう。

ところで「おしゃれ」と認められるには周囲との差別化が不可欠。となれば定番商品化したサコッシュとウエストバッグは、海外ハイブランドの如くデザインが優れたものを除けば、差別化アイテムとして使用することは今後難しくなるでしょう。もちろん今後サコッシュやウエストバッグが使えないという意味ではなく、コーディネートの「アクセント」として使用することで簡単に周囲との差別化を図ることは今後期待できないという意味です。ではサコッシュ・ウエストバッグに続く流行バッグ、身に着けるだけで周囲との差別化が簡単にできるアイテムとはどのようなものでしょうか。

ジワジワと人気が出ているのが、サコッシュよりも一回り小さい「スマートフォンケース」と今回ご紹介する「巾着バッグ」です。両アイテムともサコッシュ同様、コーディネートのアクセントとして利用されるアイテムです。流行バッグを生み出しているフェンディでは2019リゾートコレクションや2019春夏コレクションで「巾着バッグ」を取り入れています。

Fendi 2019Resortコレクションより(写真ファッションプレスhttp://ur2.link/NOKk

Fendi 2019SSコレクションより(写真ファッションプレス http://ur2.link/NOKb

海外ハイブランドも注目する「巾着バッグ」。コンパクトなサイズ感により派手なカラーを使ってもコーディネートのバランスを崩すことなくアクセントとして機能します。とはいえ海外ハイブランドのバッグ価格は10万円以上が当たり前。いくら流行アイテムといっても気楽に挑戦できる価格帯ではありません。そこで今回ご紹介するのが1万1340円(税込)で購入できるITTIの巾着バッグです。

名称の通りボディ素材は豚革スウェードのピッグスキン、カラーはブラック・グリーン・レッド・オレンジの4色展開で筆者はブラックを購入しました。

薄くて丈夫なピッグスキンのため非常に軽い!

ボディはピッグスキン(豚革)のスウェードを使用しています。ピッグスキンは通気性に優れ、繊維強度が高いため摩擦に強く、薄くて丈夫なのが特徴です。その特徴を活かし靴・鞄・財布などのライニングに使用されるケースが多いです。今回レビューするバッグのように収納量が少なく軽めでコンパクトサイズのバッグにはピッタリの素材といえましょう。縫製糸も同色で統一されているため遠目には見えません。

ストラップ紐に同色のレザー製を使用することで、アイテム全体の統一感と高級感をキープしています。たかがストラップ紐と思うかもしれませんが、手元に近いためボディよりも目立つ部分です。ここに安っぽいパーツを使うとアイテム全体も安っぽく見られてしまいます。ちなみに長さは最大25㎝で手提げ以外には使えません。

小ぶりなサイズの割には長財布が入る!

サコッシュや巾着バッグの特徴であるコンパクトなサイズ感、それこそが周囲との差別化につながるわけですが、バックパックやトートバッグなど大容量バッグを使い慣れている男性にはその特徴が弱点と映りなりなかなか購入に踏み出せないのも事実です。特によく聞くのが「今使っている財布が入らないバッグは買わない」という意見。

女性なら財布を買い替えてでも流行バッグを購入するものですが、保守的な男性はなかなか財布を買い替えてまでとはいかないものです。このバッグであれば長財布がスッポリ入るサイズ感なのでコンパクトサイズのバッグを敬遠しがちな男性でも気軽にチャレンジできるでしょう。

長財布を入れた状態の写真です。中にある長財布が出っ張ることもなくコロンとしたかわいいフォルムを維持しています。幅14㎝、高さ23㎝なのでフォルムを崩すことなくほとんどの長財布を収納することができます。

裏地なしのため耐久性・防水性に難あり

裏側は別布の裏地がないため耐久性や防水性は期待しないほうがいいでしょう。特に裏地がないことにより縫い目がむき出し状態のため尖ったものなどを入れると縫製を傷つけ、最悪破れてしまいます。また柔らかいレザーを使用しているため収納物によっては伸びによる型崩れをする可能性があります。スマホ、財布、キーケース等小ぶりで軽いアイテム以外は入れないほうが無難です。

カラーはブラック以外がおすすめ

ボディ素材にスウェードを使用することで布製の巾着バッグよりもドレス感があり、素材による差別化が図られております。とはいえブラックは正直地味です。オレンジやレッドなど鮮やかカラーを選択した方がコーディネートのポイントになりこのバッグの良さが引き立つと思います。また非常に柔らかい素材を使用しているため自立しませんが、折りたたんだり丸めたりすることが可能なので旅行先での収納バッグとしても便利です。サイズはコンパクトながら、使用者によって意外と出番が多いバッグになるかもしれません。

おすすめバッグのまとめはこちらから↓

【98選】メンズおすすめバッグ「買って、使って」レビュー!【2019】

2019.03.13
モリー

この記事を書いた人

モリー

身長176cm 体重72kg 靴27.5cm(USサイズで8.5~9)

週1日の休日おしゃれの為だけに、ほぼ毎日仕事帰りにユニクロから伊勢丹までウォッチメンする3児の父。中年太りを誤魔化すコーデを日々研究中。